羽生永世7冠もびっくり!? ホイールのハブボルト締結化でクルマはどう変わるのか?

2021.07.14 デイリーコラム

レクサスが採用拡大するボルト式

この2021年6月12日に世界初公開となった新型「レクサスNX」で、ちょっと興味深いのは「スタッドボルトとハブナット締結からハブボルトによる締結に変更」されたというホイール締結方法である。

ここでいう「スタッドボルトとハブナット締結」とは、ホイールを外したときにハブからボルトが突き出ていて、ナットでホイールを固定するタイプのことだ。ここではそれを“ナット式”と呼ぶことにする。いっぽうの「ハブボルトによる締結」とは、ネジ穴が開いているハブにボルトでホイールを固定するタイプのことを指しており、ここでは“ボルト式”と呼ぶことにする。

つまり、新型NXではホイールの固定方法が、従来のナット式からボルト式に変更されたのだ。これは地味だがけっこう根本的な路線変更である。ちなみに、2020年6月に大規模マイナーチェンジが実施された「IS」のそれも、同様にボルト式に変更されている。これでレクサスの新型車は2台連続でホイール固定方法を変更したわけで、少なくともレクサスは今後ボルト式に統一されていく方針と思われる。

知っている人も多いように、新しいIS以前に開発されたレクサスはもちろん、現在の日本車はほぼすべてナット式である。クルマ好きの間では「輸入車はボルト式」といわれがちだが、実際には国ごとにちがうことが多い。たしかにドイツ車、フランス車、イタリア車は伝統的にボルト式だが、アメリカ車は日本車同様にほぼすべてナット式である。

また、メーカーの国籍だけで分類できるわけでもない。英国車だとジャガーやランドローバーはナット式だが、MINIはドイツの技術的影響からかボルト式となっているし、スーパーカーのマクラーレンもボルト式だ。またスウェーデンのボルボもかつてはナット式だったが、最新世代はボルト式となっている。さらにいうと、日本のホンダでも、専用ラインでハンドメイドされる現行「NSX」だけはボルト式である。

2021年6月12日に世界初公開された新型「レクサスNX」。秋の発売を前にすでに大人気だ。
2021年6月12日に世界初公開された新型「レクサスNX」。秋の発売を前にすでに大人気だ。拡大
先代までとは異なり、新型「NX」ではホイールの固定方法がボルト固定式に改められた。
先代までとは異なり、新型「NX」ではホイールの固定方法がボルト固定式に改められた。拡大
レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る