アウディ「A5」「A6」「TT」の装備が充実

2009.08.26 自動車ニュース

アウディ「A5」「A6」「TT」の装備が充実

アウディ・ジャパンは、アウディ「A5」「A6」「TT」シリーズの仕様・装備を充実させ、2009年8月25日に発売した。

■「A5」3.2FSIクワトロの燃費が12%アップ

A5には、新デザインの小型ドアミラーとLEDリアコンビネーションランプが採用された。また、レーダーセンサーにより併走車の存在を検知し、光でドライバーに知らせる「アウディサイドアシスト」が、アダプティブクルーズコントロールとのセットオプションで設定された。

「3.2FSIクワトロ」は、10・15モード燃費が従来比で12%改善され、10.4km/リッターとなった。いっぽう高性能モデルの「S5」は、後輪左右にかかる駆動力配分をコンスタントに最適化する「リアスポーツディファレンシャル」と、新意匠の小型ドアミラーが標準装備された。

価格は、A5 3.2FSIクワトロとS5のみ新価格が適用され、その他のモデルは据え置きとされた。A5が582.0万円(2.0TFSIクワトロ)から708.0万円(3.2FSIクワトロ)、S5は889.0万円。

■「A6」カーナビがDVD式からHDD式に進化

A6、S6、RS6は、セダン、アバントともにカーナビが従来のDVD式から、高解像度ディスプレイ、Bluetooth、ハンズフリー機能を備えるHDD式に変更された。

価格は、全モデル据え置き。A6が645.0万円(セダン 2.8FSIクワトロ)から893.0万円(アバント 3.0TFSIクワトロS-line)。S6は、セダンが1228.0万円、アバントは1260.0万円。RS6は、セダンが1645.0万円、アバントは1680.0万円。

■「TT」価格据え置きのまま仕様、装備が充実

TTは、「クーペ 2.0TFSI」にバイキセノンヘッドライト、自動ヘッドライトハイトコントロール、ヘッドライトウォッシャー、自動防眩ルームミラー、レインセンサー、オートライトが標準装備された。また、「ロードスター 2.0TFSI」は、ソフトトップカラーにベージュが新設定。高性能版「TTSクーペ」は、右ハンドルも選べるようになった。

価格は、全モデル据え置かれた。クーペが444.0万円(2.0TFSI)と504.0万円(2.0TFSIクワトロ)。ロードスター(2.0TFSI)は496.0万円。TTSクーペは687.0万円。

(webCG 曽宮)

A5
A5 拡大
A5
A5 拡大
A6
A6 拡大
TTロードスター
TTロードスター 拡大

関連キーワード:
A5, A6, TTクーペ, S5, A6アバント, S6, RS 6, RS 6アバント, S6アバント, TTSロードスター, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • アウディSQ2(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.12 試乗記 アウディのコンパクトSUV「Q2」のラインナップに、動力性能を高めた「S」モデル「SQ2」が登場。小柄なボディーに最高出力300PSの高出力ターボエンジンと「クワトロ」フルタイム4WDを押し込んだハイパフォーマンスSUVは、いかなる走りを見せるのか?
  • 「アウディR8スパイダー/TT RSクーペ/RS 3セダン」発表会の会場より 2017.3.28 画像・写真 アウディ ジャパンが新型「R8スパイダー」「TT RSクーペ」「RS 3セダン」の3車種を発表。アウディのモータースポーツ活動を担うアウディスポーツ社が手がけた高性能モデルで、5月から7月に順次発売される。各モデルの姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る