フェラーリ812GTS(前編)

2021.08.05 谷口信輝の新車試乗 今回レーシングドライバー谷口信輝が試乗するのは、12気筒エンジンを積むフェラーリのオープンスポーツカー「812GTS」。ワインディングロードにおける、ファーストタッチの印象は?

このユルさにはワケがある

「うわあああ、真っ赤っかだあ!」

フェラーリで最もゴージャスなV12エンジン搭載スパイダーである812GTSを目の当たりにしたとき、谷口信輝は思わずそう口にしていた。
「ボディーカラーは結構渋めのガンメタリックじゃないですか。だからインテリアも渋い色かなあと予想していたんですが、超ど派手な赤だったんですね。すっごい意外でした」

谷口が驚くのも無理はない。試乗車のインテリアカラーはまさに“真っ赤っか”。それもフェラーリでなければ到底、発色できない鮮やかな赤というか、少し朱色がかった赤一色で染め上げられているのだ。しかも、ごく一部のインテリアパーツがガンメタリックであることを除けば、どこもかしこもこの独特の赤で彩られている。思わず「真っ赤っかだあ!」と口にした谷口の気持ちはわからなくもない。

その、なんとも派手なキャビンをのぞき込みながら、谷口はこんなことを語り始めた。
「見るからにパフォーマンスが高そうなスポーツカーなのに、室内のスペースはわりと余裕があるというか、広いんですね。反対に、ここまで広いとヒザとかを車内に押しつけて体を固定するのが難しそうですね。ハードコーナリングするときは、そうやって体を落ち着かせるのが重要で、だからこそスポーツカーのコックピットって少しタイトめにつくられているんです」

続いて、谷口は812GTSのシートに滑り込んでから、こう語り始めた。
「このシート、見た目はホールド性が高そうだけれど、実際に座ってみると意外とゆったりしている。これも、ハードコーナリング中に体を支えてもらうには少し不利かもしれませんね。あと、センターコンソールのところにギアボックスのモードを選択するボタンが並んでいる部分がありますが、ここが浮き上がっていて裏側にすき間が設けられているのも、僕がイメージするスポーツカーとはちょっと違うなあ」

谷口が頭に思い描いているのは、おそらくスパルタンなスーパースポーツなのだろう。その種のモデルのインテリアは、機能的ではあるものの少し武骨で、スペースも限られている。つまり、走りだけに特化されたデザインで仕上げられていることが多い。いっぽう812GTSは、フェラーリ・ロードカーのなかでも最上級のパフォーマンスを誇るものの、実際はもっとゴージャスで優雅な使い方を想定しているように思う。ドライビングダイナミクスで有利なミドシップをあえて選ばず、キャビンのスペース効率の点で有利なフロントエンジンレイアウトを採用しているのは、まさにそうした理由からだと推測されるのだ。

 
フェラーリ812GTS(前編)の画像拡大
 
フェラーリ812GTS(前編)の画像拡大
 
フェラーリ812GTS(前編)の画像拡大
 
フェラーリ812GTS(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリSF90ストラダーレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.3 試乗記 システム出力1000PSを発生する、フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」。電動パワートレインを搭載した新時代の“跳ね馬”は、過去のどんなスーパーカーとも趣を異にする、異質な速さとドライブフィールを備えていた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
ホームへ戻る