第2回:今どきはオシャレなイメージだけじゃない!?
輸入車チョイ乗りリポート~フランス編~

2019.02.23 JAIA輸入車試乗会2019
JAIA合同試乗会の会場
JAIA合同試乗会の会場拡大

輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、webCGメンバーが注目のモデルをご紹介! 第2回は、国名を聞いただけでオシャレなイメージが漂うフランス編。「DS 7クロスバック ソーシック」「プジョー308SW GTラインBlueHDi」そして「ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ」の走りをリポートする。

DS 7クロスバック ソーシック
DS 7クロスバック ソーシック拡大
 
第2回:今どきはオシャレなイメージだけじゃない!?輸入車チョイ乗りリポート~フランス編~の画像拡大
 
第2回:今どきはオシャレなイメージだけじゃない!?輸入車チョイ乗りリポート~フランス編~の画像拡大
 
第2回:今どきはオシャレなイメージだけじゃない!?輸入車チョイ乗りリポート~フランス編~の画像拡大
 
第2回:今どきはオシャレなイメージだけじゃない!?輸入車チョイ乗りリポート~フランス編~の画像拡大

ファミリーカー臭ナシ
DS 7クロスバック ソーシック……469万円

高級ホテルのラウンジのような空間で生活してみたい。子育て中の女性にこそ必要なのが、自分だけの癒やしの空間として機能する、美しいクルマだと思う。

DS 7クロスバックは、現代のフレンチラグジュアリーを体現した一台。

エンジンを始動させると、左右3つずつ内蔵されたヘッドライトユニットがジュエリーのような輝きを放ちながら、クルリと180度回転する。まず、この意匠に心躍る。

インテリアは3パターンで、それぞれにパリを象徴する名称が冠せられている。ネオバロック様式の装飾をイメージした“オペラ”、都市空間を想起させる“リヴォリ”、近代フランス起点の地に敬意を表した“バスティーユ”。試乗車の「ソーシック」には、光沢のあるブロンズ色を基調にした“バスティーユ”が標準設定されていたが、スイッチ類などの凝った意匠はべースグレードとは思えないほど。ラグジュアリーブランドとしての「DS」、そのフラッグシップへのこだわりが見て取れる。

運転してみると、2リッターの直4ターボディーゼルエンジンは静粛性が高く、自然と豊かなトルクがあふれてくる。取り立ててエモーショナルな部分は感じられないが、しっとりとした接地感があり、穏やかなクルージングを楽しむには申し分ない。

では、シャシーやエンジンを共有する「プジョー5008」はどうか? こちらはよりスポーティーな味付けになっている。ディーゼル車特有のサウンドが響き、小径ステアリングの操作感もクイック。走りは断然こっちのほうが面白い。大人数で乗るならもう少しソフトな足まわりのほうがいいとは思うが、後席を倒せばフルフラットになるなど、ミニバン的な使い勝手にも長(た)けている。

家族で乗るなら5008もいい。が、洗濯物や子どものおもちゃに囲まれた空間で、こう思う。「やっぱり、DS 7のほうがいい」と。なぜって? 女性には、家という空間から一切解き放たれたい時があるのだから。

(文=スーザン史子/写真=峰 昌宏)

DS DS 7クロスバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • 100%電気自動車「DS 3クロスバックE-TENSE」が日本上陸 2020.7.29 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年7月29日、コンパクトSUV「DS 3クロスバック」のEVバージョン「E-TENSE(イーテンス)」の日本導入を正式に発表。同日、販売を開始した。8年間または16万km走行のバッテリー保証が備わっている。
  • シトロエンの未来を占うニューモデル 新型「C4」のデザインを読み解く 2020.7.22 デイリーコラム 2020年6月末に発表された新型「シトロエンC4」は「シトロエンの2度目の誕生」という言葉で形容されるように、ブランドの将来を占う一台だ。C4はどう変わったのかを知るとともに、なぜ変わらなければならなかったのかを考察する。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
ホームへ戻る