クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

“ドル箱SUV”にあらず! 「フェラーリ・プロサングエ」誕生の真意に迫る

2022.09.26 デイリーコラム

ポルシェのやり方とは違う

フェラーリがSUVをつくる。うわさが確定的になった時、筆者は一つ勘違いをしていた。ついにフェラーリも、SUVで大いにもうけて純増分の利益を使ってこれから一層困難を極めるに違いないスポーツカーの開発にあて込む、いわゆる“ポルシェ型SUVビジネス”にまい進するのだと勝手に思い込んでいたのだ。ハイエンドスポーツカーブランドがつくるSUVと聞いただけで、そう思ってしまうのだから逆に言うとポルシェの成功はすさまじかった。実際、同じビジネスモデルでランボルギーニやアストンマーティンは大成功をおさめている。

だからピサ郊外の野外劇場でそのワールドプレミアを控えた前週にマラネッロを訪れた時もまだ、今や広大になったフェラーリファクトリーの正門に立って、「『プロサングエ』はどこでつくるんだろう?」などと間抜けな質問が頭の中を渦巻いていた。

12気筒を積むらしい。かなり前からその情報をつかんでいながら、ポルシェビジネス的な路線の思考だけ頭から離れなかった。12気筒はきっと限定モデルで、すぐに量販グレード、例えばV6ハイブリッドを投入するものとばかり思っていた。実際、プリオーダーの段階でほとんど完売に近い状態だと聞いてもいたから、12気筒は限定だと勘違いしていたのだ。

完売状態という情報は正しかった。けれどもそのレベルが違った。フェラーリ史上、最高のプレオーダーを受けているのだという。要するに限定車ではないけれど、プロサングエに限らずマラネッロの各モデルには年間生産台数の縛りがあって、その計画年数分に近いオーダーがすでに殺到してしまった、というわけだ。

2022年9月13日に世界初公開された、フェラーリ初の量産型4ドアモデル「プロサングエ」。その車名は、イタリア語で「サラブレッド(純血)」を示す。
2022年9月13日に世界初公開された、フェラーリ初の量産型4ドアモデル「プロサングエ」。その車名は、イタリア語で「サラブレッド(純血)」を示す。拡大
ドアはいわゆる「観音開き」で、リアドアは後ろヒンジになっている。開口部の中間には、高強度スチールのBピラーが設けられている。
ドアはいわゆる「観音開き」で、リアドアは後ろヒンジになっている。開口部の中間には、高強度スチールのBピラーが設けられている。拡大
フロントドアの開度は63度。リアドアのほうが最大79度と、大きく開く。
フロントドアの開度は63度。リアドアのほうが最大79度と、大きく開く。拡大
ほぼ対称なラインを描く「プロサングエ」のインストゥルメントパネル。助手席前方にも液晶モニターが配置される。
ほぼ対称なラインを描く「プロサングエ」のインストゥルメントパネル。助手席前方にも液晶モニターが配置される。拡大
フェラーリ の中古車

極めて保守的な進化

プロサングエはある意味、マラネッロにおいては恐ろしく保守的なモデルだといっていい。つまり、SUVのようなスタイルをした4ドア4シーターモデルではあるけれども、それはあくまでもフェラーリのスポーツカーであり、フェラーリのスポーツカーである限り、前モデル、例えば「FF」や「GTC4ルッソ」といった4シーターシューティングブレークを上回るスポーツカー性能を持たなければならなかった。そしてマラネッロは、それを背の高い4ドアモデルで実現しようとした。ちなみに勘違いされないように念押しすると、歴史的にスポーツカーメーカーであり続けたマラネッロにおける保守的な進化とはつまり、ゼネラルブランドにとっての革新的な変化と同意であることも忘れてはいけない。

マラネッロはプロサングエのために新たな工場やラインなどそもそも必要としなかったのだ。大量につくるつもりなどなかった。筆者は首脳陣に向かって間抜けにも「どこでつくるの?」と尋ねてしまったが、何を今更とばかりに「既存の12気筒ラインだ」とあっさりとした回答を受け取っている。その意味するところはすなわち、現在、「812コンペティツィオーネ」をつくっている2階のアッセンブリー工場(1階はV6モデルやV8モデル)でプロサングエは生産され、12気筒エンジンも敷地内のエンジン工場(クランクシャフトなど特殊なパーツを除きすべて自社生産だ)の一角で、いわゆるワンマン・ワンエンジン方式で入念に組み立てられるということだ。

だから、生産台数は頑張っても年間総数のおよそ2割、台数で言えばおそらく2000台くらいだろう。エクスクルーシブ性は完全に保たれる(だからこそ向こう何年分ものプレオーダーが入った)。売れるだけつくるというビジネスモデルでないことは確かで、これではいかに欧州でのスタート価格が39万ユーロの高額車であっても、「ウルス」や「DBX」のように大きくもうけることなどできない。そもそもプラットフォームやエンジンは自社製でほとんど新開発なのだから、仮に大量につくれたとしても、他ブランドほどの利益など見込めないのだが。

ホイールハウスのリムにはSUV的な塗り分けが見られるが、フェラーリの定義ではあくまで「スポーツカー」。これまでの跳ね馬と同じである。
ホイールハウスのリムにはSUV的な塗り分けが見られるが、フェラーリの定義ではあくまで「スポーツカー」。これまでの跳ね馬と同じである。拡大
コックピット周辺のデザインは、プラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」のものに着想を得ているという。
コックピット周辺のデザインは、プラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」のものに着想を得ているという。拡大
フロントの後方、バルクヘッドに近い位置にマウントされる6.5リッターV12自然吸気エンジン。最高出力725PS、最大トルク716N・mを発生する。
フロントの後方、バルクヘッドに近い位置にマウントされる6.5リッターV12自然吸気エンジン。最高出力725PS、最大トルク716N・mを発生する。拡大
「プロサングエ」の全幅は2m超えの2028mm。ホイールベースは3mオーバー(3018mm)となる。
「プロサングエ」の全幅は2m超えの2028mm。ホイールベースは3mオーバー(3018mm)となる。拡大

期待の高まる新機軸

ちなみにマラネッロには今、新たに整備中のエリアがある。一つは隣接する土地を買収し、更地になっていた。近隣の巨大なセメント工場跡地も買収済みだ。前者では電気自動車用のエンジニアリングを行うという。彼らはモーターやバッテリーへの関わりも深めていくという。後者はアッセンブリー用か? ひょっとすると将来的にもっと売れるモデルの開発も進んでいるのかもしれない。なんと言ってもこの5年の間に15のニューモデルを出すと彼らは宣言しているのだから。

閑話休題。繰り返しになるが、今回、フェラーリは「フェラーリ」をつくった。昔から4シーターの需要が堅実にあり、4ドアを望む声も少なからずあったらしい。エンツォの時代にはピニンファリーナとプロトタイプもつくっているし、SUVブーム到来以降も幾度となく検討はされたという。しかし最終的には、背の高いモデルを他のスポーツカーのように走らせる技術がなかった。逆に言うと今回それができたのは、アクティブサスペンションやエアロダイナミクス、パワートレインレイアウト、マルチマテリアルボディーなど各分野で独自の先端技術的結集が計算でき、その結晶がまさにマラネッロ製としてふさわしいスポーツカーとして成立すると経営陣が判断したからだった。ちなみにこのプロジェクトを積極的に後押ししたのは、副社長でエンツォの息子であるピエロ・フェラーリその人だったという。

フェラーリは他のブランドのように、新たに工場をつくってまでもうかるSUVなどそもそもつくる必要がなかったのだ。株価も高く安定している(調子が悪いのはF1のチームマネージメントだけだ)。マラネッロ初の4ドア4シーターは、4つのすべての席でフェラーリらしさを体感できる完全に新しいカテゴリーのクルマだった。

そのスタイリングからSUVであると分類すること自体は間違っていないだろう。カテゴライズなどはしょせん、後づけだ。SUVそのものの定義も実はあやふやだろう。けれどもプロサングエの中身は既存のSUVとはありとあらゆる意味で一線を画す存在になることは間違いなさそうだ。試乗がこんなにも楽しみな“背の高いクルマ”は初めてである。

プロサングエ。何よりも純血種=サラブレッドという名前が、このクルマの真実をハナから物語っていたのである。あえて言おう。フェラーリの“SUV”は完全にユニークな存在であった。そしてマラネッロがこのモデルをピュアなスポーツカーと言うのであれば当然、別の期待も膨れ上がるではないか。「812スーパーファスト」には「GTS」があった。コンペティツィオーネも出た。プロサングエにはどうだろう?

(文=西川 淳/写真=フェラーリ/編集=関 顕也)

キャビン後半には、大人がきちんと座れるだけの空間とシートが用意されている。左右席間には、操作パネル付きのセンターコンソールも。
キャビン後半には、大人がきちんと座れるだけの空間とシートが用意されている。左右席間には、操作パネル付きのセンターコンソールも。拡大
リアシートはヒーター付き。リクライニングも可能で、背もたれを前方に倒せば荷室の容量を拡大できる。
リアシートはヒーター付き。リクライニングも可能で、背もたれを前方に倒せば荷室の容量を拡大できる。拡大
「プロサングエ」のシャシー。新開発のアクティブサスの働きにより、コーナリング中の姿勢やロールセンターが適切にコントロールされる。
「プロサングエ」のシャシー。新開発のアクティブサスの働きにより、コーナリング中の姿勢やロールセンターが適切にコントロールされる。拡大
「プロサングエ」のデリバリーは、2023年の第2四半期に始まる見込み。欧州市場における価格は、39万ユーロ(約5600万円)になるという。
「プロサングエ」のデリバリーは、2023年の第2四半期に始まる見込み。欧州市場における価格は、39万ユーロ(約5600万円)になるという。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フェラーリ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。