第719回:レンタカー業界に最終兵器? あまりにイタリアすぎる特別仕様車

2021.08.19 マッキナ あらモーダ!

家族旅行よりもイタリア車

8月、イタリアの観光地にあるレンタカーの営業所は、かき入れ時である。

思い出すのは数年前に筆者が住むシエナまでやってきたドイツ人家族だ。彼らはユニークな旅程を組んでいた。

夫と息子はドイツから自家用車で陸路をたどったのに対し、夫人は飛行機でイタリアとの間を往復した。

彼女に選択の理由を尋ねると「クルマでわが家から1000km以上走ってくるのに付き合うのは大変」と教えてくれた。だが、さらなる理由があった。ずばり「(2007年に発売された)『フィアット500』に乗るため」という。発売以来そのスタイルに憧れていて「一度でいいから乗ってみたかったのよ」と告白してくれた。

実際、彼女はひとりでフィレンツェの空港で500を借り出し、ドイツから自家用車を運転してきた家族と宿泊施設で合流。帰国日に空港で返却して空路をたどった。

おっと、レンタカーであれば、ユーザーが事前に予約できるのは車両のランクのみで、詳細な車種までは選べないはずだ。「現地ブランド車が当たるといいな」と思ってカウンターに行ってみると、外資系のオペルやフォードだったというのは、筆者が何遍となく経験してきたことである。実際にそれらに携わっている人には失礼な話だが。

聞けば、彼女の場合は「出発前、ドイツから何度もリクエストを出して確約させた」という。

イタリアに住んでいると空気のような感じで、気にもしなかったフィアット500であるが、アルプスの向こうの人には、家族との道中を捨ててまで乗りたいクルマだったとは。恐れ入った。

レンタカー会社のハーツ・イタリアーナが一部地域で提供している「フィアット500ジョリー・スピアッジーナ・アイコンe」。詳細は本文で。
レンタカー会社のハーツ・イタリアーナが一部地域で提供している「フィアット500ジョリー・スピアッジーナ・アイコンe」。詳細は本文で。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

アルファ・ロメオ ジュリア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る