ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(前編)

2021.05.02 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ルノー・トゥインゴ」に試乗。これまで「ポルシェ911」や「ホンダNSX」などを相手にしてきた山野にとっては、初めての「フツーのクルマ」である。果たしてどんな評価を下すのだろうか。

僕のとはまるで違う

ルノー・トゥインゴから飛び出すように降りてきた山野哲也は、「メッチャメチャいい! これはいいですよ!! すごく楽しい!!!」といきなりの大絶賛。「もう、戻ってきたくないほどでした」と破顔する。

そんなテスターのうれしい反応を、しかし『webCG』取材陣は思いがけない気持ちで見守った。

ウン百PS、ウン百N・mを超えるアウトプットを誇るハイパフォーマンスカーや、スポーツに“全振り”したようなクルマを扱うことが多いこの企画。今回の試乗車は、エンジンの最高出力が92PSと、100PSにも満たない実用ハッチであり、897ccの直列3気筒は過給器の助けを得てトルクを太らせてはいるが、それでも最大トルクは135N・mと突出した数値ではない。組み合わされるトランスミッションは「EDC」ことデュアルクラッチ式の6スピード。オートマ免許で乗れるフレンチコンパクトだ。

試乗と撮影に使っているアネスト岩田ターンパイク箱根、通称:箱根ターンパイクのような厳しい登り坂が続くコースでは、ルノー・トゥインゴ、いささか不利なのではないか。

そんな懸念を抱いて、「何がそんなにいいのでしょうか?」と漠然とした質問を投げると、「ちょっと待ってください」と自らを落ち着かせるように答えてから、山野はドアを広く開けた。「僕のBRABUSとはまるで違いますね」と、トゥインゴの室内を示す。

山野哲也は、プライベートカーの1台として、「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ」を愛用している。言うまでもなくスマート・フォーツーは、トゥインゴとコンポーネンツを共用して3ドアに仕立てたモデルで、同じスロベニア工場で生産される。サブブランドのBRABUSを冠するエクスクルーシブは、109PSにまでチューンされたエンジンと固められた足まわりを持つ、最もスポーティーなスマートだ。

 
ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(前編)の画像拡大
 
ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(前編)の画像拡大
 
ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(前編)の画像拡大
 
ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る