クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアント アドバンス(FF/6AT)

円熟のジャーマンPHEV 2022.04.05 試乗記 マイナーチェンジした「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント」のラインナップに、プラグインハイブリッド車(PHEV)の「GTE」が復活。バッテリー容量の拡大によりEV航続距離が延びたとうたわれる、最新電動化モデルの仕上がりを確かめた。

1年ぶりに復活したPHEV

電動ミニバン「I.D.Buzz」の登場で、電動化の動きに注目が高まるフォルクスワーゲン。日本でも、電気自動車(EV)の「ID.」シリーズが2022年にデビューするといわれ、また、コンパクトカーの定番である「ゴルフ」に48Vマイルドハイブリッドシステムを採用するなど、電動化されたモデルの比率は高まる一方である。

今回追加されたパサートGTEヴァリアントもそんな電動化モデルのひとつで、モデル名からはわかりにくいが、ガソリンエンジン車とEVのいいとこ取りを狙ったPHEVだ。

フォルクスワーゲン グループ ジャパンでは、すでに2015年9月に「ゴルフGTE」を発売。2016年6月には「パサートGTE」とパサートGTEヴァリアントを追加している。ただ、ゴルフ版の新型GTEは未導入で、パサートもマイナーチェンジ版の発売時にはGTEがラインナップされておらず、日本市場ではGTEの不在期間が約1年続いていたのだ。

GTEはこのままなくなってしまうのか……という心配もあったが、ついにGTEがパサートヴァリアントで復活! しかも、マイナーチェンジ前に比べて性能がアップしているというのだから、これは興味津々である。

2022年4月5日に導入が発表された最新PHEV「フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアント」。搭載バッテリーの容量を約30%アップし、EV航続距離が向上している。今回は車両本体価格683万8000円の上級グレード「アドバンス」に試乗した。
2022年4月5日に導入が発表された最新PHEV「フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアント」。搭載バッテリーの容量を約30%アップし、EV航続距離が向上している。今回は車両本体価格683万8000円の上級グレード「アドバンス」に試乗した。拡大
フロントグリルに設けられた充電ポート。200Vの普通充電にのみ対応する。点灯色や点滅で充電状況が確認できるインジケーターが内蔵されている。
フロントグリルに設けられた充電ポート。200Vの普通充電にのみ対応する。点灯色や点滅で充電状況が確認できるインジケーターが内蔵されている。拡大
他の「パサートヴァリアント」はリアゲート中央部に「PASSAT」のエンブレムを装着するが、PHEVの「パサートGTEヴァリアント」では「GTE」のエンブレムに変更されている。
他の「パサートヴァリアント」はリアゲート中央部に「PASSAT」のエンブレムを装着するが、PHEVの「パサートGTEヴァリアント」では「GTE」のエンブレムに変更されている。拡大

バッテリー容量3割増し

端正なルックスと広い室内が魅力のパサートと、そのステーションワゴンのパサートヴァリアント。これに、最高出力156PS(115kW)の1.4リッター直4直噴ガソリンエンジンと同116PS(85kW)の電気モーターを搭載するのがパサートGTEだ。

マイナーチェンジ前にはセダンとステーションワゴンが用意されていたが、今回日本に導入されたのは後者のパサートGTEヴァリアントのみ。エンジン、モーターともにマイナーチェンジ前と同じスペックで、デュアルクラッチギアボックスの6段DSGで前輪を駆動するのも変わらない。

一方、搭載される駆動用リチウムイオンバッテリーは容量を9.9kWhから13.0kWhへと3割増し。これにより、EV走行可能な距離が51.7kmから57kmに拡大されている。それでいて、もともと広い荷室を誇るパサートヴァリアントだけに、GTEになっても収納スペースに不満はないし、荷室の床下も、バッテリーに押し出された燃料タンクがスペースを侵食しているとはいえ、充電ケーブルなどを収められる広さがあるのはうれしいところだ。

私もかつてゴルフGTEを所有していたことがあったが、通常のモデルに比べて狭い荷室は不満だった。しかし、パサートGTEヴァリアントならそんな思いをせずにすむのがいい。

「パサートGTEヴァリアント アドバンス」にも、他のパサートと同じく対向車や前走車を検知して配光を最適化するマトリクスLEDヘッドライト「IQ.LIGHT(アイキューライト)」が標準装備される。
「パサートGTEヴァリアント アドバンス」にも、他のパサートと同じく対向車や前走車を検知して配光を最適化するマトリクスLEDヘッドライト「IQ.LIGHT(アイキューライト)」が標準装備される。拡大
最高出力156PSの1.4リッター直4直噴ガソリンエンジンと、同116PSの電気モーターが組み合わされる「パサートGTEヴァリアント」のパワーユニット。
最高出力156PSの1.4リッター直4直噴ガソリンエンジンと、同116PSの電気モーターが組み合わされる「パサートGTEヴァリアント」のパワーユニット。拡大
「パサートヴァリアント」の荷室容量は650〜1780リッターだが、PHEV「パサートGTEヴァリアント」は483〜1613リッターとなる(欧州値)。
「パサートヴァリアント」の荷室容量は650〜1780リッターだが、PHEV「パサートGTEヴァリアント」は483〜1613リッターとなる(欧州値)。拡大
高解像度液晶ディスプレイを用いたメーター「Digital Cockpit Pro(デジタルコックピットプロ)」を標準で装備。ステアリングホイールに設けられたスイッチで、簡単に画面デザインの切り替えが行える。
高解像度液晶ディスプレイを用いたメーター「Digital Cockpit Pro(デジタルコックピットプロ)」を標準で装備。ステアリングホイールに設けられたスイッチで、簡単に画面デザインの切り替えが行える。拡大

異なる3つの走行キャラクター

マイナーチェンジにより内外装が化粧直しされたパサートGTEヴァリアントだが、プラグインハイブリッドシステムは従来どおり。走行モードは、モーターだけで走る「EVモード」と、モーターとエンジンを使う「ハイブリッドモード」、モーターとエンジンにより力強い加速を生み出す「GTEモード」を用意する。

ハイブリッドモードにおいて、充電レベルを維持したり、充電レベルを上げるために発電を多くしたりできるモードが選べるのもこれまでどおりだ。

スタートボタンを押してシステムを起動すると、自動的に走行モードはEVモードに設定される。まずはそのまま走りだすと、余裕たっぷりとはいかないが、スムーズで十分な加速をみせてくれる。EVモードの上限は130km/hで、日本の道ならEVモードだけでもストレスのないドライブが楽しめてしまう。

ハイブリッドモードでも発進はモーターが担当し、より大きな加速が必要になったり、スピードが上がったりすると主役がエンジンに切り替わる。

その際は、加速時にモーターがエンジンをアシストするおかげで、1.4リッター直4エンジン単体よりも素早く力強い加速が得られる。バッテリー残量が減ってEVモードが利用できなくなっても、このハイブリッドモードで走りが楽しめるのは見逃せない。

今回試乗した「パサートGTEヴァリアント アドバンス」のサイドビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4785×1830×1510mm、ホイールベースは2790mm。
今回試乗した「パサートGTEヴァリアント アドバンス」のサイドビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4785×1830×1510mm、ホイールベースは2790mm。拡大
新デザインのステアリングホイールや、9.2インチのタッチ式ディスプレイが採用されたコックピット。ダッシュボードセンターには、アナログ時計の代わりにバックライト付きの車名ロゴとハザードスイッチが組み込まれた。
新デザインのステアリングホイールや、9.2インチのタッチ式ディスプレイが採用されたコックピット。ダッシュボードセンターには、アナログ時計の代わりにバックライト付きの車名ロゴとハザードスイッチが組み込まれた。拡大
インフォテインメントシステムのタッチ式ディスプレイで、走行モードの切り替えや「ハイブリッドモード」時の充電レベル設定が行える。
インフォテインメントシステムのタッチ式ディスプレイで、走行モードの切り替えや「ハイブリッドモード」時の充電レベル設定が行える。拡大
シフトレバーの左サイドに、走行モード切り替えスイッチを配置。走行モードは「EVモード」「ハイブリッドモード」「GTEモード」の3種類から選択できる。
シフトレバーの左サイドに、走行モード切り替えスイッチを配置。走行モードは「EVモード」「ハイブリッドモード」「GTEモード」の3種類から選択できる。拡大

スポーティーなGTEモード

EVモードとハイブリッドモードはシフトレバー横の「E-MODE」のスイッチで切り替えるが、GTEモードはその奥にある専用ボタンを押すだけで起動可能。ハイブリッドモード同様、発進はモーターだが、すぐにエンジンが始動し、ハイブリッドモードよりもさらに強力な加速をみせる。加速時にはスポーティーなサウンドが加わり、ドライバーをその気にさせてくれる。

今回試乗したのは上級グレードの「アドバンス」で、ダンピングコントロールサスペンションの「DCC」が装着されるが、GTEモードでは明らかにハードなセッティングとなり、長時間のドライブでは疲れることも。ワインディングロードなどの走行や瞬発力が必要な場面でGTEモードを使い、それ以外はハイブリッドモードに戻すというのが、上手な使い方といえる。

その場合でも、18インチタイヤが多少重たい感じもあるが、乗り心地はおおむねマイルドで、低速から高速まで落ち着きのある挙動をみせてくれる。スポーティーなGTEモードを備えているが、EVモードやハイブリッドモードの爽快かつ快適な走りが実はうれしいパサートGTEヴァリアント。まだピュアEVは早いけれど、電動化の魅力を味わいたいという人に試してほしい一台である。

(文=生方 聡/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

「パサートGTEヴァリアント アドバンス」には、18インチサイズの専用デザインホイールとブルーのブレーキキャリパーが標準で装備される。タイヤは235/45R18サイズの「コンチネンタル・エココンタクト6」が組み合わされていた。
「パサートGTEヴァリアント アドバンス」には、18インチサイズの専用デザインホイールとブルーのブレーキキャリパーが標準で装備される。タイヤは235/45R18サイズの「コンチネンタル・エココンタクト6」が組み合わされていた。拡大
ナッパレザーの表皮が標準仕様となる「パサートGTEヴァリアント アドバンス」のシート。前席には電動調整機構とヒーターが備わり、運転席にはマッサージ機能も内蔵されている。
ナッパレザーの表皮が標準仕様となる「パサートGTEヴァリアント アドバンス」のシート。前席には電動調整機構とヒーターが備わり、運転席にはマッサージ機能も内蔵されている。拡大
前席と同じく、後席にもナッパレザーの表皮が採用されている。背もたれには40:20:40の分割可倒機構が備わる。
前席と同じく、後席にもナッパレザーの表皮が採用されている。背もたれには40:20:40の分割可倒機構が備わる。拡大
今回試乗した車両の外装色は「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」と呼ばれるオプションカラー(13万2000円)。これを含め「パサートGTEヴァリアント」には、全4種類のボディーカラーが設定されている。
今回試乗した車両の外装色は「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」と呼ばれるオプションカラー(13万2000円)。これを含め「パサートGTEヴァリアント」には、全4種類のボディーカラーが設定されている。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアント アドバンス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4785×1830×1510mm
ホイールベース:2790mm
車重:1770kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:6段AT
エンジン最高出力:156PS(115kW)/5000-6000rpm
エンジン最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/1550-3500rpm
モーター最高出力:116PS(85kW)
モーター最大トルク:330N・m(33.6kgf・m)
タイヤ:(前)235/45R18 94W/(後)235/45R18 94W(コンチネンタル・エココンタクト6)
燃費:15.9km/リッター(ハイブリッド燃料消費率、WLTCモード)
価格:683万8000円/テスト車=702万5000円
オプション装備:ボディーカラー<オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト>(13万2000円) ※以下、販売店オプション フロアマット<プレミアムクリーン>(5万5000円)

テスト車の年式:2022年型
テスト車の走行距離:599km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(7)/山岳路(0)
テスト距離:224.6km
使用燃料:14.5リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:15.4km/リッター(満タン法)/13.0 km/リッター(車載燃費計計測値)

フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアント アドバンス
フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアント アドバンス拡大
 
フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアント アドバンス(FF/6AT)【試乗記】の画像拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。