第656回:「グッドイヤー史上最強」をうたう新スタッドレスタイヤ「アイスナビ8」を試す

2021.09.06 エディターから一言
 
第656回:「グッドイヤー史上最強」をうたう新スタッドレスタイヤ「アイスナビ8」を試すの画像拡大

グッドイヤーからスタッドレスタイヤの新製品「ICE NAVI 8(アイスナビ8)」が登場。左右非対称パターンと新コンパウンドの採用で実現したウインター性能の仕上がりは? 冬の東京~長野を往復して感じた、ドライ路面での印象と合わせて報告する。

2021年8月2日に発売された「グッドイヤー・アイスナビ8」。1997年に登場した初代「アイスナビ」から数えて、文字通り8代目のモデルにあたる。
2021年8月2日に発売された「グッドイヤー・アイスナビ8」。1997年に登場した初代「アイスナビ」から数えて、文字通り8代目のモデルにあたる。拡大
「アイスナビ8」は、シリーズで初となる左右非対称パターンを採用。雪上や氷上での冬性能だけでなく、ライフ性能や柔軟性の持続なども高次元でバランスをとった、グッドイヤー史上最高性能をうたうプレミアムスタッドレスタイヤだ。
「アイスナビ8」は、シリーズで初となる左右非対称パターンを採用。雪上や氷上での冬性能だけでなく、ライフ性能や柔軟性の持続なども高次元でバランスをとった、グッドイヤー史上最高性能をうたうプレミアムスタッドレスタイヤだ。拡大
左右非対称の「アシメトリックナビパターン」によってアウト側ブロックの剛性を高め、旋回時の操縦安定性を確保。また、ランド比を従来モデル「アイスナビ7」よりも2%アップして接地性と密着性を向上し、氷上コーナリング性能を5%アップしている。
左右非対称の「アシメトリックナビパターン」によってアウト側ブロックの剛性を高め、旋回時の操縦安定性を確保。また、ランド比を従来モデル「アイスナビ7」よりも2%アップして接地性と密着性を向上し、氷上コーナリング性能を5%アップしている。拡大

最新作は技術の塊

まだまだ猛暑日を記録することも珍しくない、残暑厳しい昨今。しかし、そんなタイミングで早くもスタートしているのが冬タイヤ商戦だ。実際に、来る次の冬シーズンに向けたアイテムも続々と発表されている。今回紹介するグッドイヤーの新タイヤ、アイスナビ8も、そのひとつである。

1997年に初代モデルが登場した「アイスナビ」シリーズも、名称が示すように最新作で8代目。「撥水(はっすい)シリカゴム」やミクロのガラス繊維を配合した「マイクログラスコンパウンド」の採用など、各世代で特徴的なテクノロジーを採り入れてきた歴代のアイスナビだが、従来の「アイスナビ7」の後継モデルである最新作、アイスナビ8で目立つ新たなテクノロジーはまず、「シリーズで初となる左右非対称のトレッドパターンを採用」したことにある。

「アシメトリックナビパターン」と名づけられたそのデザインの狙いは、アウト側の剛性を高めて氷雪・ドライ路面上での旋回時の操縦安定性を高めると同時に、ランド比(タイヤのトレッド面における接地部分の比率)をアイスナビ7から2%拡大させることで氷上・ドライ路面での密着性を高めたこと。

同時に、多方向にラグ溝やスロットを配置したことで生まれる「マルチディレクショナルエッジ」の採用や、ピッチ数を増してアイスナビ7比でのトータルエッジ成分が7%向上したことなどにより引っかき効果を増したことで、氷上ブレーキ性能が向上した点も特徴として挙げられている。

左右方向に横切る幅が広めのラグ溝は、雪柱せん断力を増すことによって雪上でのトラクション能力向上を狙った「バインディングスノーデザイン」。これも新たに採用されたテクノロジーだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事