第8回:EV化も自動運転も“力ずく”で進めるボルボの次世代戦略(後編)

2021.07.27 カーテク未来招来
ボルボの次世代EVの在り方を示唆するコンセプトカー「ボルボ・コンセプト リチャージ」。
ボルボの次世代EVの在り方を示唆するコンセプトカー「ボルボ・コンセプト リチャージ」。拡大

自社製品の全量電気自動車(EV)化へ向けひた走る、スウェーデンのボルボ。彼らの戦略は、他のメーカーと比べてどのあたりが特殊なのか? この戦略がもたらすブランドの変化とは? これまでの発表をもとに、物量作戦で“賭け”に出たボルボの将来像を探る。

フランスのルノーは、往年の名車「ルノー5(サンク)」をEVとして復活させることを明らかにした。
フランスのルノーは、往年の名車「ルノー5(サンク)」をEVとして復活させることを明らかにした。拡大
次世代戦略において、自ブランドの“過去の遺産”を活用する動きは珍しくない。フォルクスワーゲンが2022年に発表を予定しているEV「ID.BUZZ」(左)は、“ワーゲンバス”こと往年の「タイプII」(右)をモチーフにしたものだ。
次世代戦略において、自ブランドの“過去の遺産”を活用する動きは珍しくない。フォルクスワーゲンが2022年に発表を予定しているEV「ID.BUZZ」(左)は、“ワーゲンバス”こと往年の「タイプII」(右)をモチーフにしたものだ。拡大
フォルクスワーゲンのEV専用プラットフォーム「MEB」。今日では各社がEV専用プラットフォームを発表しているが、そのコンセプトはどこも“似たり寄ったり”だ。
フォルクスワーゲンのEV専用プラットフォーム「MEB」。今日では各社がEV専用プラットフォームを発表しているが、そのコンセプトはどこも“似たり寄ったり”だ。拡大

あえて過去との決別を選ぶ

前回はボルボ・カーズの次世代EVの方向を示すコンセプトカーを紹介したが、そこからは明らかに過去のボルボ車と決別し、新たな時代を築くという同社の決意が見て取れた。

この判断は当たり前のようでいて、必ずしもそうではない。この6月から7月にかけて、フランスのルノーステランティス(フィアット・クライスラー・オートモービルズとグループPSAが合併してできた企業グループ)、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)が相次いで次世代のEV戦略を発表したが、例えばルノーは、かつての名車「ルノー5(サンク)」や「ルノー4(キャトル)」をEVとして復活させることを明らかにしている。

今後、この連載でもルノーやステランティス、VWの次世代戦略を順に紹介したいと思っているのだが、あらかじめ言ってしまうと、どの企業(および企業グループ)の戦略も、その内容は似通っている。EV専用プラットフォームを用意し、バッテリーの調達を拡大し、ソフトウエア開発を強化し……という具合だ。

しかも肝心のEVプラットフォームを見ても、エンジンの時代ほどには各社の間で差異は感じられない。つまりEVの時代には、エンジン車の時代よりも企業の個性を強調するのが難しくなると予想される。だからこそルノーは、他社との差別化のためにサンクやキャトルのようなレガシーを活用しようとしているわけだ。

しかし、ボルボはその策を採らず、EVならではの個性を最大限に生かすことに賭けた。この戦略の差がどのような結果を生むのか、とても興味深い。

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者。自動車メーカーへの就職を目指して某私立大学工学部機械学科に入学したものの、尊敬する担当教授の「自動車メーカーなんかやめとけ」の一言であっさり方向を転換し、技術系出版社に入社。30年近く技術専門誌の記者として経験を積んで独立。現在はフリーの技術ジャーナリストとして活動している。クルマのミライに思いをはせつつも、好きなのは「フィアット126」「フィアット・パンダ(初代)」「メッサーシュミットKR200」「BMWイセッタ」「スバル360」「マツダR360クーペ」など、もっぱら古い小さなクルマ。

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事