ルノーが中国ジーリーとハイブリッド車の開発で提携 協業の裏にあるしたたかな戦略とは?

2021.08.20 デイリーコラム

ルノーがアライアンスの約束をほごにした?

「なんでやねん」と思った人がいるかもしれない。2021年8月9日、ルノーが中国の浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ)と、ハイブリッド車(HEV)の合弁会社設立に向け枠組み合意したという発表についてである。

ルノーは日本の日産自動車および三菱自動車とアライアンスを組んでいることは説明不要だろう。そのアライアンスでは昨年(2020年)、特定の地域を「レファレンス地域」に指定する枠組みに合意している。具体的には、ルノーは欧州・ロシア・南米・北アフリカ、日産は中国・北米・日本、三菱はASEAN・オセアニアでそれぞれリーダー役を務めることになった。なのに、今回はルノーが単独で中国企業と提携を結ぼうとしているのだ。

しかも内容はHEVである。ルノーも欧州では「ルーテシア」にHEV、「キャプチャー」にプラグインハイブリッド車(PHEV)を設定しているが、経験からいけば日産や三菱のほうが豊富。なぜ日本の技術を使わないのか? という疑問を持つのは自然だろう。

ただ、これまでのアライアンスの経緯を見ても、プラットフォームの共用は進めた一方で、パワートレインについては臨機応変に開発を進めてきたことを思い出す。当初はガソリンエンジンを日産、ディーゼルエンジンをルノーが開発するという分担だった。しかしダイムラーとの提携が決まり、フォルクスワーゲンのディーゼルゲート事件が明るみに出、欧州のEVシフトが進むなかで状況が変わっていく。

現在、ルーテシアやキャプチャーが積んでいる1.3リッターターボのガソリンエンジンは、ルノーとダイムラーの共同開発だ。逆に日産の「e-POWER」は完全に日産側の独自開発である。ルノーと日産の企画や開発の担当者が、提携する相手の側で仕事をする機会が多いことは、主にルノーの取材で何度も教えられてきた。その結果、欧州と日本ではクルマの乗り方・使い方が違うことに気づき、パワートレインについては独自性を重んじる体制に変わっていったのかもしれない。

ハイブリッド車の開発で業務提携を発表したフランスのルノーと中国のジーリー。アライアンスの”外”に協力を求めたルノーの思惑とは?
ハイブリッド車の開発で業務提携を発表したフランスのルノーと中国のジーリー。アライアンスの”外”に協力を求めたルノーの思惑とは?拡大
ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事