第39回:タイヤ交換と今後の施工計画

2021.04.13 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
タイヤ交換&定期点検を受ける「ダッジ・バイパー」。今回も施工は、相模原のモパー専門店、コレクションズさんのお世話になった。
タイヤ交換&定期点検を受ける「ダッジ・バイパー」。今回も施工は、相模原のモパー専門店、コレクションズさんのお世話になった。拡大

怪力の「ダッジ・バイパー」はタイヤが減るのも超高速。数少ない選択肢の中から、金欠オーナーが選んだ“次なる一品”とは? タイヤ交換と同時に依頼した定期点検では、どのような問題が検出されるのか? 久々のメンテナンス回、いざ開幕。

新たに装着するタイヤは「ニットー・インヴォ」。ハイグリップと乗り心地のよさを同時にうたう一品である。……たまに見かける、「カレーも売りのラーメン屋」みたいなのじゃないといいな。
新たに装着するタイヤは「ニットー・インヴォ」。ハイグリップと乗り心地のよさを同時にうたう一品である。……たまに見かける、「カレーも売りのラーメン屋」みたいなのじゃないといいな。拡大
イマドキ珍しい、やたらとシンプルで飾りっ気のないサイドウォール。その理由を知りたい方は、ぜひ最後のページまでお読みいただきたい。
イマドキ珍しい、やたらとシンプルで飾りっ気のないサイドウォール。その理由を知りたい方は、ぜひ最後のページまでお読みいただきたい。拡大
当ページの見出しは、金子みすゞの著名な詩にあやかったもの。そして金子みすゞといえば、ホンダの椋本LPL(当時)である。「なんのこっちゃ?」という方は、「ホンダS660」デビュー時のインタビュー記事をどうぞ。S660も、ついに販売終了になっちゃいましたね……。
当ページの見出しは、金子みすゞの著名な詩にあやかったもの。そして金子みすゞといえば、ホンダの椋本LPL(当時)である。「なんのこっちゃ?」という方は、「ホンダS660」デビュー時のインタビュー記事をどうぞ。S660も、ついに販売終了になっちゃいましたね……。拡大
リアタイヤの装着を待つ「バイパー」と、取り外された「トーヨー・プロクセスR888R」。
リアタイヤの装着を待つ「バイパー」と、取り外された「トーヨー・プロクセスR888R」。拡大

みんなちがって、みんないい

前回のあらすじ。タイヤが寿命を迎えた、南無。

そんなわけで今回は「もう何度目だよ?」なタイヤ交換の話なわけだが、すでにネタバラししている通り、次の品は「ニットー・インヴォ」である。

選定の理由についても、実は前回ちょこっと触れている。「ことによっては、リアタイヤは1年でダメになる」というアレだ。もちろんそれはSタイヤ(「トーヨー・プロクセスR888R」のことね)でのことだったが、たとえ公道用であっても、ゴムのやわいハイグリップタイヤで今みたいに遊んでいたら、そう長持ちはしないと思うのだ。

そうなるとやはり、ミシュランのアレみたいな高級品を付けるというのは、武蔵野の小市民的にチョットあり得ない。1、2年で履き替えとなっても「まあいいか」と思えるくらいのものがちょうどいいと、そう考えたのである。

しかし、この流れで「ミシュランよりお手ごろなインヴォを選んだんですよ」などと言うと、なんだか卑下しているように受け取られそうだが、むろんそんなつもりはない。ベンツもカローラも等しく尊いのと一緒。大事なのは性能や価格の違いではなく、合目的性がどれだけあるかだ。願わくはインヴォには、スズキ車並みの合目的性とコストパフォーマンスを持っていてほしいところである。

最近だと、このタイヤ交換が記者&バイパーにとって喫緊の課題であった。あとはサーキット走行後の点検&1年点検といったところだが、これまでに散々あれこれ直してきたのだから、こちらについては大した問題は起きないだろう。……と思いたい。

今回はそんな風に考えながら、毎度おなじみ“バイパー乗りの駆け込み寺”こと、相模原のコレクションズさんに赴いたのである。

ダッジ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事