ホンダが新型「ヴェゼル モデューロX」のコンセプトモデルを初披露【東京オートサロン2022】

2022.01.14 自動車ニュース
ホンダ・ヴェゼルe:HEVモデューロXコンセプト
ホンダ・ヴェゼルe:HEVモデューロXコンセプト拡大

本田技研工業は2022年1月14日、クロスオーバーSUV「ヴェゼル」をベースとしたカスタマイズコンセプトモデル「ヴェゼル モデューロX」を、「東京オートサロン2022」で初公開した。

「ヴェゼルe:HEVモデューロXコンセプト」のフロントフェイス。ベース車とは専用のエアロバンパーやフロントグリル、ブラック加飾のLEDヘッドランプなどで差異化されている。
「ヴェゼルe:HEVモデューロXコンセプト」のフロントフェイス。ベース車とは専用のエアロバンパーやフロントグリル、ブラック加飾のLEDヘッドランプなどで差異化されている。拡大
ボディーサイドではボディー同色とされたフェンダーアーチプロテクターやサイドロワガーニッシュが目を引く。
ボディーサイドではボディー同色とされたフェンダーアーチプロテクターやサイドロワガーニッシュが目を引く。拡大
リアまわりでは、専用エアロバンパーやブラック塗装のテールゲートスポイラー、ダーククロームのエンブレムの採用などが特徴となる。
リアまわりでは、専用エアロバンパーやブラック塗装のテールゲートスポイラー、ダーククロームのエンブレムの採用などが特徴となる。拡大
開発を担当したホンダアクセスの開発部NVD2ブロックチーフエンジニア湯沢峰司氏。ブラック加飾のLEDヘッドランプやフロントグリルは「ヴェゼルe:HEVモデューロX」の専用アイテムとなる。
開発を担当したホンダアクセスの開発部NVD2ブロックチーフエンジニア湯沢峰司氏。ブラック加飾のLEDヘッドランプやフロントグリルは「ヴェゼルe:HEVモデューロX」の専用アイテムとなる。拡大
星形を基調としたスポークデザインのホイールも「モデューロX」の専用アイテム。タイヤのグリップ力を最大限に引き出すという専用チューンのサスペンションが採用されている。
星形を基調としたスポークデザインのホイールも「モデューロX」の専用アイテム。タイヤのグリップ力を最大限に引き出すという専用チューンのサスペンションが採用されている。拡大
フロントバンパー下部は、「エアロスロープ」と呼ばれる独特の形状になっている。設計・実走・改修を繰り返し、空力性能を磨き上げたという。
フロントバンパー下部は、「エアロスロープ」と呼ばれる独特の形状になっている。設計・実走・改修を繰り返し、空力性能を磨き上げたという。拡大
本革巻きステアリングホイール、パワースイッチが「モデューロX」の専用アイテムとなる。
本革巻きステアリングホイール、パワースイッチが「モデューロX」の専用アイテムとなる。拡大
ブラックを基調とした「モデューロX」専用となるシートデザインを採用。現在も引き続き車両開発が行われており、正式発売時には変更されている場合もある。
ブラックを基調とした「モデューロX」専用となるシートデザインを採用。現在も引き続き車両開発が行われており、正式発売時には変更されている場合もある。拡大

モデューロXとして8モデル目

モデューロXはホンダの100%子会社である純正アクセサリーメーカー、ホンダアクセスが手がけるコンプリートカー。シャシーの改良やエクステリアデザインの変更、空力パーツの装着によってパフォーマンスの向上が図られている。

今回初公開されたホンダ・ヴェゼル モデューロXは、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」搭載モデルをベースに開発が行われている。モデューロXとしては2013年に登場した「N BOXモデューロX」から数えて8モデル目となる。

主に足まわりの強化と、ボディー外装パーツによる“実効空力”の向上によって、気持ちのいい走りを追求するという開発コンセプトはこれまでのモデューロX各車と共通するもので、“ドリキン”の愛称で知られる土屋圭市氏が、開発アドバイザーを務めるのも同じである。

ヴェゼルe:HEVモデューロXを手がけたホンダアクセスの開発部NVD2ブロックチーフエンジニア、湯沢峰司氏は「開発にあたっては“意のままに操れる操縦性”と“所有感を満たし走行性能にも寄与するデザイン”、そして“見て触れて実感できる上質感”の3つを開発の柱として掲げました。開発を進めていくなかで、スタイリングと走りのモチーフが“黒ヒョウ”に定まりました」と車両概要を説明。走り込みを行う過程で「徐々に目指すカタチが見えてきました」という。

ベースモデルとの具体的な相違点は、専用アイテムとなるフロントエアロバンパーやフロントグリル、リアエアロバンパーの装着と、専用のサスペンションやホイールによる足まわりの強化などとなる。ブラック塗装のドアミラーカバーやテールゲートスポイラー、ブラック加飾が施されたLEDヘッドランプ、ボディー同色とされたフェンダーアーチプロテクターやサイドロワガーニッシュ、さらにダーククロームのエンブレムも専用装備となる。

インテリアは、ブラックでコーディネート。前後のシートデザインやシフトブーツ、本革巻きステアリングホイール、パワースイッチが専用アイテムとなる。

こだわりの“実効空力”

エクステリアでは、バンパーやリップスポイラーのサイド形状、フロントグリルの先端形状などを工夫。走行時に、タイヤ本来のグリップ力を最大限に生かす空力特性を確保したという。

フロントのボディー下部にはエアロスロープやエアロボトムフィンが追加されたほか、後部ではセンターエアロフィンや、走行中にボディー下部を通過する空気を効率的に後方へと流す新空力デバイスも採用されている。

ボディー下部のアイテムはのぞき込まないと確認できないが「ボディー上部と下部の整流を最適化することで4輪にかかる荷重を均等にし、前後のリフト値やバランスを最適化します。走行中の空気の流れをコントロールすることで、タイヤの性能もフルに引き出すことができるわけです。標準装着されているタイヤは厳しく生産管理されたクオリティーの高いものです。グリップの良いタイヤを装着して簡単に性能を上げるというようなことをしないのは、従来のモデューロXと同じです」とチーフエンジニアの湯沢峰司氏は述べている。

今回発表されたコンセプトモデルには、ベース車と同じ225/50R18サイズの「ミシュラン・プライマシー4」タイヤが装着されていた。

湯沢氏は「空力を見直し、徹底的に磨き込むことでタイヤの接地感とグリップ感を向上させることができます。それはこれまでリリースしてきたモデューロXで、すでにユーザーの皆さんにご体感いただいていると思いますし、そこがわれわれのこだわりでもあります。気持ちのいい走りが味わえる“公道でのベスト”を目指したのがモデューロXです」と語った。

ヴェゼルe:HEVモデューロXは、2022年内の発売が予定されている。

(文=webCG/写真=花村英典、ホンダ)

「ホンダ・ヴェゼルe:HEVモデューロXコンセプト」のより詳しい画像はこちら

東京オートサロン2022の記事一覧はこちら

関連キーワード:
ヴェゼル, ホンダ, モーターショー, 東京オートサロン2022, 自動車ニュース