アウディ「A5」「A6」「TT」の装備が充実

2009.08.26 自動車ニュース

アウディ「A5」「A6」「TT」の装備が充実

アウディ・ジャパンは、アウディ「A5」「A6」「TT」シリーズの仕様・装備を充実させ、2009年8月25日に発売した。

■「A5」3.2FSIクワトロの燃費が12%アップ

A5には、新デザインの小型ドアミラーとLEDリアコンビネーションランプが採用された。また、レーダーセンサーにより併走車の存在を検知し、光でドライバーに知らせる「アウディサイドアシスト」が、アダプティブクルーズコントロールとのセットオプションで設定された。

「3.2FSIクワトロ」は、10・15モード燃費が従来比で12%改善され、10.4km/リッターとなった。いっぽう高性能モデルの「S5」は、後輪左右にかかる駆動力配分をコンスタントに最適化する「リアスポーツディファレンシャル」と、新意匠の小型ドアミラーが標準装備された。

価格は、A5 3.2FSIクワトロとS5のみ新価格が適用され、その他のモデルは据え置きとされた。A5が582.0万円(2.0TFSIクワトロ)から708.0万円(3.2FSIクワトロ)、S5は889.0万円。

■「A6」カーナビがDVD式からHDD式に進化

A6、S6、RS6は、セダン、アバントともにカーナビが従来のDVD式から、高解像度ディスプレイ、Bluetooth、ハンズフリー機能を備えるHDD式に変更された。

価格は、全モデル据え置き。A6が645.0万円(セダン 2.8FSIクワトロ)から893.0万円(アバント 3.0TFSIクワトロS-line)。S6は、セダンが1228.0万円、アバントは1260.0万円。RS6は、セダンが1645.0万円、アバントは1680.0万円。

■「TT」価格据え置きのまま仕様、装備が充実

TTは、「クーペ 2.0TFSI」にバイキセノンヘッドライト、自動ヘッドライトハイトコントロール、ヘッドライトウォッシャー、自動防眩ルームミラー、レインセンサー、オートライトが標準装備された。また、「ロードスター 2.0TFSI」は、ソフトトップカラーにベージュが新設定。高性能版「TTSクーペ」は、右ハンドルも選べるようになった。

価格は、全モデル据え置かれた。クーペが444.0万円(2.0TFSI)と504.0万円(2.0TFSIクワトロ)。ロードスター(2.0TFSI)は496.0万円。TTSクーペは687.0万円。

(webCG 曽宮)

A5
A5 拡大
A5
A5 拡大
A6
A6 拡大
TTロードスター
TTロードスター 拡大

関連キーワード:
A5, A6, TTクーペ, S5, A6アバント, S6, RS 6, RS 6アバント, S6アバント, TTSロードスター, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTT RSクーペ 2020.12.28 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> スーパーカー顔負けのパフォーマンスを誇る「アウディTT RSクーペ」が、極めて優れたスプリンターなのは間違いない。そして、そのステアリングを握ったドライバーは、アウディが長年培ってきた情熱と個性にも心を動かされることだろう。
  • アウディTT RSクーペ/RS 3セダン/RS Q3/R8クーペ【試乗記】 2020.12.16 試乗記 アウディのモータースポーツ活動を担い、そこで得た知見をもとに特別なハイパフォーマンスモデルを開発するアウディスポーツ。彼らが手がけた3台のRSモデル「TT RS」「RS 3セダン」「RS Q3」と、スーパーカー「R8」を、富士スピードウェイで試した。
  • デビュー20周年を記念した「アウディTT」の限定車発売 2019.4.24 自動車ニュース アウディ ジャパンは、「TT/TTS/TTロードスター」のマイナーチェンジモデルを2019年5月9日から順次発売する。あわせてTTのデビュー20周年を記念した特別仕様車「TT 20 years」を発表、同年6月10日に20台の台数限定で販売を開始する。
  • 「アウディTT」にスポーティーな装いの限定モデル「Sライン コンペティション」登場 2020.6.16 自動車ニュース アウディのコンパクトスポーツクーペ「TT」に、150台の限定モデル「Sライン コンペティション」が登場。「アウディ・クワトロ」の誕生40周年を記念して設定されたモデルで、よりスポーティーに仕立てられた内外装を特徴としている。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
ホームへ戻る