第650回:マクラーレンのキーマンが語る 新型ハイブリッドスーパーカー「アルトゥーラ」の新技術

2021.06.04 エディターから一言
マクラーレン・アルトゥーラ
マクラーレン・アルトゥーラ拡大

マクラーレンが自信を持って送り出す、3リッターV6ハイブリッドの新型スーパースポーツ「アルトゥーラ」。ストイックな開発姿勢で知られる彼らがこだわった、技術的ハイライトについてリポートする。

2021年2月にデビューしたマクラーレンの新型ハイブリッドスーパースポーツ「アルトゥーラ」。同年の第3四半期にデリバリーが開始される。
2021年2月にデビューしたマクラーレンの新型ハイブリッドスーパースポーツ「アルトゥーラ」。同年の第3四半期にデリバリーが開始される。拡大
「クラブスポーツシート」と呼ばれる一体型シェルの軽量シート。これも「アルトゥーラ」用に新開発された装備だ。
「クラブスポーツシート」と呼ばれる一体型シェルの軽量シート。これも「アルトゥーラ」用に新開発された装備だ。拡大
「アルトゥーラ」の核となる「マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー」は、カーボン材とアルミ材で構成されている。このシェルを採用したマクラーレン車は、同モデルが初となる。
「アルトゥーラ」の核となる「マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー」は、カーボン材とアルミ材で構成されている。このシェルを採用したマクラーレン車は、同モデルが初となる。拡大
透視図の中央に見えるのが、バッテリーのコンパートメント。それ自体が車体のクロスメンバーとしても機能する。
透視図の中央に見えるのが、バッテリーのコンパートメント。それ自体が車体のクロスメンバーとしても機能する。拡大

大プロジェクトの新プロダクト

去る2021年4月に日本でも発表されたマクラーレンの最新モデル、アルトゥーラ。彼らの標準的な商品群にあって「720S」と「GT」との間、つまりはど真ん中のところを埋める役割を果たすモデルだ。価格も含め、「540C/570S」から「620R」へと続いた“スポーツシリーズ”の実質的後継モデルとなる。が、その動力性能はスポーツシリーズよりも一段階上の位置づけとなる“スーパーシリーズ”の720Sに肉薄するという。

一体マクラーレンはどのような思いを抱いてアルトゥーラをつくり上げたのか? 5月中旬、イギリスのMTC(マクラーレンテクノロジーセンター)とオンラインで、日本からその開発陣の声を聞くことができた。

「アルトゥーラはマクラーレンにとって『MP4-12C』のリリースから10年目の大きな転機となるプロジェクトです。ここには『P1』や『スピードテール』をはじめとする“アルティメイトシリーズ”で得られた電動化の経験と、この10年進化を続けたカーボンアーキテクチャーをはじめとするマクラーレン・オートモーティブのノウハウ、さらにはマクラーレンの中核的価値である小型・軽量化についてはマクラーレン・レーシングからのフィードバックも盛り込まれています」

オートモーティブ部門のジェンス・ルードマンCOOの言葉を裏づけるように、車両開発のトップであるジェフ・グロス氏が続ける。

「アルトゥーラはすべてにおいて完全に新しいプロダクトであり、プロジェクトには4年以上の月日が費やされています。その要となるシャシーとエンジンは、並行して開発が進められました」

アルトゥーラのコアとなる車台は、従来のモノセルと呼ばれたカーボンタブから、MCLA(マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー)と名づけられた新たな構造体へと進化した。内製でつくられるそれは11のアセンブリを介して72のパーツをモールド内で一気に成形し、カーボンセルにアルミ製のメインビームとリアのエンジンコンパートメントを含むサブフレームを組み合わせる。シート背後に置かれるバッテリーのコンパートメントは車体のクロスメンバーとしても機能するなど、設計と製造が直結した合理的な軽量化も施され、その重量はBピラーも含めて82kgとなる。MP4-12Cのモノセルがアルミセクションを含まず75kgだったことに対すれば、その進化のほどがわかろうというものだ。

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第650回:マクラーレンのキーマンが語る 新型ハイブリッドスーパーカー「アルトゥーラ」の新技術 2021.6.4 エディターから一言 マクラーレンが自信を持って送り出す、3リッターV6ハイブリッドの新型スーパースポーツ「アルトゥーラ」。ストイックな開発姿勢で知られる彼らがこだわった、技術的ハイライトについてリポートする。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • マクラーレン・アルトゥーラ 2021.2.17 画像・写真 英マクラーレン・オートモーティブは2021年2月17日(現地時間)、新型ハイブリッドスポーツモデル「Artura(アルトゥーラ)」を発表した。システム出力680PSを誇る、外部充電が可能なハイブリッドパワートレインを搭載したアルトゥーラの姿を写真で詳しく紹介する。
  • 新型シボレー・コルベット(前編) 2021.5.31 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが、新型「シボレー・コルベット」の日本でのデリバリー開始に合わせ、日本仕様を初公開した。富士スピードウェイで行われたお披露目会の会場から、史上初となる“右ハンドルのコルベット”の姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・ヴェゼル【開発者インタビュー】 2021.5.27 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が2代目に進化。2013年デビューの先代は8年間で45万台が販売されたベストセラーモデルだが、当時と違うのはその後にライバルとなる国産コンパクトSUVが続々とデビューし、競争が激化しているところだ。開発責任者を務めた岡部宏二郎さんに話を聞いた。
ホームへ戻る