クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第222回:「e-tron GT」で宇宙へGO!

2021.12.20 カーマニア人間国宝への道

100億円も払わなくてもいい

ポルシェのEV「タイカン」が猛烈な勢いで売れているという。2021年1月~9月のグローバル販売台数は、2万8640台。なんと「911」を抜いたそうだ。

旧世代のカーマニア的には世も末なニュースだが、以前、担当サクライ君に乗せてもらった「タイカン ターボ」は、確かに魅力的なEVだった。値段を無視すれば、今まで乗ったEVのなかで一番だったと断言したい。

まず加速のフィーリングがスバラシイ。テスラみたいなデリカシーのカケラもないムチ打ち誘発的な加速ではなく、「911ターボ」みたいな、クソ速いけどぬくもりのある加速をしてくれるから! さすがポルシェ。

ポルシェ得意の「スポーツ+」モードで全開を試すと、『スタートレック』のような人工音「ポルシェ・エレクトリックスポーツサウンド」が室内に響いて、気分はまさに宇宙船となる。インテリアの青い照明もまるで宇宙船で、タイカン ターボに乗れば、昭和なオッサンも宇宙へ旅立つことができた。前澤友作さんみたいに100億円払わなくても、たったの2000万円ちょいで宇宙へGOなのだ! タイカン ターボ最高!

そこへタイミングよく、アウディさまから試乗会の案内が届いた。タイカンの兄弟にあたる「e-tron GT」にお乗りになりませんか、とのお誘いだ。

うおおおお、今度はe-tron GTで宇宙へGOか。宇宙へ行くなら速いヤツがいいので、フツーのe-tron GTじゃなく、「RS e-tron GT」をリクエストしたら当選した。やった~! 費用ゼロ円で宇宙へGO GO!

今回、都内で開催されたアウディのスーパーEV「e-tron GT」の試乗イベントに参加。以前試乗した「ポルシェ・タイカン ターボ」では糸の切れたタコのように、首都高を滑走しEVの走りを楽しんだが、e-tron GTの走りやいかに。
今回、都内で開催されたアウディのスーパーEV「e-tron GT」の試乗イベントに参加。以前試乗した「ポルシェ・タイカン ターボ」では糸の切れたタコのように、首都高を滑走しEVの走りを楽しんだが、e-tron GTの走りやいかに。拡大
いかにもアウディっぽいクリーンでシンプルな「RS e-tron GT」のインテリア。赤いステッチが入ったパーフォレーテッドレザー仕立てのステアリングホイールやカーボンパネルが用いられたダッシュボードは、「RSデザインパッケージ レッド」に含まれるオプションとなっている。
いかにもアウディっぽいクリーンでシンプルな「RS e-tron GT」のインテリア。赤いステッチが入ったパーフォレーテッドレザー仕立てのステアリングホイールやカーボンパネルが用いられたダッシュボードは、「RSデザインパッケージ レッド」に含まれるオプションとなっている。拡大
「e-tron GT」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4990×1965×1415mmで、ホイールベースは2900mm。半分愛車の「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」よりも車幅は狭いので問題なしだ。
「e-tron GT」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4990×1965×1415mmで、ホイールベースは2900mm。半分愛車の「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」よりも車幅は狭いので問題なしだ。拡大

節約モードでは電子音も節約

会場は羽田イノベーションシティなる、聞きなれない施設である。恐る恐る乗りつけると、宇宙基地っぽい雰囲気だ。敷地内を走る「自律走行バス停留所」もある。

これって完全自動運転なの!? ひょっとしてオリンピックの選手村で走ってたアレ!? と思ったら、猛烈な低速(10km/hくらい?)でやってきたのは、なんかすごくソレっぽい、前も後ろもどっちも前みたいな小型バスだった。カラーリングも“あしゅら男爵“みたいでコワイ。さすが宇宙基地だぜ! このバス、帰って調べたら、オリンピック選手村とはまったく無関係なフランス製だった。セボンセボン。

あしゅら男爵バスにドギモを抜かれている間に、RS e-tron GTの試乗の時間がやってきた。最高出力は475kW。タイカン ターボの500kWよりちょっとだけおとなしい。「ランボルギーニ・ウラカン」と「アウディR8」の関係そのままである。

ただ、e-tron GTも、「アウディドライブセレクト」で走行モードを変えることで、ステキな電子音を聞かせてくれるという。フル加速すると、果たしてどんなお星さまがキラキラするのか。うおおおお、出撃だ!

まずは「エフィシェント」モードで走る。節約モードだけに電子音も節約されており、まったくの無音だった。タイヤのパターンノイズもほとんど聞こえず、聞こえるのは高級オーディオから流れるNACK5(埼玉のFM局)だけ。なぜNACK5? と思ったが、他に聞きたいラジオも特になかったので、そのままにしておいた。

「e-tron GT」の試乗イベント会場となった羽田イノベーションシティは、商業・オフィスなどからなる大規模複合施設。研究開発施設や先端医療研究センター、コンベンション施設なども整備されており、自動運転バス「ナビヤ アルマ」の実証実験も行われていた。
「e-tron GT」の試乗イベント会場となった羽田イノベーションシティは、商業・オフィスなどからなる大規模複合施設。研究開発施設や先端医療研究センター、コンベンション施設なども整備されており、自動運転バス「ナビヤ アルマ」の実証実験も行われていた。拡大
あしゅら男爵のようなカラーリングが施された仏ナビヤ社製の自動運転バス「ナビヤ アルマ」。2021年12月31日までの期間、羽田イノベーションシティと羽田空港第3ターミナル間の公道、往復約3.9kmのルートで、一般の利用者向けに自動運転バスの実証実験を行っている。
あしゅら男爵のようなカラーリングが施された仏ナビヤ社製の自動運転バス「ナビヤ アルマ」。2021年12月31日までの期間、羽田イノベーションシティと羽田空港第3ターミナル間の公道、往復約3.9kmのルートで、一般の利用者向けに自動運転バスの実証実験を行っている。拡大
2基のモーターを合わせた「e-tron GT」の最高出力は530PS、ハイパフォーマンスモデルの「RS e-tron GT」(写真)は同646PS。今回は後者に試乗した。
2基のモーターを合わせた「e-tron GT」の最高出力は530PS、ハイパフォーマンスモデルの「RS e-tron GT」(写真)は同646PS。今回は後者に試乗した。拡大

e-tron GTは1年分が売り切れ

耳に響くのがNACK5だけの超静寂空間は、乗り心地も最高。サスペンションはウルトラしなやかだ。私は、最近のアウディの乗り心地は世界一だと思っているが、RS e-tron GTも例外ではなかった。平べったい車体は地面に張り付く一反木綿のように走る。

途中の「コンフォート」モードはすっ飛ばして、最強の「ダイナミック」モードへIN! さぁ、宇宙はどうなんだ。ポルシェがスタートレックならアウディは『スターウォーズ』なのか!?

「ずおおおおおおおおおおおおお~~~」

耳に届いてきたのは、遠くで聞こえる5.2リッターの自然吸気V10みたいな重低音だった。えっ、これだけ? なんかもっと飛び道具的な音はしないの!?

でも、アクセルを全開にしても、パドルを引いて回生ブレーキを強めにしても、何をしても遠くで聞こえるV10サウンドはそのままだった。父ちゃんのポーは聞こえるが、宇宙へ飛び立つのはちょっとムリ。これなら断然タイカンの勝ちだっぺ!

ところが会場に戻って広報さまに話を聞くと、e-tron GTは、すでにほぼ1年分が売り切れているという! えええ~~~っ!?

広報さま:台数としては200台ほどですが、今から注文されると、かなりお待ちいただくことになってしまいます。
オレ:いやぁ、この価格帯の200台は決して少なくないでしょう。フェラーリだって全モデル合計で(国内販売台数は)年間1000台くらいですから。
広報さま:ですよね。売れ行き的には、R8よりかなりいいんです(苦笑)。

タイカンといいe-tron GTといい、スーパーEV侮れず! フェラーリもそのうちスーパーEVを出すらしいけど、意外と全然抵抗なく売れてしまうんだろうなぁ。

でも、電子音だけはタイカンに負けないで! 音で負けたらフェラーリの立つ瀬がないから。高級EVはそこがキモ(私見です)!!

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

「エフィシェント」モードでの走行時は、タイヤのパターンノイズもほとんど聞こえない。サスペンションはウルトラしなやかで、乗り心地も最高だった。平べったい車体が地面に張り付き、まるで一反木綿のように走る。
「エフィシェント」モードでの走行時は、タイヤのパターンノイズもほとんど聞こえない。サスペンションはウルトラしなやかで、乗り心地も最高だった。平べったい車体が地面に張り付き、まるで一反木綿のように走る。拡大
「RS e-tron GT」に搭載される12.3インチカラーの液晶フルデジタルディスプレイ。試乗時の電費は4km/kWh、バッテリー残量が約4分の3で航続可能距離が296kmと表示されている。
「RS e-tron GT」に搭載される12.3インチカラーの液晶フルデジタルディスプレイ。試乗時の電費は4km/kWh、バッテリー残量が約4分の3で航続可能距離が296kmと表示されている。拡大
2021年4月に国内で初披露されたアウディのスーパーEV「e-tron GT」。ベースモデルの「e-tron GTクワトロ」が1399万円、高性能版の「RS e-tron GT」が1799万円という価格設定にもかかわらず、すでに1年分の予定販売台数を超える200台以上のオーダーが入っているという。
2021年4月に国内で初披露されたアウディのスーパーEV「e-tron GT」。ベースモデルの「e-tron GTクワトロ」が1399万円、高性能版の「RS e-tron GT」が1799万円という価格設定にもかかわらず、すでに1年分の予定販売台数を超える200台以上のオーダーが入っているという。拡大
「e-tron GT」の試乗後にオシャレなスイーツをいただきました。アウディの「フォーシルバーリングス」をモチーフとしたデコレーションがすてきです。
「e-tron GT」の試乗後にオシャレなスイーツをいただきました。アウディの「フォーシルバーリングス」をモチーフとしたデコレーションがすてきです。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。