ホンダが新たな運転支援システム「ホンダセンシング360」を発表

2021.10.13 自動車ニュース
ホンダの説明用資料から。「ホンダセンシング360」は5台のミリ波レーダーと1台のワイドビューカメラで構成される。
ホンダの説明用資料から。「ホンダセンシング360」は5台のミリ波レーダーと1台のワイドビューカメラで構成される。拡大

本田技研工業は2021年10月13日、車両周辺の死角をカバーし、交通事故の回避やドライバーの運転負荷の軽減をサポートする全方位安全運転支援システム「Honda SENSING 360(ホンダセンシング360<サンロクマル>)」を発表した。

俯瞰(ふかん)によるセンシング範囲のイメージ。レーダーやカメラを複合的に配置することで、車両周辺の死角を解消する。
俯瞰(ふかん)によるセンシング範囲のイメージ。レーダーやカメラを複合的に配置することで、車両周辺の死角を解消する。拡大

自動運転の技術も活用

ホンダセンシング360は、現行の「ホンダセンシング」に備わっている単眼カメラに加え、フロントと車体の各コーナーに計5台のミリ波レーダーを装備。360度方向のセンシングを実現している。これにより、従来の運転では目視による確認が難しかった車両周辺の死角をカバーし、他車両および歩行者との衝突回避や、運転に伴うドライバーの負荷の軽減をサポートするという。

開発においては、自動運転レベル3の技術開発で培われた知見やノウハウも活用。ホンダでは、2022年に中国で発売する四輪車からホンダセンシング360の適用を開始し、2030年までに先進国で発売する全モデルに展開することを目指している。

ホンダセンシング360の主な特徴は以下の通り。

交差点におけるCMBSの作動イメージ。
交差点におけるCMBSの作動イメージ。拡大

【衝突軽減ブレーキの進化】
一般道の交差点などで、右左折をする際に車両や歩行者を検知し、接触の危険性がある場合は、衝突軽減ブレーキ(CMBS:Collision Mitigation Braking System)が作動する。従来型ホンダセンシングのCMBSをさらに進化させたもので、検知範囲を前方から全方位に広げることにより、交差点の出合い頭における衝突回避・被害軽減を支援する。

フロントのコーナーレーダーの働きにより、左右前方から自車に接近する車両の存在が通知される。
フロントのコーナーレーダーの働きにより、左右前方から自車に接近する車両の存在が通知される。拡大

【前方交差車両警報】
一般道の交差点などで、低速走行をしているとき、または停車状態から発進をする際に、左右前方から接近する交差車両の情報をドライバーに通知する。自車と交差車両が接触する危険性がある場合は、システムがドライバーに対して音とメーター表示で危険を警告、衝突回避の運転操作を促す。

車線変更時には、リアのコーナーレーダーが後側方車両との接触回避に役立つ。
車線変更時には、リアのコーナーレーダーが後側方車両との接触回避に役立つ。拡大

【車線変更時衝突抑制機能】
車線変更する際、後方から接近する隣車線の車両との衝突回避を支援。ミラーの死角から近づく後側方車両と接触する危険性がある場合、システムがドライバーに音とメーター表示で危険を警告。さらに、衝突回避のためのハンドル操作を支援する。

「ホンダセンシング360」には、車線変更時のステアリングサポート機能も含まれる。
「ホンダセンシング360」には、車線変更時のステアリングサポート機能も含まれる。拡大

【車線変更支援機能】
高速道路や自動車専用道において、渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線維持支援システム(LKAS)が作動しているときに、一定の条件を満たした状態でドライバーがウインカー操作を行うと、システムが車線変更に伴うステアリング操作を支援する。

カメラを介してコーナーの曲率を判断、必要に応じて車速が調整される。
カメラを介してコーナーの曲率を判断、必要に応じて車速が調整される。拡大

【カーブ車速調整機能】
高速道路や自動車専用道でACCの作動中にコーナーを走行する際、適切に車速調整を行う。フロントカメラを使って、コーナー手前で進入前に車線の曲率を読み取り、ドライバーにとってスムーズでなめらかな走行を支援する。

(webCG)

関連キーワード:
ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事