クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

その価値は“良品廉価”のみならず! スズキの軽四輪販売2500万台到達への歩み

2021.05.26 デイリーコラム

65年7カ月での快挙達成

スズキは、2021年4月末時点で軽四輪車の国内累計販売台数2500万台を達成したと発表した。1955年10月に日本初の量産軽四輪車である「スズライトSFシリーズ」を発売して以来、独創的かつ市場で求められる製品を提供し続け、65年7カ月での快挙達成だという。

スズキいわく、軽自動車は「通勤・通学や買い物など家庭で毎日使用する『生活に欠かせない実用車』として、また、個人商店や町工場、農家などで人や荷物を運ぶ『仕事に役立つクルマ』としてご利用いただいている。さらに、公共交通機関が利用しにくい地方ではバスや電車などに代わる交通手段として欠かせない存在となるなど、日本の地域の足、生活の足として重要な役割を果たしている」とのことだが、この主張に異論の余地はないだろう。

私事になるが、10年ほど前に、東北地方の日常生活にクルマが欠かせない環境に住む、当時50代の従兄弟(いとこ)に久々に会ったとき、何気なく愛車は何かと尋ねたところ「ジムニー」という。自宅の前を走る県道を挟んだ向かいにバイク屋から始まったスズキのサブディーラーがあるのが一番の選択理由だそうだが、同様に奥さんは「アルト」に、息子は「ワゴンR」に乗っているとのことだった。この従兄弟一家など、先にスズキの挙げた軽ユーザーの典型的な例だろう。

そうした生活密着型のリーズナブルな実用車としての需要が大きいことはもちろんだが、それだけというわけではない。いっぽうで走りを楽しむ、あるいはレジャーユースに向けた軽自動車も数多く送り出し、いうなれば全方位を網羅してきたのがスズキというメーカーなのである。

1955年に登場した「スズライトSFシリーズ」の4人乗りセダン「スズライトSS」。これはスズキ本社近くにあるスズキ歴史館に展示されている車両で、テスト風景を模している。
1955年に登場した「スズライトSFシリーズ」の4人乗りセダン「スズライトSS」。これはスズキ本社近くにあるスズキ歴史館に展示されている車両で、テスト風景を模している。拡大
スズキ歴史館に展示されている、1959年デビューの「スズライトTL」(手前)に始まる、1960年代半ばまでのスズライトシリーズ。
スズキ歴史館に展示されている、1959年デビューの「スズライトTL」(手前)に始まる、1960年代半ばまでのスズライトシリーズ。拡大
2020年11月に登場した特別仕様車「ハスラーJスタイル」。スズキの最新の軽自動車である。
2020年11月に登場した特別仕様車「ハスラーJスタイル」。スズキの最新の軽自動車である。拡大
スズキ の中古車

国産初の量産FF車

最初に紹介したように、スズキは「独創的かつ市場で求められる製品を提供してきた」と自負しているが、これが事実であることは歴史が証明している。

そもそもスズキ初の市販四輪車として1955年に登場したスズライトSFシリーズは、日本初の量産軽四輪車であると同時に、日本初の量産FF車でもあるという、初めて尽くしのモデルだったのだ。研究車両だったドイツの小型車「ロイトLP400」を手本にFFを採用したのだが、実用化にあたってはドライブシャフトをはじめとしたポイントに難題のあるFFによくぞ挑んだものだと思う。市場に求められる製品、という意味においては疑問もなくはないが、そもそも軽四輪車市場が形成される前なのだから、致し方ないだろう。

SFシリーズは1959年にフルモデルチェンジされ「スズライトTL」が登場。商用登録のライトバンながら、積載性を最優先した四角い箱ではなく、テールにわずかなノッチがつけられた乗用車ムードの荷客兼用車だった。乗用車など庶民には雲の上の存在で、「平日はビジネスに、休日はレジャーに」というライトバンが大きな選択肢だった市場のニーズをとらえた製品であると同時に、ちょうど20年後に発売された初代「アルト」の姿が重なって見える。いわば軽ボンバンのルーツといえるモデルだった。

そのTLを乗用車化した「スズライト・フロンテ」を経て、1967年に「スズキ・フロンテ360」をリリースするのだが、これが世間を驚かせた。国産FFのパイオニアとして10年以上にわたって技術を熟成してきたにもかかわらず、小型車の潮流がFFに移ろうという時期になってリアエンジンへとドラスティックな転換を果たしたからである。表面的には時代に逆行するとしか思えなかったが、いざ発売されたフロンテ360は軽快な走りが受けて、スズキの乗用車としては初のヒット作となった。RRというレイアウト自体はさておき、この時期に導入したスズキの判断は実にユニークだったといえよう。

1955年にデビューした「スズライトSFシリーズ」のライトバンである「スズライトSL」。ハッチバッククーペ風で、商用車とはいえなかなかスタイリッシュだ。
1955年にデビューした「スズライトSFシリーズ」のライトバンである「スズライトSL」。ハッチバッククーペ風で、商用車とはいえなかなかスタイリッシュだ。拡大
1959年に登場した「スズライトTL」。「スズライトSL」の後継となるライトバンだが、FF2ボックスのスタイリングは同年デビューの「MINI」に似ている。
1959年に登場した「スズライトTL」。「スズライトSL」の後継となるライトバンだが、FF2ボックスのスタイリングは同年デビューの「MINI」に似ている。拡大
1967年に「スズライト」のFFからリアエンジンへと180度転換して登場した「スズキ・フロンテ360」。軽量ボディーと空冷2ストローク3気筒エンジンの組み合わせによる軽快な走りで人気を博した。
1967年に「スズライト」のFFからリアエンジンへと180度転換して登場した「スズキ・フロンテ360」。軽量ボディーと空冷2ストローク3気筒エンジンの組み合わせによる軽快な走りで人気を博した。拡大

ジウジアーロの軽トラ

1955年デビューのスズライトSFシリーズにピックアップはあったものの、スズキ初の本格的な軽トラックは1961年に登場した「スズライト・キャリイ」である。駆動方式はさすがにFFではなく、座席下(ほぼ車体中央)にあるエンジンで後輪を駆動。ボディーはセミキャブオーバータイプだったが、当時の軽トラのなかで最大の荷台面積をうたっていた。

キャリイは1966年に世代交代した3代目からキャブオーバータイプとなり、名称も「スズキ・キャリイ」に改められるが、注目すべきは1969年に登場した4代目。なんとカロッツェリア・ギアから独立してイタルデザインを立ち上げたジウジアーロがエクステリアデザインを手がけたのだ。カロッツェリア・ヴィニャーレが手がけたライトバンから始まり、後にセダンなどが加わる「ダイハツ・コンパーノ」という前例はあったが、純粋な商用車としてはスズキのみならず国産初となるイタリアンデザインの導入。こうした大胆な決断もまた、スズキというメーカーの側面なのである。

スズキの独自性が存分に発揮されたモデルといえるのが、1970年に発売された軽初となる本格的な量産オフロード4WDのジムニーだろう。デビュー以来、コンパクトな車体による取り回しのよさと抜群の悪路走破性を武器に、山岳地帯や積雪地での生活用、林業や建設業などでの業務用、そしてレジャー用からオフロード競技車両に至るまで、代替品のない唯一無二の存在としてブランドを確立している。そう、ジムニーは現代においては数少ない、代役の利かないモデルなのである。

1961年に登場した初の軽トラック「スズライト・キャリイ」。空冷2ストローク2気筒エンジンは短いノーズではなく、座席下に収められている。
1961年に登場した初の軽トラック「スズライト・キャリイ」。空冷2ストローク2気筒エンジンは短いノーズではなく、座席下に収められている。拡大
1969年に登場した4代目「スズキ・キャリイ」。ジウジアーロがスタイリングを手がけた軽トラックで、角形ヘッドライトや縦配置のドアハンドルなどが特徴。
1969年に登場した4代目「スズキ・キャリイ」。ジウジアーロがスタイリングを手がけた軽トラックで、角形ヘッドライトや縦配置のドアハンドルなどが特徴。拡大
1970年にマイナーチェンジした4代目「キャリイ」のカタログの表紙(写真左)と荷台の広さをアピールした中面の構図(右)。サイケ調の“NEW CARRY”の書体といい、軽トラとは思えない大胆な試みである。
1970年にマイナーチェンジした4代目「キャリイ」のカタログの表紙(写真左)と荷台の広さをアピールした中面の構図(右)。サイケ調の“NEW CARRY”の書体といい、軽トラとは思えない大胆な試みである。拡大
1970年にデビューした初代「ジムニー」。ナリは小さくともオプションでウインチなども用意された本格的なオフロード4WDだった。
1970年にデビューした初代「ジムニー」。ナリは小さくともオプションでウインチなども用意された本格的なオフロード4WDだった。拡大

新しいジャンルを創出

1979年、RRからFFに回帰した5代目フロンテと同時にデビューした初代アルト。FFハッチバックというレイアウト自体は小型車では珍しくはなくなっていたが、実は軽ではこのフロンテ/アルトが初めて。それだけでなく、アルトはコンセプトから販売方法までが独創的かつ画期的だった。

1、2人で乗ることが多い足グルマとしての需要が主体と見込んで、後席が簡素な商用車登録とすることで乗用車に課せられていた物品税を回避し、同時に助手席側ドアの鍵穴まで省略するなど徹底したコストダウンを実施。そうして乗用車登録のフロンテの廉価グレードより10万円近く安い47万円という驚異的な低価格を実現したのである。しかも自動車業界初となる全国統一価格としたことで、テレビCMでの価格の訴求が可能となった。

発売と同時に大ヒットしたアルトの後を追って他社も商用車登録のモデルをリリース。「軽ボンバン(ボンネットバン)」のブームによって、1973年の軽への車検制度の導入(それまで軽には車検がなかった)以降、沈滞していた軽市場に活気が戻ったのだった。

それから14年を経た1993年に誕生した初代ワゴンRも、市場構造を変えてしまったモデルだ。はやり始めていたミニバンのコンセプトを軽規格に落とし込み、シンプルだが機能美あふれるスタイリングと合理的なパッケージングで大ヒット。「軽トールワゴン」という、ボンバンに代わって軽市場の主流となるカテゴリーを創出したのだった。

だが、スズキはその後に登場して、近年では売れ筋の中心となっている軽スーパーハイトワゴンでは他社に先行されてしまうことになる。しかし2014年にデビューした「ハスラー」では、軽トールワゴンの居住性とSUVの走破性を兼ね備えたクロスオーバーという新たな方向性を示し、潜在していたニーズを掘り起こした。

それにしても、もしアルトとワゴンRがなかったら、軽市場は現在とは違ったかたちになっていた可能性が大である。そうなっていたら、スズキの累計販売2500万台の達成時期も異なっていたかもしれない。

1979年、初代「アルト」発売当初の広告。構図にあるビルは当時日本一の高さを誇った東京・池袋のサンシャイン60。テレビCMでは、ビルの窓を電光掲示板に見立てて「アルト47」の文字を描いた。
1979年、初代「アルト」発売当初の広告。構図にあるビルは当時日本一の高さを誇った東京・池袋のサンシャイン60。テレビCMでは、ビルの窓を電光掲示板に見立てて「アルト47」の文字を描いた。拡大
1988年に登場した3代目「アルト」に加えられた「スライドスリムIb」。左右にスライドドア、運転席には2代目アルトから導入されていた回転ドライバーズシートを備えて乗降性を高めていた。手動ドアのため傾斜地での開閉は女性には負担となることもあったが、スズキはこうしたユーザーフレンドリーと思われるアイデアを積極的に採用した。
1988年に登場した3代目「アルト」に加えられた「スライドスリムIb」。左右にスライドドア、運転席には2代目アルトから導入されていた回転ドライバーズシートを備えて乗降性を高めていた。手動ドアのため傾斜地での開閉は女性には負担となることもあったが、スズキはこうしたユーザーフレンドリーと思われるアイデアを積極的に採用した。拡大
1993年に登場した初代「ワゴンR」。当初は右側1枚、左側2枚の変則3ドア+テールゲートだった。
1993年に登場した初代「ワゴンR」。当初は右側1枚、左側2枚の変則3ドア+テールゲートだった。拡大
2014年に登場した「ハスラー」。愛きょうのある姿のクロスオーバーSUVで、4WD車には軽初となるヒルディセントコントロールなども用意された。
2014年に登場した「ハスラー」。愛きょうのある姿のクロスオーバーSUVで、4WD車には軽初となるヒルディセントコントロールなども用意された。拡大

走りの楽しさも忘れない

走りを追求したスポーツ系モデルでも、スズキは独創的な製品を数多くリリースしてきた。二輪では1960年からロードレース世界選手権に、加えて65年からモトクロス世界選手権とモータースポーツの最高峰に参戦して、2ストロークエンジンの技術を磨いたスズキ。それを生かした初の四輪スポーツモデルが、1968年にデビューした2ストローク3気筒エンジン搭載の「フロンテSS 360」。1971年には軽初の2座スポーツとなる「フロンテクーペ」も登場して高性能軽ブームをけん引した。

初代アルトによって軽市場が再び活発になり、世間がバブル景気の到来を目前に上り調子だった1987年には、2代目アルトに高性能車の最新トレンドだったツインカムターボ+フルタイム4WDを軽としては初導入した「アルトワークス」を投入。この流れに他社も追随して1970年前後のようなハイパー軽バトルが再燃したのだった。

歴代アルトワークスやその後を受けて2000年に登場した「Keiスポーツ/ワークス」は、ワンメイクレースや全日本ラリー選手権などのモータースポーツでも活躍。いっぽうでは1991年にスズキ初にしてこれまでのところ唯一となる軽オープンスポーツの「カプチーノ」もデビュー。駆動方式にスズキの乗用車としては唯一となるFRを採用したことが、意外といえば意外だった。

2009年にKeiワークスが生産終了して以降はスポーツ系モデルがしばらく途絶えていたが、2015年には現行アルトに「ターボRS」が登場、続いてアルトとしては15年ぶりにワークスが復活。以来、現行軽では唯一となる「ハコ」のスポーツモデルとして気を吐いている。

というわけで、その主張のとおり独創的かつ市場で求められる軽自動車をつくり続けて国内累計販売2500万台を達成したスズキ。6月の株主総会をもって相談役に就く鈴木 修会長の勇退に花を添える、見事な記録といえるだろう。

(文=沼田 亨/写真=スズキ、沼田 亨/編集=藤沢 勝)

1968年に加えられた「フロンテSS 360」。最高出力(グロス)はリッターあたり100PSに達する36PS/7000rpm、タコメーターは3500rpm以下がイエローゾーンというハイチューンユニットを搭載、最高速125km/h、0-400m加速19.95秒を豪語した。
1968年に加えられた「フロンテSS 360」。最高出力(グロス)はリッターあたり100PSに達する36PS/7000rpm、タコメーターは3500rpm以下がイエローゾーンというハイチューンユニットを搭載、最高速125km/h、0-400m加速19.95秒を豪語した。拡大
「ふたりだけのクーペ」をキャッチコピーに掲げ、当初は2座モデルのみで1971年に登場した「フロンテクーペ」。ボディーはジウジアーロが手がけた原案(背が高いコミューター)をベースに社内でデザインされた。
「ふたりだけのクーペ」をキャッチコピーに掲げ、当初は2座モデルのみで1971年に登場した「フロンテクーペ」。ボディーはジウジアーロが手がけた原案(背が高いコミューター)をベースに社内でデザインされた。拡大
1987年に2代目「アルト」に加えられた「アルトワークス」。543ccの直列3気筒DOHC 12バルブターボエンジンは最高出力64PSを発生。当初はもっとパワフルにするつもりだったが、運輸省(当時)とすり合わせた結果がこの数値といわれ、以後は64PSが軽の自主規制値となった。駆動方式はFFとフルタイム4WDが用意された。
1987年に2代目「アルト」に加えられた「アルトワークス」。543ccの直列3気筒DOHC 12バルブターボエンジンは最高出力64PSを発生。当初はもっとパワフルにするつもりだったが、運輸省(当時)とすり合わせた結果がこの数値といわれ、以後は64PSが軽の自主規制値となった。駆動方式はFFとフルタイム4WDが用意された。拡大
1991年に登場した「カプチーノ」。分割着脱式トップを備えたオープン2座ボディーに657ccの直3 DOHCターボユニットをフロントミドシップ。現在に至るまで唯一となるFRの軽スポーツカーである。
1991年に登場した「カプチーノ」。分割着脱式トップを備えたオープン2座ボディーに657ccの直3 DOHCターボユニットをフロントミドシップ。現在に至るまで唯一となるFRの軽スポーツカーである。拡大
2015年に加えられた現行「アルトワークス」。剛性を高めつつ車重を670kgに抑えたボディーに658cc直3 DOHCターボエンジンを搭載。変速機は5段MT/5段AGS、駆動方式はFF/4WDが選択可能である。
2015年に加えられた現行「アルトワークス」。剛性を高めつつ車重を670kgに抑えたボディーに658cc直3 DOHCターボエンジンを搭載。変速機は5段MT/5段AGS、駆動方式はFF/4WDが選択可能である。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スズキ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。