その価値は“良品廉価”のみならず! スズキの軽四輪販売2500万台到達への歩み

2021.05.26 デイリーコラム

65年7カ月での快挙達成

スズキは、2021年4月末時点で軽四輪車の国内累計販売台数2500万台を達成したと発表した。1955年10月に日本初の量産軽四輪車である「スズライトSFシリーズ」を発売して以来、独創的かつ市場で求められる製品を提供し続け、65年7カ月での快挙達成だという。

スズキいわく、軽自動車は「通勤・通学や買い物など家庭で毎日使用する『生活に欠かせない実用車』として、また、個人商店や町工場、農家などで人や荷物を運ぶ『仕事に役立つクルマ』としてご利用いただいている。さらに、公共交通機関が利用しにくい地方ではバスや電車などに代わる交通手段として欠かせない存在となるなど、日本の地域の足、生活の足として重要な役割を果たしている」とのことだが、この主張に異論の余地はないだろう。

私事になるが、10年ほど前に、東北地方の日常生活にクルマが欠かせない環境に住む、当時50代の従兄弟(いとこ)に久々に会ったとき、何気なく愛車は何かと尋ねたところ「ジムニー」という。自宅の前を走る県道を挟んだ向かいにバイク屋から始まったスズキのサブディーラーがあるのが一番の選択理由だそうだが、同様に奥さんは「アルト」に、息子は「ワゴンR」に乗っているとのことだった。この従兄弟一家など、先にスズキの挙げた軽ユーザーの典型的な例だろう。

そうした生活密着型のリーズナブルな実用車としての需要が大きいことはもちろんだが、それだけというわけではない。いっぽうで走りを楽しむ、あるいはレジャーユースに向けた軽自動車も数多く送り出し、いうなれば全方位を網羅してきたのがスズキというメーカーなのである。

1955年に登場した「スズライトSFシリーズ」の4人乗りセダン「スズライトSS」。これはスズキ本社近くにあるスズキ歴史館に展示されている車両で、テスト風景を模している。
1955年に登場した「スズライトSFシリーズ」の4人乗りセダン「スズライトSS」。これはスズキ本社近くにあるスズキ歴史館に展示されている車両で、テスト風景を模している。拡大
スズキ歴史館に展示されている、1959年デビューの「スズライトTL」(手前)に始まる、1960年代半ばまでのスズライトシリーズ。
スズキ歴史館に展示されている、1959年デビューの「スズライトTL」(手前)に始まる、1960年代半ばまでのスズライトシリーズ。拡大
2020年11月に登場した特別仕様車「ハスラーJスタイル」。スズキの最新の軽自動車である。
2020年11月に登場した特別仕様車「ハスラーJスタイル」。スズキの最新の軽自動車である。拡大
スズキ ジムニー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニー『動く茶室』(Kiwakoto CRAFT-CAR) 2021.5.8 画像・写真 放送作家・脚本家である小山薫堂氏の要望を受け、Kiwakoto(キワコト)が京都の工芸職人とともにつくり上げた「スズキ・ジムニー」のビスポークカー。“動く茶室”となったジムニーの姿を、匠(たくみ)の技がやどるディテールとともに紹介する。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • 日産ノートX FOUR(4WD)【試乗記】 2021.6.14 試乗記 「日産ノート」に追加された4WDモデル「X FOUR」に試乗。自慢の「e-POWER」に最高出力68PSの後輪用モーターを組み合わせた最新パワートレインは、簡易的な四駆システムを用いた先代モデルとはまったく次元の異なる走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る