勝者はトヨタ……ではなくダイハツ!? 2021年上半期の国内販売にみる自動車業界の“今”

2021.07.23 デイリーコラム

登録車のランキングはトヨタが上位を独占

2021年上半期(1~6月)の国内新車販売は合計246万4586台だった。これは前年同期比でいうと約12%のプラスと、数値的には大きな回復を見せた。前年にあたる2020年の上半期といえば、新型コロナウイルス感染症によって国内経済がもっとも大きな打撃を受けた時期に重なる。よって、回復すること自体は事前に予想されたことではあった。

ただし、専門用語でいうブランド通称名=いわゆる車名別の販売ランキングでは、ちょっとした異変が起きている。まず、軽自動車(以下、軽)を除く登録車の販売トップ10とその台数(カッコ内は前年同期比)は以下のとおりとなる。

1位:トヨタ・ヤリス 11万9112台(+147.5%)
2位:トヨタ・ルーミー 7万7492台(+106.0%)
3位:トヨタ・アルファード 5万6778台(+55.1%)
4位:トヨタ・カローラ 5万3864台(-5.9%)
5位:トヨタ・ハリアー 4万8271台(+250.6%)
6位:トヨタ・ライズ 4万7965台(-18.0%)
7位:日産ノート 4万6879台(+12.4%)
8位:トヨタ・ヴォクシー 4万1101台(+21.5%)
9位:ホンダ・フリード 3万5551台(-8.5%)
10位:トヨタ・シエンタ 3万3753台(-16.0%)

なんとトップ6までをトヨタ車が占め、しかもトップ10のうち8台がトヨタ車となった! ちなみに昨2020年の同期だと、トップ10内のトヨタ車は7台であり、3位には「ホンダ・フィット」、5位に「日産ノート」がランクインしていた。こうして見ると、もともと圧倒的なシェアをもっていたトヨタの強さに、ここ1年でさらに拍車がかかった感がある。それがひとつめの異変だ。

2021年上半期の国内販売台数で、第1位に輝いた「トヨタ・ヤリス」。
2021年上半期の国内販売台数で、第1位に輝いた「トヨタ・ヤリス」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事