第7回:EV化も自動運転も“力ずく”で進めるボルボの次世代戦略(前編)

2021.07.20 カーテク未来招来
ボルボの次世代EVの方向性を示すコンセプトカー「ボルボ・コンセプト リチャージ」。
ボルボの次世代EVの方向性を示すコンセプトカー「ボルボ・コンセプト リチャージ」。拡大

製品ラインナップの劇的なEV(電気自動車)化を計画しているボルボ。販売拡大と製品のローエミッション化を同時に推し進める彼らの戦略の全容とは? ボルボが思い描く次世代のプレミアムカーとは? 新たに発表された中期戦略から読み解く。

「ボルボ・コンセプト リチャージ」と、ボルボ・カーズのホーカン・サミュエルソンCEO。
「ボルボ・コンセプト リチャージ」と、ボルボ・カーズのホーカン・サミュエルソンCEO。拡大
EVの大幅なラインナップ拡充をもくろむボルボ。2021年6月に発表された「C40リチャージ」は、その嚆矢(こうし)となるモデルで、ボルボ初のEV専用プラットフォームを採用。同年秋の生産開始が予定されている。
EVの大幅なラインナップ拡充をもくろむボルボ。2021年6月に発表された「C40リチャージ」は、その嚆矢(こうし)となるモデルで、ボルボ初のEV専用プラットフォームを採用。同年秋の生産開始が予定されている。拡大
車体の床下に敷き詰められる走行用バッテリー。EVの収益率はエンジン車より低いとされているが、ボルボは営業利益率の向上を目標に掲げている。
車体の床下に敷き詰められる走行用バッテリー。EVの収益率はエンジン車より低いとされているが、ボルボは営業利益率の向上を目標に掲げている。拡大

販売と利益率に見る目標の高さ

2030年に全車種をEV化すると公言しているスウェーデンのボルボが、いよいよその戦略を具体化し始めた。2021年6月30日に開催したオンライン発表会「ボルボ・カーズ・テック・モーメント」では、完全電動化のロードマップ、ソフトウエア開発の内製化、電子アーキテクチャーの刷新、自動運転技術の導入計画などを明らかにし、将来のEVの方向を示すコンセプトカー「Volvo Concept Recharge(ボルボ・コンセプト リチャージ)」を発表した。

次世代のEVは航続距離が現在の2倍以上になり、充電時間も大幅に短縮される。さらに所有コストと充電コストの両方も低くなるという。2020年代の半ばまでに年間120万台の世界販売台数を目指し、そのうちの少なくとも半分をEVにする。この販売目標は、ボルボの2020年の世界販売台数が約66万台であることを考えれば、非常に野心的だといえる。

さらに注目されるのは、2020年代半ばまでに、営業利益率を8~10%にすることを目標として掲げたことだ。一般に、EVはバッテリーなどのコストがかさむため、エンジン車よりも収益性が低下すると言われている。ボルボの2020年通年の営業利益率は約3.2%であり、また業績が急回復して過去最高となった2020年下期だけを取り出しても6.3%であることを考えると、この目標もまた非常に高いといえる。今後は、これから説明するように、新規開発案件や投資案件がめじろ押しであることを考えるとなおさらだ。

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者。自動車メーカーへの就職を目指して某私立大学工学部機械学科に入学したものの、尊敬する担当教授の「自動車メーカーなんかやめとけ」の一言であっさり方向を転換し、技術系出版社に入社。30年近く技術専門誌の記者として経験を積んで独立。現在はフリーの技術ジャーナリストとして活動している。クルマのミライに思いをはせつつも、好きなのは「フィアット126」「フィアット・パンダ(初代)」「メッサーシュミットKR200」「BMWイセッタ」「スバル360」「マツダR360クーペ」など、もっぱら古い小さなクルマ。

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事