「DS 7クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」再々発売

2021.09.08 自動車ニュース
DS 7クロスバック パフォーマンスライン(※日本仕様は右ハンドル)
DS 7クロスバック パフォーマンスライン(※日本仕様は右ハンドル)拡大

グループPSAジャパンは2021年9月8日、DSオートモビルのフラッグシップSUV「DS 7クロスバック」に特別仕様車「パフォーマンスライン」を設定し、販売を開始した。

 
「DS 7クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」再々発売の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」再々発売の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」再々発売の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」再々発売の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」再々発売の画像拡大

特別仕様車DS 7クロスバック パフォーマンスラインが販売されるのは、2019年4月の1.6リッターガソリン版、2020年11月の2リッターディーゼル版に次いで3度目のこと。今回は2リッターディーゼルモデルに加えて、1.6リッターエンジンをベースとしたプラグインハイブリッドモデル「E-TENSE 4×4」にも初めて設定された。

2019年、2020年とフォーミュラEで2年連続ダブルタイトルを獲得したDS TECHEETAHフォーミュラEチームに由来するスポーティーなエッセンスが特徴とされており、外装ではフロントのDSウイングとリアガーニッシュがマットブラックで、フロントグリルのひし形格子やルーフレールはグロスブラックで仕立てられる。グロスブラックと切削加工で仕立てられた専用19インチホイールも装備する。

内装ではダッシュボードとセンターコンソール、ドアトリムをアルカンターラ仕立てとし、カルマン(カーマインレッド)とゴールドのステッチをあしらっている。

価格は2リッターディーゼルの「パフォーマンスラインBlueHDi」が609万円で、プラグインハイブリッドの「パフォーマンスラインE-TENSE 4x4」が727万円。

パフォーマンスラインのリリースに合わせて、カタログモデルのグレード体系が変更された。これまでの「ソーシック」「グランシック」といった呼称を廃止し、インテリアの仕様名として用いてきた「オペラ」「リヴォリ」「バスティーユ」を新たなグレード名として採用。エントリーグレードの「ソーシックBlueHDi」は廃止となっている。

新しいモデルラインナップと価格は以下の通り(カッコ内は旧グレード名)。

  • バスティーユBlueHDi(ソーシックBlueHDiパッケージオプション):520万3000円
  • リヴォリ(グランシック):607万9000円
  • リヴォリBlueHDi(グランシックBlueHDi):627万9000円
  • オペラ(グランシック ナッパレザーオプション):668万5000円
  • オペラBlueHDi(グランシック ナッパレザーオプション):688万5000円
  • E-TENSE 4x4(E-TENSE 4x4グランシック):732万円

(webCG)

関連キーワード:
DS 7クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS DS 7クロスバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る