第212回:宇宙の果ての向こう側

2021.08.02 カーマニア人間国宝への道

ついに新型「アクア」登場

「トヨタ・アクア」というクルマは、カーマニアから最も遠いところに位置している。webCG読者で、アクアに熱視線を送っている方はほとんどいまい。つまり、宇宙の果ての向こう側だ。

が、私は違う。アクアにずっと熱い思いを抱いている。「フェラーリ328」と「ランボルギーニ・カウンタック」と「BMW 320d」と「ルノー・トゥインゴ」と「ダイハツ・ハイゼット トラック ジャンボ」を所有しつつも、アクアの動向は大いに気になっていた。

だから、「アクアは『ヤリス』と統合されるので次はない」という観測には、ひそかにココロを痛めてきた。それは、地元の駄菓子屋が閉店するような寂しさだった。

なにしろ私は10年前、発表と当時にアクアを新車で買い、4年半乗った男である。いや、発表前、予約受け付けが始まる当日、ディーラーの開店前に並んで予約したほど入れ込んだ。

いったいナゼ?

当時の私は、燃費に燃えていたからだ。

「プリウス」より小さくて軽いアクアは、プリウスより燃費がいいはず。つまり燃費世界一のはず! 世界一を手に入れずにおらりょうか! うおおおお!

デザインはどうにもダサく、内装はセンスゼロだったが、燃費のためならその他の要素はすべて犠牲にしても悔いはなかった。

そしてやってきたオレンジ色の初代アクアは、実は低重心で、驚くべきシャープなハンドリングを持つクルマだった。それは、当時私が乗っていた「フェラーリ458イタリア」と同種のもの。

私以外にアクアのハンドリングを高く評価したのは、私の知る限り、あの黒沢元治氏だけである。自慢。(注:アクアはマイチェンでサスをフニャフニャにした時期があったので、すべてのアクアのハンドリングが458イタリア似ではありません)

ついに新型「トヨタ・アクア」が登場! 初代アクアのオーナーだった私が気にならないはずがない。早速トヨタモビリティ東京のショールームに実車を見に行った。
ついに新型「トヨタ・アクア」が登場! 初代アクアのオーナーだった私が気にならないはずがない。早速トヨタモビリティ東京のショールームに実車を見に行った。拡大
10年前に新車で購入した「アクア」。発表前、予約受け付けが始まる当日、ディーラーの開店前に並んで予約したほど入れ込んだ。ボディーカラーは「シトラスオレンジマイカメタリック」という濃いオレンジ色をチョイス。
10年前に新車で購入した「アクア」。発表前、予約受け付けが始まる当日、ディーラーの開店前に並んで予約したほど入れ込んだ。ボディーカラーは「シトラスオレンジマイカメタリック」という濃いオレンジ色をチョイス。拡大
「アクア」(手前)と「フェラーリ458イタリア」(奥)が並んだ当時の自宅ガレージ。アクアのハンドリングは驚くほどシャープで、458に通じるものがあった。
「アクア」(手前)と「フェラーリ458イタリア」(奥)が並んだ当時の自宅ガレージ。アクアのハンドリングは驚くほどシャープで、458に通じるものがあった。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

トヨタ アクア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • トヨタ・アクアG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.9.4 試乗記 2011年の誕生以来、売れに売れたハイブリッド専用のコンパクトハッチバック「トヨタ・アクア」。期待を胸に試乗した2代目は果たして、これぞトヨタ車というべき堅実さと乗り味を持ち合わせていた。
  • ランドローバー・ディスカバリーSE D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.7 試乗記 新型「ディフェンダー」のヒットによって立場が微妙になったのが同じランドローバーの「ディスカバリー」だ。ただし、新たに直6エンジンを搭載した最新モデルに乗ってみると、むしろ積極的に選びたくなるほどの魅力にあふれていた。
  • ポルシェ・タイカン4クロスツーリスモ(4WD)【試乗記】 2021.8.27 試乗記 ピュアEV「タイカン」をベースとするポルシェのニューモデル「タイカン クロスツーリスモ」に試乗。これを、隙間商法のバリエーションモデルと思うなかれ、見て触れて乗るほどに、その商品力の高さに驚かされることだろう。
  • どちらもトヨタの小型ハイブリッド 新型「アクア」と「ヤリス」の役割のちがいを考える 2021.7.28 デイリーコラム 2代目に生まれ変わった「トヨタ・アクア」だが、燃費性能は「ヤリス」を超えておらず、初代のような「燃費のスペシャリスト」的なクルマではなくなっている。トヨタはこの2タイプのハイブリッド車をどのように売り分けていくのか。キャラクターのちがいを考えた。
ホームへ戻る