マツダとミズノが共同開発したドライビングシューズ発売

2021.07.06 自動車ニュース
マツダ/ミズノ ドライビングシューズ
マツダ/ミズノ ドライビングシューズ拡大

マツダは2021年7月6日、スポーツ用品大手のミズノと共同開発したドライビングシューズ「マツダ/ミズノ ドライビングシューズ」を発表し、クラウドファインディングサービス「Makuake(マクアケ)」で予約注文受け付けを開始した。

 
マツダとミズノが共同開発したドライビングシューズ発売の画像拡大
 
マツダとミズノが共同開発したドライビングシューズ発売の画像拡大
 
マツダとミズノが共同開発したドライビングシューズ発売の画像拡大
 
マツダとミズノが共同開発したドライビングシューズ発売の画像拡大

人間中心のクルマづくりで人馬一体の走りを追求するマツダと、スポーツ用品開発のために人の動きを研究し、人と用具の調和を追求するミズノは2015年からさまざまな分野でエンジニアの技術交流を実施してきた。今回のマツダ/ミズノ ドライビングシューズは、人間中心のモノづくりという共通の開発思想を持つ両社が共同開発した、人と用具とクルマの調和によって「走る歓(よろこ)び」を提供するアイテムであるとアピールされる。

足首まわりには伸縮性の高いストレッチ素材「背屈サポートアッパー」を採用。この素材の収縮力がドライバーのつま先を引き上げる動作をサポートすることで、アクセルペダルとブレーキペダルを踏み替えやすくしている。一方で踏み込み時にはストレッチ素材の伸びを抑える力によって微調整がしやすくなるという。アキレス腱部分にはジャバラ構造のメッシュをレイアウト。ペダル操作時のアッパーの変形を吸収することでフィット感を高めている。

ソールには十分なクッション性を確保しながら足裏の情報伝達性を高めるという「MIZUNO COB(ミズノコブ)」を採用。このソールは足裏と接するミッドソールの上面が特殊な凹凸構造となっており、アウトソールからの入力がより正確に分かるようになっている。これにより、日常的にも履ける快適さとペダルからのフィードバックをより繊細に感じられるダイレクト感を両立した。

かかと部分は丸みを持たせてアッパーまで巻き上げた「ラウンドソール」とすることで、床面との接地面積を増やしつつ足を回転しやすい構造に。クルマの設計技術を取り入れて滑らかな3次元の立体構造としたこのアウトソールの造形が、安定した踏み込み操作とスムーズな踏み替え操作を実現している。さらに、つま先からかかとまでを剛性バランスを考慮したアーチ形状としたほか、裏面はペダルとのグリップフィールを考慮した意匠としている。

カラーリングはグレー×ブラック。マツダのカーデザイナーとミズノのシューズデザイナーがコンセプト段階から共創し、マツダのデザインテーマである「魂動」に基づいたデザインとした。生産はミズノの国内工場が担当し、職人がひとつずつ丁寧につくり込む。

他社の乗用車や軽トラック、大型バン、スポーツカーなどでもきちんとテストしており、上記の性能はマツダ車以外でも味わえるという。アクセルペダルの形式もオルガン式とつり下げ式を問わないそうだ。

サイズは24.5~28.0cm(EE相当)をラインナップ。マクアケでの販売価格は3万9600円で、早期購入割引などが用意されている。

(webCG)

関連キーワード:
マツダ, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事