セダンの「インプレッサWRX STI」発売

2010.07.01 自動車ニュース

4ドア版「スバル・インプレッサWRX STI」発売

富士重工業は2010年7月1日、ハイパフォーマンスモデル「スバル・インプレッサWRX STI」をマイナーチェンジ。新たに4ドアモデルも追加し、発売した。

■3年目の新登場

既報のとおり、2010年4月のニューヨークショーでお披露目された4ドア版の「スバル・インプレッサWRX STI」が日本で発売された。

2007年6月のフルモデルチェンジで、(日本仕様の)インプレッサのボディ形状が4ドアセダンから5ドアハッチバックに変更されてから3年。ファンにとっては“ようやくのデビュー”となる。

ラインナップは、5ドア版と同様、2リッターの水平対向4気筒ターボエンジン(308ps、43.0kgm)と6段MTを組み合わせる「WRX STI」に、2.5リッターターボ(300ps、35.7kgm)+5段ATの「WRX STI A-Line」の2本立て。
どちらも5ドアに比べて空力性能でアドバンテージがあるというのがセリングポイントで、よりパフォーマンス志向の強いユーザーをターゲットとするMTモデルには、大型のリアウィングが装着される。

価格は、「インプレッサWRX STI」が373万8000円で、「同WRX STI A-Line」が315万円だ。

■シリーズ全体、走りにテコ入れ

今回、新たな4ドア版も含めて「WRX STI」シリーズ全体にテコ入れが実施された。
エクステリアは、バンパー下端をリップスポイラー形状とし、グリルとバンパーの開口部を大型化するなど、フロントまわりを中心に化粧直し。
インテリアも、ドアトリムやステアリングの加飾部、インストゥルメントパネルの色をダークキャストメタリックとし、スポーティなコクピットを演出したという。
また、AT仕様の「WRX STI A-Line」には、4ドア、5ドアともに、茶系の「プレミアムタンインテリア」がオプションで用意された。

機能面の刷新も抜かりない。
フロントサスペンションのロアアームを新設計し、そのリア側のブッシュはピロボールタイプに変更。リアもサブフレームのブッシュを変更するなどし、ハンドリング性能の向上が図られた。
さらに、MTモデルは前後のコイルスプリングとスタビライザーの仕様を変更。ATモデルもリアのコイルスプリングを改め、さらにそれぞれのダンパーの減衰力を最適化し、路面追従性を高めたという。

5ドア版の価格は、「インプレッサ WRX STI」が368万5500円、「同WRX STI A-Line」が315万円となっている。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサWRX STI(4ドア)」
「スバル・インプレッサWRX STI(4ドア)」 拡大
「スバル・インプレッサWRX STI(4ドア)」
「スバル・インプレッサWRX STI(4ドア)」 拡大
こちらはATモデルの「WRX STI A-Line」。リアにウイングは備わらない。
こちらはATモデルの「WRX STI A-Line」。リアにウイングは備わらない。 拡大
ATモデルにオプションで用意される、「プレミアムタンインテリア」。
ATモデルにオプションで用意される、「プレミアムタンインテリア」。 拡大

関連キーワード:
インプレッサ, スバル, 自動車ニュース

スバル インプレッサ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • 三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.13 試乗記 フルモデルチェンジで2代目に進化した、三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」に試乗。内外装の質感向上や装備の充実に加え、後席の居住性や利便性を追求したという新型の仕上がりを市街地と高速道路を舞台に確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • 2019ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2019.10.1 試乗記 TRD、STI、NISMO、無限と、メーカーのモータースポーツ活動やアフターパーツの開発を担う4つの“ワークス”が合同試乗会を開催。まずはTRDが手がけた「スープラ」と「プリウス」、STIの用品を装着した「フォレスター」と「インプレッサスポーツ」の走りを報告する。
ホームへ戻る