クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スバル・レヴォーグSTI Sport R EXプロトタイプ(4WD/CVT)

間違いなくベスト 2021.11.27 試乗記 スバルの中核モデルとなったワゴン「レヴォーグ」に、2.4リッターエンジンを積む高性能バージョンが登場。「既存の1.8リッターモデルのオーナーは知らないほうがいい」と思えるほどの、走りのクオリティーとは?

特筆すべきはバランスの良さ

新型「WRX S4」の試乗に合わせて、会場の袖ケ浦フォレストレースウェイに用意された、1台のレヴォーグ。これにはWRX S4と同じパワートレインが搭載され、「STI Sport R」というグレード名が与えられていた。

レヴォーグといえばこれまでのトップグレードにも「STI Sport」の名が冠されていたが、これと「R」との最大の違いは1.8リッター直噴ターボ「CB18」エンジンが2.4リッターの直噴ターボユニット「FA24」へと置き換えられていることである。この高出力化に伴って、CVTも強化型に。また、その4WD制御もセンターデフを持つVTDとなった。つまり、WRX S4の中身をまるっと移植した、スペシャルなレヴォーグというわけである。

さてそんなレヴォーグSTI Sport R(プロトタイプ)をサーキットで走らせたわけだが、WRX S4よりむしろこちらが今回の主役ではないか? と思えるほどの仕上がりの良さだった。

自分で「スペシャルなレヴォーグ」なんて言っておいてなんだが、その加速感は驚くほどではない。ちなみにそのアウトプットはWRX S4(最高出力275PS/最大トルク375N・m)と全くの同値なのだが、これがシャシーと実にうまくバランスしているのである。

空は快晴ながら路面はたっぷりとぬれている、ダンプなコンディション。この難しい路面でレヴォーグSTI Sport Rは、アウトラップからいきなり高い接地感を発揮した。アウト/インラップ含めて4周しかない状況のなか、筆者はいきなり「スポーツ」モードでダンパーの減衰力を高めてコースに出たのだが、1コーナーに向かうピットレーンから、ゆっくりとハンドルを切り始めただけで、タイヤが路面をつかむ様子がよくわかったのだ。

そのハンドリングは、コースに出ても変わらなかった。ブレーキングからターンインにかけて、例えばWRX S4なら荷重が素早く移動し過ぎて、リアがスーッと流れていくような場面でもレヴォーグのSTI Sport Rは、その動きがとても穏やかである。それどころかハンドルを切り込んでいくほどに手応えが増し、走りの上質感が高まる。たとえ、リアが突然滑り出すスナップオーバーステアが出ても、その流れ出しが緩やかだから、アクセル操作で姿勢を整えていくことができる。

この優しい操縦性には、ひとつはセダンであるWRXに比べてボディー剛性がやや低いことが起因している。剛性が低いことが良いわけではなく、そのボディーに対して、足まわりとタイヤの剛性バランスがぴったり合わせ込まれている点が良いのである。

新グレード「STI Sport R」の目玉となる2.4リッター水平対向4気筒ターボエンジン。最高出力275PS、最大トルク375N・mを発生する。
新グレード「STI Sport R」の目玉となる2.4リッター水平対向4気筒ターボエンジン。最高出力275PS、最大トルク375N・mを発生する。拡大
コックピット周辺は、レッドステッチやダークキャストメタリックの加飾などで上質感が演出されている。
コックピット周辺は、レッドステッチやダークキャストメタリックの加飾などで上質感が演出されている。拡大
「STI Sport R」グレード専用のメーターパネル。レッドリングや「STI」ロゴでドレスアップされるほか、ターボの過給圧が表示される。
「STI Sport R」グレード専用のメーターパネル。レッドリングや「STI」ロゴでドレスアップされるほか、ターボの過給圧が表示される。拡大
運転席には10Way、助手席には8Wayの電動調節機構が備わる。
運転席には10Way、助手席には8Wayの電動調節機構が備わる。拡大
後席も前席同様、本革仕立て。ボルドーとブラックのコンビカラーも特徴となっている。
後席も前席同様、本革仕立て。ボルドーとブラックのコンビカラーも特徴となっている。拡大
優れたハンドリングが実感できる「レヴォーグSTI Sport R」。その要因としては、ワゴンボディーと足まわり、タイヤの剛性バランスの良さが考えられる。
優れたハンドリングが実感できる「レヴォーグSTI Sport R」。その要因としては、ワゴンボディーと足まわり、タイヤの剛性バランスの良さが考えられる。拡大
コーナリングでの安定感は、まさに絶妙。オーバーステアはほとんど発生せず、仮に出たとしてもコントロール性は高い。
コーナリングでの安定感は、まさに絶妙。オーバーステアはほとんど発生せず、仮に出たとしてもコントロール性は高い。拡大
ホイールのサイズは「レヴォーグ」のなかで最も大きな18インチ。試乗車にはヨコハマの「ブルーアースGT」タイヤが組み合わされていた。
ホイールのサイズは「レヴォーグ」のなかで最も大きな18インチ。試乗車にはヨコハマの「ブルーアースGT」タイヤが組み合わされていた。拡大
トランスミッションは、8段マニュアル変速モード付きのCVTのみ。DCT並みの変速スピードが可能とされる。
トランスミッションは、8段マニュアル変速モード付きのCVTのみ。DCT並みの変速スピードが可能とされる。拡大
広々とした荷室は、ワゴンである「レヴォーグ」の特長。3分割式の後席を倒すことで、さまざまな荷物の積載に対応できる。
広々とした荷室は、ワゴンである「レヴォーグ」の特長。3分割式の後席を倒すことで、さまざまな荷物の積載に対応できる。拡大

まさにスポーツワゴン

過渡領域における4輪制御も、思わず顔がにやけてしまうほど優秀だ。欲を言えば「スポーツ+」モードではもう少し後輪への伝達トルクを引き上げて、アクセルで大胆に姿勢をコントロールしていければ面白いが、ともかく4輪すべてを使って絶妙なスリップアングルを保つことができる。そして不要なオーバーステアを出さず、前へ前へと進んでいく走りが、スバルの思想なのだと実感する。

このすべての動きがつながっている感じは、たまらなく上質である。そしてこれは、単にシャシーの出来の良さによるものでなく、電子制御でリニアリティーを高めたターボと、新型CVTの連携が実現させている面もある。アクセルの開閉にトルクをきちんと追従させて、ペダルを踏み切っても唐突にブーストを上げることなく、しかし有段のシフトフィールでメリハリのある加速が実現できている。

こうしたレスポンスとパワーの両立も、スポーツカーであるWRXであれば当たり前のこととして評価されるだろう。しかしステーションワゴンであるレヴォーグでこれを体感すると、とってもぜいたくに感じられる。

これは1.8リッターのSTI Sportを購入したオーナーが乗り比べたら、かなり悔しい思いをするのではないだろうか。当然価格には違いが出るが、これは間違いなくレヴォーグのベスト。その走りはかなり洗練されたけれど、「レガシィツーリングワゴン」の消滅により絶えていたスポーツワゴンの復活といっていい。

欲を言えば、北米市場では展開されている6段MTもラインナップされていると、さらにいい。数が見込めないというのならば、受注生産でもいいだろう。こういうのは、メーカーのやる気が大切なのだ。

(文=山田弘樹/写真=スバル、荒川正幸/編集=関 顕也)

スバル・レヴォーグSTI Sport R EXプロトタイプ
スバル・レヴォーグSTI Sport R EXプロトタイプ拡大

【スペック】
全長×全幅×全高=4755×1795×1500mm/ホイールベース=2670mm/車重=1630kg/駆動方式=4WD/エンジン=2.4リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ(最高出力:275PS/5600rpm、最大トルク:375N・m/2000-4800rpm)/トランスミッション=CVT/燃費=11.0km/リッター(WLTCモード)/価格=477万4000円(※市販車両の車両本体価格)

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スバル レヴォーグ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。