第213回:ビニール傘の如く

2021.08.16 カーマニア人間国宝への道

マクラーレンを14台所有する超VIP

マクラーレン東京の営業マンである平野氏から、メッセージが届いた。

「マクラーレン東京のVIPのお客さまが、清水さんの記事がとてもお好きだそうでして、機会があればぜひ一度お会いしたい、とのことです。弊社からマクラーレンを14台お求めいただいている、最も大切なお客さまです。近いうちに一度ご紹介できたら幸いです」

マクラーレンを14台! それもここ10年以内に、ということになる。まさに超ド級のお客さま!

そもそも平野氏は、元コーンズの営業マン。思い起こせば23年くらい前。私がコーンズ芝浦ショールームのガラスの外側に張り付いていたところを、「清水さん、そんなところでご覧になっていないで、中へどうぞ」と声をかけてくれたのが平野氏だった。彼は、一介の中古「348」オーナーだった私の顔を見知っていてくれたのだ。さすがヤリ手営業マン。

ということで、善は急げと赤坂のマクラーレン東京ショールームに向かい、まずは平野氏とよもやま話に花を咲かせた。

平野氏がコーンズからマクラーレンに転職したのは2012年。当時コーンズは、フェラーリの輸入権を失っていちディーラーに転換し、多くの社員が去ったが、平野氏も希望退職に応じた口だ。その後マクラーレン東京に誘われたのは、コーンズでの経験と人脈を買われてのことだったが、当初は苦戦したという。

平野氏:フェラーリのお客さまにたくさんお声がけさせていただいたんですが、見に来てはくださっても、実はあまり買っていただけなかったんです。フェラーリブランドの強さを見せつけられました。

……なんとなくわかる気がする。

マクラーレン東京のショールームにて、営業マンの平野氏(左)と私(右)。後ろに見えるのはマクラーレンの最新モデル「720S」。平野氏とはかれこれ20年以上のお付き合いになる。
マクラーレン東京のショールームにて、営業マンの平野氏(左)と私(右)。後ろに見えるのはマクラーレンの最新モデル「720S」。平野氏とはかれこれ20年以上のお付き合いになる。拡大
マクラーレン赤坂の駐車場にて、ついにわがエリート特急こと先代「BMW 320d」(写真右の車両)とマクラーレン・セナ(同左)が並んだ! 時価はおよそ200倍か? ビッグなウイングと上方排気のマフラーが目を引くその姿は、後ろから見るとまるでバットマンカー!
マクラーレン赤坂の駐車場にて、ついにわがエリート特急こと先代「BMW 320d」(写真右の車両)とマクラーレン・セナ(同左)が並んだ! 時価はおよそ200倍か? ビッグなウイングと上方排気のマフラーが目を引くその姿は、後ろから見るとまるでバットマンカー!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • 3列シートやワイドボディーも マツダがクロスオーバーSUV拡充計画を発表 2021.10.7 自動車ニュース マツダは2021年10月7日、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表した。米国新工場で生産する「CX-50」や、ラージ商品群の「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を世界のさまざまな市場で展開するという。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
ホームへ戻る