クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第238回:スーパーカーのあるべき姿

2022.08.08 カーマニア人間国宝への道

4年ぶりのフレンチスポーツ

担当サクライ君よりメールが入った。

「近いうちに『アルピーヌA110 S』にお乗りになりますか」

乗る乗る~!

新・アルピーヌが日本に上陸したのはいつのことだったか。調べてみたらちょうど4年くらい前。思えばその前年に自分は、「フェラーリ458イタリア」を降りて「328GTS」に回帰している。「もはや過剰な速さはわが人生にとって無意味ナリ!」と悟ってのことだった。

わが心境の変化とほぼ時を同じくして、小型軽量で適度なパワーのミドシップマシン、アルピーヌA110が登場したのは、わが意を得たりの感アリだった。新・アルピーヌに乗り、私は、「現代のスポーツカーにこれ以上のパワーは必要ナシ!」「アルピーヌA110こそ、今あるべきスーパーカーの姿である!」と感服した次第である。

と言う割には、アルピーヌが欲しいという思いは特に湧かず、4年前に乗ったきりでその後はトンと縁がなかった。4年ぶりに会えるのかアルピーヌよ! 成長したのかアルピーヌよ!

サクライ:300PSになりました。
オレ:出たときはもうちょっと低かったよね。
サクライ:252PSです。

そうそう。当時、これくらいが公道で楽しめる限界と思ったんだけど、それが、いつの間にか「S」がつき、300PSになったのか。それって正しいのか!? という思いも頭をかすめるが、小難しいことは乗ってから語ればヨシ!

ということで、いつものように夜8時、サクライ君がアルピーヌに乗ってやってきた。

マイナーチェンジした「アルピーヌA110」で、夜の首都高に出撃。今回は最もスポーティーなシャシーと最高出力300PSの1.8リッター直4ターボを組み合わせる「S」に試乗した。
マイナーチェンジした「アルピーヌA110」で、夜の首都高に出撃。今回は最もスポーティーなシャシーと最高出力300PSの1.8リッター直4ターボを組み合わせる「S」に試乗した。拡大
4年前、初めて「A110」に試乗した際は「現代のスポーツカーにこれ以上のパワーは必要ナシ! アルピーヌA110こそ今あるべきスーパーカーの姿である!」と感服した。ちょうど過剰な速さに意味を見いだせなくなっていたタイミングだったので、まさにわが意を得たりであった。
4年前、初めて「A110」に試乗した際は「現代のスポーツカーにこれ以上のパワーは必要ナシ! アルピーヌA110こそ今あるべきスーパーカーの姿である!」と感服した。ちょうど過剰な速さに意味を見いだせなくなっていたタイミングだったので、まさにわが意を得たりであった。拡大
アルミニウムやカーボン、マイクロファイバー「ダイナミカ」でコーディネートされたスポーティーなインテリア。シートは一脚あたり13.1kgと軽量なサベルト製モノコックバケットシートを装備している。
アルミニウムやカーボン、マイクロファイバー「ダイナミカ」でコーディネートされたスポーティーなインテリア。シートは一脚あたり13.1kgと軽量なサベルト製モノコックバケットシートを装備している。拡大
ノーマル/スポーツ/トラックの3つの走行プログラムを切り替えられるモードセレクトスイッチが、ステアリングホイールのセンター右下にレイアウトされる。
ノーマル/スポーツ/トラックの3つの走行プログラムを切り替えられるモードセレクトスイッチが、ステアリングホイールのセンター右下にレイアウトされる。拡大
アルピーヌ A110 の中古車

アルピーヌの走りは首都高にピッタリ

アルピーヌがわが家にやってくる。それは、いつもとはちょっと違う感覚だった。アルピーヌは、フェラーリ328の生まれ変わり。つまり“来世“が家にやってくる。そんな気がしたからである。

アルピーヌをガレージの328の横に並べると、“来世”はだいぶ全高が高い。A110 Sは1250mm、328は1120mm。全長はだいたい同じだが、これだけ高さが違うと、だいぶコロコロして見える。

ところが車両重量は、A110 Sのほうが200kgくらい軽い。328の車両重量が諸説あってよくわからないのだが、とにかくかなり軽い。1980年代の名車よりも軽いなんてスゲエ! 328が意外と重いってのもあるが、とにかくソンケーである。

そして馬力は、アルピーヌA110 Sの300PSに対して、328は270PS。直4ターボとV8自然吸気の違いはあるが、パワーが近いエンジンの横置きミドシップというだけで、「他人じゃないぜ!」という気持ちになる。よし、行くぜアルピーヌよ! 夜の首都高で試してやるぜ!

走りだして数十m。

オレ:サクライ君、乗り心地がいいね!
サクライ:いえ、これはSなので硬くて一部で不評です。その点、「GT」はものすごく乗り心地が良くて最高です。
オレ:そうなの!? これで硬いの!? これ以上乗り心地が良かったら、シトロエンになっちゃわない!?
サクライ:シトロエン、最高ですね。

サクライ君はそう言うが、アルピーヌA110 Sも十分最高だ。低速域では多少路面からの突き上げもあるが、首都高に乗って速度を上げると、ほぼフラットライドに変身した。ルノー・スポールのエンジニアは首都高でもテストしていると聞くが、まさに首都高にピッタリだぜアルピーヌよ! コーナリングもスバラシイ! これを「足が硬い」とか「GTはもっとラクチン」とか言ってるフヌケはどこのどいつだ! そんなヤツはシトロエンとか、プジョーの猫足にでも乗ってろや! そっちも好きだけど!

ガレージの「フェラーリ328」と「アルピーヌA110 S」を並べてみた。全長はだいたい同じだが、全高はA110 Sのほうが130mmも高いので、だいぶコロコロして見える。ちなみに今回試乗した車両のボディーカラーは、「オランジュ フーM」と呼ばれる27万円の有償色だった。
ガレージの「フェラーリ328」と「アルピーヌA110 S」を並べてみた。全長はだいたい同じだが、全高はA110 Sのほうが130mmも高いので、だいぶコロコロして見える。ちなみに今回試乗した車両のボディーカラーは、「オランジュ フーM」と呼ばれる27万円の有償色だった。拡大
「アルピーヌA110 S」は1.8リッター直4ターボで300PS。対する「フェラーリ328」は3.2リッターV8自然吸気で270PS。パワーが近いエンジンの横置きミドシップというだけで、どこかシンパシーを感じる。今夜は、そんなA110の走りを首都高で試してやる!
「アルピーヌA110 S」は1.8リッター直4ターボで300PS。対する「フェラーリ328」は3.2リッターV8自然吸気で270PS。パワーが近いエンジンの横置きミドシップというだけで、どこかシンパシーを感じる。今夜は、そんなA110の走りを首都高で試してやる!拡大
いつもの辰巳PAは、平日の夜とあってかガラガラだった。せっかくなので4年ぶりとなる「アルピーヌA110」試乗記念として、「Aのポーズ」をキメてみた。ポーズ自体はもちろんオリジナルである。
いつもの辰巳PAは、平日の夜とあってかガラガラだった。せっかくなので4年ぶりとなる「アルピーヌA110」試乗記念として、「Aのポーズ」をキメてみた。ポーズ自体はもちろんオリジナルである。拡大
フロントに容量100リッター、リアに同96リッターのラゲッジスペースが備わる。フロントの荷室は少し浅めの形状だが、2シーターのミドシップスポーツカーとしては荷室が用意されているだけでもありがたい。
フロントに容量100リッター、リアに同96リッターのラゲッジスペースが備わる。フロントの荷室は少し浅めの形状だが、2シーターのミドシップスポーツカーとしては荷室が用意されているだけでもありがたい。拡大

土俵際でプジョーの猫足がうっちゃり

やっぱりこれが今あるべきスーパーカーの理想形だ! もうフェラーリやランボルギーニは古いのだけあればヨシ! 新しいのは押し入れにでもしまっとけ!

ふと前を見ると、左右に横一文字のテールランプが。

オレ:あれはアウディ?
サクライ:たぶん「ポルシェ911」ですね。
オレ:ホントだ。ずいぶんゆっくり走ってる。

他にライバルっぽいクルマもいないので、わがアルピーヌは、911の後方でいつでも撃墜できる体勢をとりつつ、急カーブでだけ「見せてやるぜ、ユーとミーのテクニックの差をな!」と叫びなら前に出たりしていたが、だんだん面白くなくなってきた。

オレ:サクライ君、このクルマ、なんにもしなくても曲がるね。
サクライ:はい、ハンドルを切れば。
オレ:荷重移動とか、なんにもいらないんだね。
サクライ:いりませんね。最近、そんなことした覚えがありません。
オレ:ATだし、なんにもやることがないよ!
サクライ:そうですか?
オレ:スッポン丸(328GTS)は違うよ! ちゃんと荷重移動しないとまるっきり曲がらないし、ブレーキだって、いつもコーナー手前で「抜けたかぁっ!?」ってビビるしさ!
サクライ:古いですからね。
オレ:これじゃ運転が簡単すぎる! これならシトロエンとか、プジョーの猫足に乗ってたほうがよくない?
サクライ:猫足には賛成です。

ということで、逆転でアルピーヌよりもプジョーの猫足! と決まったのだった。猫足最高!

(文=清水草一/写真=清水草一、webCG/編集=櫻井健一)

「アルピーヌA110 S」はかなり乗り心地が良かった。一部には「硬い」と不評らしいが、首都高に乗って速度を上げるとほぼフラットライドに変身。ルノー・スポールのエンジニアは首都高でもテストしているらしく、さすがの仕上がりだった。
「アルピーヌA110 S」はかなり乗り心地が良かった。一部には「硬い」と不評らしいが、首都高に乗って速度を上げるとほぼフラットライドに変身。ルノー・スポールのエンジニアは首都高でもテストしているらしく、さすがの仕上がりだった。拡大
首都高KK線で展示走行をキメていると、前方にゆっくり走る「ポルシェ911」を発見。ペースを合わせ、いつでも撃墜できる体勢をとりつつ追いかけることにした。
首都高KK線で展示走行をキメていると、前方にゆっくり走る「ポルシェ911」を発見。ペースを合わせ、いつでも撃墜できる体勢をとりつつ追いかけることにした。拡大
「A110 S」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4205×1800×1250mm、ホイールベース=2420mm。この数値はマイナーチェンジ前のモデルと同一となる。
「A110 S」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4205×1800×1250mm、ホイールベース=2420mm。この数値はマイナーチェンジ前のモデルと同一となる。拡大
給油を促す警告灯が点灯したため、首都高での試乗を終えセルフガソリンスタンドで燃料を補給。「ポルシェ911」などと同じく、給油口がフロント側に設置されているのも「A110」の特徴だ。今回は容量45リッターの燃料タンクに対して、42リッターものハイオクガソリンを飲み込んだ。
給油を促す警告灯が点灯したため、首都高での試乗を終えセルフガソリンスタンドで燃料を補給。「ポルシェ911」などと同じく、給油口がフロント側に設置されているのも「A110」の特徴だ。今回は容量45リッターの燃料タンクに対して、42リッターものハイオクガソリンを飲み込んだ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アルピーヌ A110 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。