新型「ゴルフR」「ゴルフRヴァリアント」が日本上陸 2リッターターボエンジンは最高出力320PSを発生

2022.10.04 自動車ニュース
新型フォルクスワーゲン・ゴルフR
新型フォルクスワーゲン・ゴルフR拡大

フォルクスワーゲン ジャパンは2022年10月4日、「ゴルフ」「ゴルフ ヴァリアント」のフラッグシップモデル「ゴルフR」「ゴルフRヴァリアント」の国内導入を発表し、同日販売を開始した。

 
新型「ゴルフR」「ゴルフRヴァリアント」が日本上陸 2リッターターボエンジンは最高出力320PSを発生の画像拡大
 
新型「ゴルフR」「ゴルフRヴァリアント」が日本上陸 2リッターターボエンジンは最高出力320PSを発生の画像拡大
 
新型「ゴルフR」「ゴルフRヴァリアント」が日本上陸 2リッターターボエンジンは最高出力320PSを発生の画像拡大
 
新型「ゴルフR」「ゴルフRヴァリアント」が日本上陸 2リッターターボエンジンは最高出力320PSを発生の画像拡大
 
新型「ゴルフR」「ゴルフRヴァリアント」が日本上陸 2リッターターボエンジンは最高出力320PSを発生の画像拡大

新型フォルクスワーゲン・ゴルフR/ゴルフRヴァリアントは先代モデルよりも10PSと20N・m強力な最高出力320PS/5350-6500rpm、最大トルク420N・m/2100-5350rpmの2リッター直4ターボエンジンを搭載。駆動方式は「4MOTION」=4WDで、変速機は7段のデュアルクラッチ式ATが組み合わされる。ブレーキは1インチ大きい18インチ用のシステムを採用し、制動力も強化。ランニングギアの大幅な改良を図ったほか、リアアクスルの2つの多板クラッチによって左右後輪間のトルク配分をコントロールしてコーナリング性能を高める「Rパフォーマンストルクベクタリング」や、電子制御式デフロック「XDS」とアダプティブシャシーコントロール「DCC」、さらにRパフォーマンストルクベクタリングを統合制御することでドライビングダイナミクスと快適性を高次元で両立する「ビークルダイナミクスマネージャー」を搭載している。

エクステリアにはR専用デザインのバンパーを採用。ボディー同色の専用サイドシルを装備するほか、グロスブラックのリアディフューザーと4本出しのエキゾーストパイプによってスポーティーな雰囲気を演出する。

インテリアにはカーボン調のデコラティブパネルのほか、ブルーの「R」ロゴをあしらった専用のヘッドレスト一体型トップスポーツシートを採用。デジタルメータークラスター「デジタルコックピットプロ」はドライブモードの「スポーツ」または「レース」(R専用)を選択した場合にR専用表示が可能となっている。

ボディーカラーは「ピュアホワイト」「ディープブラックパールエフェクト」に有償色の「ラピスブルーメタリック」(3万3000円)を加えた全3色展開。価格はゴルフRが639万8000円で、ゴルフRヴァリアントが652万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフ, ゴルフヴァリアント, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース