三菱アウトランダーP(前編)

2022.09.29 あの多田哲哉の自動車放談 元トヨタのチーフエンジニア多田哲哉さんが今回試乗したのは、三菱の顔ともいえるSUV「アウトランダー」。持てる技術を満載したプラグインハイブリッド車に対する、専門家の評価やいかに?

技術の差よりも思想の違い

アウトランダーをひとしきり走らせた多田さんは、笑顔で降りてきた。アウトランダー独自の「ターマックモード」も堪能した様子である。ターマックモードとは、その名のとおり、グリップの高い舗装路で最大限のコーナリング性能を発揮する4WDモードだ。

「これはこれで確かに面白い。例えばサーキット試乗会なんかで走ったら、もっともっと、単純に楽しめると思います」

まずはそう評した多田さんが語りはじめたのは三菱の4WD技術についてだ。
「『ギャラン』で始まったころの三菱4WD制御は、確かに非常に進んでいました」

ここで多田さんの言うギャランは1987年に発売された6代目のこと。ギャランで初めてFFレイアウトを採用して、同時に最高出力200PS超のターボエンジンとフルタイム4WDを搭載した「VR-4」を設定したモデルだ。

当時の日本車といえば、ギャランに限らず「トヨタ・セリカGT-FOUR」に「日産ブルーバードSSSアテーサ」「マツダ・ファミリアGT-X」、そしてスバルも初代「レガシィ」を発売するなど、フルタイム4WDのスポーツモデルが百花繚乱(りょうらん)の時代だった。当時は世界ラリー選手権(WRC)も市販車ベースのグループAマシンで争われており、これらの日本車もこぞってWRCに参戦していた。

「ただ、その後は各社もどんどん追いついていきました。ESCにABS、トラクションコントロールなどを統合制御してクルマを曲げるような技術も、今では大なり小なり、すべてのメーカーがやっています。松・竹・梅……と3種類くらいの4WD制御は各社とも取りそろえていて、各社の松=トップエンド4WDともなれば、メーカーごとの技術レベルの差はほとんどないといっていいでしょう」

 
三菱アウトランダーP(前編)の画像拡大
 
三菱アウトランダーP(前編)の画像拡大
 
三菱アウトランダーP(前編)の画像拡大
 
三菱アウトランダーP(前編)の画像拡大
関連記事
  • 三菱アウトランダーP(4WD)【試乗記】 2022.3.14 試乗記 「やれることは全部やりました」とばかりにすべてが刷新され、先代モデルとは別物のように進化した新型「三菱アウトランダー」。まさにフルスイングだ。ただし、野球の心得がある人ならご存じの通り、フルスイングには多少の欠点がつきものでもある。
  • プジョー308SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2022.11.26 試乗記 方々で好評な新型「プジョー308」ではあるものの、バカンスの国のニューモデルなら、やはりステーションワゴンに乗らなければ始まらない。プラグインハイブリッドパワートレインを積んだ最上級モデル「308SW GTハイブリッド」を試す。
  • フォルクスワーゲンID.4プロ ローンチエディション(RWD)【試乗記】 2022.11.22 試乗記 フォルクスワーゲンの電気自動車「ID.4」が、いよいよ日本の道を走り始めた。これまでの「ゴルフ」のポジションを担うスタンダードモデルの導入だけに、いわば“黒船襲来”級の事件なわけだが、果たしてその仕上がりはどんなものか。
  • ケータハム・セブン170S(FR/5MT)【試乗記】 2022.11.23 試乗記 スズキのパワートレインを搭載した軽のケータハム(ダジャレじゃないよ!)が、「セブン170S」に進化。新エンジンを得た660ccのセブンは、従来モデルからどこが変わり、なにを受け継いだのか? 超軽量マシンがかなえる、ドライビングの原初のよろこびに触れた。
  • 三菱アウトランダーP(4WD)【試乗記】 2022.2.16 試乗記 生まれ変わった「三菱アウトランダー」で冬の信州路へ。すべてが新しくなったというプラグインハイブリッドシステムや三菱独自の四輪制御技術「S-AWC」の実力を、リアルな環境の雪道で試してみた。
ホームへ戻る