フェラーリ812GTS(後編)

2021.08.12 谷口信輝の新車試乗 いろいろ言いたいネガもある。それでもあらがい難いフェラーリの魅力とは……? レーシングドライバー谷口信輝が、フラッグシップオープンスポーツ「812GTS」の走りについて熱く語る!

こんなエンジンめったにない

この世のものとは思えない美しいエキゾーストノートをあたりにまき散らしながら、箱根のワインディングロードでフェラーリ812GTSに試乗した谷口信輝。コックピットから降り立った谷口が、いの一番に放ったのが「ムチャクチャ刺激的ですねえ」という言葉だった。
「とにかく、加速とエンジンフィールがむちゃくちゃ気持ちいいスポーツカーです」

谷口がそう言いたくなる気持ちはよくわかる。かくいう私も、エンジンの気持ちよさだけで言えば、812GTSに搭載された自然吸気V12の右に出るエンジンはめったにないように思う。

それにしても、なんでこのV12エンジンはこれほど刺激的なのか? 谷口に説明してもらった。
「僕も、これほど気持ちのいいエンジンってほかにないと思います。どうしてこんなに気持ちのいいエンジンができあがったのか、僕にもうまく説明できませんが、数あるフェラーリV12のなかでも、飛び抜けて気持ちいいエンジンだと思いますよ」

さらに谷口はこう言葉をつないだ。
「正直、『ヨーイ、ドン!』で競争させたら、812GTSより速いスポーツカーはほかにあるかもしれません。でも、パワーだけじゃなく、やっぱりこのサウンドなんですよね。それと加速時の刺激感がハンパない。しかも、ギアボックスのフィーリングが、またたまらないんです。別にレースモードとかじゃなくて、標準的なスポーツモードで走っていても、シフトダウンするたびにいちいち『フォン! フォン!』ってブリッピングしてくれる。正直、『そんなの必要?』って思っちゃいますが、これがやっぱりめちゃくちゃ気持ちいい。ちょっと粋がって乗っている感じがしなくもありませんが、おそらくそういう人たちが乗るためにつくられたクルマなんでしょうね」

そう言って谷口は812GTSの官能性を絶賛したが、だからといって谷口が最も重視するコーナリング特性が完璧に彼の好み通りだったかといえば、そうでもなかったようだ。

 
フェラーリ812GTS(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812GTS(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812GTS(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812GTS(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリSF90ストラダーレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.3 試乗記 システム出力1000PSを発生する、フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」。電動パワートレインを搭載した新時代の“跳ね馬”は、過去のどんなスーパーカーとも趣を異にする、異質な速さとドライブフィールを備えていた。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • ドゥカティ・モンスター+(6MT)【レビュー】 2021.8.26 試乗記 軽量コンパクトな車体に、パワフルな2気筒エンジンを搭載した「ドゥカティ・モンスター」。軽快な走りを身上とするイタリア製ネイキッドスポーツの最新モデルは、このジャンルの理想ともいえる走りを備えたマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る