第237回:アステカ神話が現代によみがえる壮大なノワール
『テスカトリポカ』

2021.08.30 読んでますカー、観てますカー

麻薬戦争から逃れた少女が日本へ

タイトルが発音しにくいうえに覚えにくい。最初は“テスカトポリカ”と読み違えていた。『テスカトリポカ』はアステカの神である。ナワトル語で“煙を吐く神”という意味だそうだが、まったくなじみがないからよくわからない。この小説は、アステカ神話をモチーフにしたノワールである。メキシコで起きた麻薬戦争を扱い、日本での臓器売買ビジネスへとつながっていく。グローバルな闇の世界を神話的なロジックで描く、大きな骨格を持つ作品だ。

物語はメキシコのシナロア州都クリアカンから始まる。町は麻薬カルテルに支配され、暴力と恐怖に覆われていた。1996年に17歳の少女だったルシア・セプルベダはアメリカに渡りたいと思っていたが、国境を越えるためには麻薬密売人に手引きを頼むしかない。それは、彼らにつけこまれる危険を冒すことになる。ルシアはひそかに町を脱出し、アカプルコへ。そこで出会ったペルー人のアドバイスで、稼ぎがいいという日本に渡った。

短期滞在ビザしか持っていないルシアは、正規の職に就くことなどできない。強制送還におびえながら闇カジノで働くようになる。読者は苦労を重ねてきた彼女が新天地で幸せをつかむことを心から願うが、現実は甘くない。ルシアが結婚したのは、川崎のヤクザだった。在留資格が認められたのはよかったが、故郷と切り離された地で孤独を深めていく。2002年に長男のコシモを出産するが、夫は家に寄りつかなくなった。

コシモは強靱(きょうじん)な肉体を持つ少年に育ち、暴力衝動を抑えきれなくなる。2015年に悲劇的な事件を起こして少年院に入った。同じ頃、メキシコでは麻薬組織同士の抗争が激化。強大な力を持っていたロス・カサソラスは新興勢力のドゴ・カルテルのドローン攻撃を受け、カサソラ四兄弟のうち生き残ったのは三男のバルミロだけ。命からがら逃げ出した彼はコンテナ船でリベリアに渡る。南アフリカ、オーストラリアを経てインドネシアにたどり着き、再起の機会をうかがっていた。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事