第702回:シトロエンの「SM」や「CX」はどんな発想で生まれたのか? カーデザイナー、ロベール・オプロンをしのぶ

2021.04.15 マッキナ あらモーダ!

SMとCXの創造主

シトロエンの「SM」や「CX」などのデザインを手がけたロベール・オプロン氏が2021年3月29日、パリ郊外のアントニーで新型コロナ感染症のため死去した。89歳だった。

オプロン氏は1932年、フランス北部のアミアンに生まれた。軍人だった父親の関係で少年期はコート・ジボワールで育ち、その後は故郷のアミアンおよびパリの美術学校で聴講生として学んだ。

北部航空機製造公社(SNCAN)の設計部門で職業人としての第一歩を記したあと、自動車メーカーのシムカを経て、家電ブランドのアーサー・マルタンでデザインダイレクターとして働いた。

シトロエンには1962年9月、まず嘱託として採用され、同社のデザイン部門を率いていたフラミニオ・ベルトーニ(1903~1964年)のアシスタントとなる。

ベルトーニの急逝後、後任としてデザイン責任者に就任したオプロン氏は、「アミ8」と「GS」、そしてSMとCXのデザイン開発を主導した。

筆者が知る仏・伊の自動車デザイン関係者によれば、当時のオプロン氏は「口ひげ」とともに「ちょうネクタイ」がシンボルであった。

1975年にはルノーに移籍。「フエゴ」「25」などのデザインに携わる傍らで、当時同社の傘下にあった米国AMCの先行デザイン開発室の立ち上げに参画した。

続いて1986年からはフィアットのデザイン開発室を主導。その間を代表する仕事として「アルファ・ロメオSZ」がある。

1991年にはオプロン・コンサルタントを立ち上げてフリーランス活動を開始。2000年には、オトモビル・リジェのマイクロカー「ビーアップ」の開発計画にジウジアーロ・デザインなどとともに参加した。

オプロン氏が息を引き取ったのは、長年にわたって住居となっていたアントニー市内にある病院だった。

オプロン氏と親しかった知人が筆者に伝えたところによれば、新型コロナによる死去だったため、葬儀の規模は極めて限られたものにせざるを得なかったという。

ロベール・オプロン(1932~2021年)。2003年にイタリア・モンセリチェで筆者撮影。
ロベール・オプロン(1932~2021年)。2003年にイタリア・モンセリチェで筆者撮影。拡大
シトロエンGS(1970年)
シトロエンGS(1970年)拡大
シトロエンSM(1970年)
シトロエンSM(1970年)拡大
「シトロエンCX」(1974年)。後年さまざまな装飾が加えられる前の姿からは、オプロン氏が意図したピュアなフォルムがよくわかる。
「シトロエンCX」(1974年)。後年さまざまな装飾が加えられる前の姿からは、オプロン氏が意図したピュアなフォルムがよくわかる。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

シトロエン の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事