BMWが高性能スポーツモデル「M3セダン/M4クーペ」に4WDモデルを導入

2021.09.03 自動車ニュース
「BMW M4クーペ コンペティション M xDrive」(左)と「M3セダン コンペティション M xDrive」(右)。
「BMW M4クーペ コンペティション M xDrive」(左)と「M3セダン コンペティション M xDrive」(右)。拡大

BMWジャパンは2021年9月3日、高性能スポーツモデル「BMW M3セダン/M4クーペ」に4WD仕様の「M3セダン/M4クーペ コンペティション M xDrive」を設定し、同日、販売を開始した。納車開始は同年9月末を予定している。

 
BMWが高性能スポーツモデル「M3セダン/M4クーペ」に4WDモデルを導入の画像拡大
 
BMWが高性能スポーツモデル「M3セダン/M4クーペ」に4WDモデルを導入の画像拡大
 
BMWが高性能スポーツモデル「M3セダン/M4クーペ」に4WDモデルを導入の画像拡大
 
BMWが高性能スポーツモデル「M3セダン/M4クーペ」に4WDモデルを導入の画像拡大
 
BMWが高性能スポーツモデル「M3セダン/M4クーペ」に4WDモデルを導入の画像拡大
 
BMWが高性能スポーツモデル「M3セダン/M4クーペ」に4WDモデルを導入の画像拡大
 
BMWが高性能スポーツモデル「M3セダン/M4クーペ」に4WDモデルを導入の画像拡大

M3セダン/M4クーペの4WD仕様は、ともに最高出力510PSを発生する「コンペティション」モデルに設定される。駆動システムはMモデル専用の4WD「M xDrive」で、「アクティブMディファレンシャル」や「ドライビングダイナミクスコントロール」「DSC(ダイナミックスタビリティーコントロール)」などとの組み合わせにより、「日常の安定した走行から、サーキットでのアクティブな走行まで多様な楽しみを提供する」とされている。

4WDシステムには複数の制御が用意されており、DSCがオンの状態では、基本設定となる「DSCオン・4WDモード」に加え、より多くの駆動トルクを後輪へ伝達し、スリップ許容量も大きな「Mダイナミックモード(MDM、4WD Sport)」が選択可能となっている。

さらにDSCをオフにすると、「4WDモード」「4WD Sportモード」「2WDモード」が選択可能となる。「4WDモード」は最もバランスがよいコントロールとトラクションの組み合わせとされており、「4WD Sportモード」はより高い精度のステアリング特性と力強いトラクションが組み合わさった、スポーティーな走行を体験できる設定と説明される。さらに「熟練したドライバーのための設定」とされているのが後輪駆動となる「2WDモード」で、クルマの挙動を制限する制御システムの介入をカットし、ドライバーが自らクルマを操る喜びをダイレクトに味わえるという。

また、M3セダン/M4クーペの4WD車にはサーキット走行に特化した「トラックパッケージ」仕様も用意されており、予防安全・運転支援システムを非搭載とすることで約25kgの軽量化を実現。一方で「Mドライバーパッケージ」「Mカーボンセラミックブレーキ」「Mカーボンバケットシート」「Mドライバーパッケージ」などを標準装備している。

価格は以下の通り。

  • M3セダン コンペティション M xDrive:1354万円
  • M3セダン コンペティション M xDriveトラックパッケージ:1466万円
  • M4クーペ コンペティション M xDrive:1378万円
  • M4クーペ コンペティション M xDriveトラックパッケージ:1490万円

(webCG)

関連キーワード:
M3セダン, M4クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 428iグランクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2014.7.14 試乗記 2ドアクーペとカブリオレに続いて、「4シリーズ」のラインナップに加わった4ドアモデル「グランクーペ」。「3シリーズ」とは異なるその魅力を味わった。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • BMW 435iグランクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.9 試乗記 拡大を続けるBMWのラインナップに、ハッチゲートを持つ“4ドアクーペ”が加えられた。このクルマを選ぶポイントはどこか? 走りや乗り心地はどうなのか? ストレート6を搭載するスポーティーモデルで確かめた。
  • 第217回:真っ青なRに真っ青 2021.10.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。フォルクスワーゲンの高性能SUV「ティグアンR」を駆り、夜の首都高に出撃すると、早速赤いバッジを付けた先代「シビック タイプR」を発見セリ! いざ、R同士の熱いバトルに突入だ!?
  • ロングドライブで知るルノー・メガーヌ スポーツツアラーの実力 2021.10.8 新しくなったルノー・メガーヌを味わう<AD> 新しい「ルノー・メガーヌ スポーツツアラー」はラインナップが「インテンス」に一本化されている。バカンスの国であるフランスの人々が生活に旅にと使い倒す標準グレードである。いわば“フランスの地物”ともいえる最新モデルをロングドライブに連れ出してみた。
ホームへ戻る