第41回:あるバイパー乗りのコルベット評(前編)

2021.08.27 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
ニッポンに住まう偏屈なバイパー乗りの目に、新しい「シボレー・コルベット」はどう映るのか? 前後編でご紹介します。
ニッポンに住まう偏屈なバイパー乗りの目に、新しい「シボレー・コルベット」はどう映るのか? 前後編でご紹介します。拡大

8代・68年の歴史を誇る“アメリカの魂”こと「シボレー・コルベット」。その最新モデルが日本の道を走りだした。同じアメリカンスポーツカー「ダッジ・バイパー」のオーナーの目に、新型コルベットはどう映るのか? webCG編集部員がその心象を語る。

2019年7月に行われた「C8コルベット」世界初公開の様子。もう2年も前のことかと、編集していてビックリした。
2019年7月に行われた「C8コルベット」世界初公開の様子。もう2年も前のことかと、編集していてビックリした。拡大
「C8コルベット」の発表に際し、GMは過去のコルベットMR化計画を動画で紹介していた。「MRのコルベットだって、コルベットなんだよ」と言いたかったのだと思う。
「C8コルベット」の発表に際し、GMは過去のコルベットMR化計画を動画で紹介していた。「MRのコルベットだって、コルベットなんだよ」と言いたかったのだと思う。拡大
2020年初めの東京オートサロンにて、ゼネラルモーターズ・ジャパンの若松 格社長と「C8コルベット」。
2020年初めの東京オートサロンにて、ゼネラルモーターズ・ジャパンの若松 格社長と「C8コルベット」。拡大
富士スピードウェイで世界初公開された右ハンドルの「シボレー・コルベット」(左)と「コルベット コンバーチブル」(右)。
富士スピードウェイで世界初公開された右ハンドルの「シボレー・コルベット」(左)と「コルベット コンバーチブル」(右)。拡大

まぶしすぎて直視できない!

当記事をご覧に入れるにあたり、ひとつただし書きをさせていただきます。これは公明正大な評論ではございません。そんなものをしたためるには、記者はコルベットへの思い入れがちょいと強すぎる。久々の吉事にうかれたファンの駄文だと思って、ご笑納くださいませ。

さて。「C8」こと8代目コルベットが世界初公開されたのは2019年7月のこと。ミドシップ化に右ハンドルの設定、DCTや4輪コイルサスの採用と、モデル史上初のあれやこれやに、ファンもそうでない人もかんかんがくがく・けんけんごうごうだった。

すなわち「C8はコルベットか否か?」問題である。

GMは同車の発表に際し、ミドシップ車の研究史や過去の“コルベットMR化計画”の例を紹介していたが、多分そういう議論が巻き起こるのを見越していたのだろう。

そんなC8が日本で初披露されたのは、2020年初めの東京オートサロンのこと。日本ではMRのコルベットは、意外と好意的に受け止められた印象だった。ただ、そこからの“待て”が長いのは非ドイツ系輸入車の常。日本での正式なデリバリー開始は翌年(つまり今年ね)5月まで待たねばならず、それと機を合わせ、ようやく「史上初の右ハンドルのコルベット」が“ワールドプレミア”されたのである。

記者は幸運にも富士スピードウェイでのお披露目に立ち会えたのだが、そこで日本仕様のC8を見、GMジャパンのスタッフと言葉を交わして抱いた感想は、ひとえに「うらやましいなあ」というものだった。マイカーがローバーだったりダッジだったりな記者には、“右ハンのコルベット”は、それはそれはまぶしく見えたのだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事