キャデラック2モデルがマイナーチェンジ

2012.01.23 自動車ニュース

GMジャパン、キャデラック「CTS」と「SRXクロスオーバー」をマイナーチェンジ

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2012年1月23日、キャデラックの「CTS」と「SRXクロスオーバー」にマイナーチェンジを実施して発売した。これら2モデル(「CTS-V」を除く)にはエコカー補助金が適用される予定。

今回のマイナーチェンジで、「CTS」シリーズに搭載される3.6リッターV6エンジンは最高出力が311psから322psへ強化された。また、ヘッドまわりの設計の見直しや新素材の採用などによってエンジンの重量が約10kg軽くなった。これにより、ハンドリングが従来より軽快になっているという。

外観では、縦方向のリブを際立たせた新デザインのフロントグリルや、より立体的なキャデラックのエンブレムを採用。これにより、精悍(せいかん)な印象を与えるフロントエンドとした。
また、アクティブ・フロントヘッドレストとレインセンスワイパーを追加したほか、CTSクーペとCTS-Vクーペにはサイドブラインドゾーン・アラートシステムを採用した。新色ボディーカラー(ブラック・ダイヤモンドとオピュレント・ブルー・メタリック)も設定した。価格は490万円(CTSスポーツセダン 3.0スタンダード)から872万円(CTS-Vセダン)。

一方、「SRXクロスオーバー」には今回新たにステアリングヒーターとドアロック解除スイッチを追加した。また新色のボディーカラー(キセノン・ブルー)も用意した。価格は549万円(ラグジュアリー)と599万円(プレミアム)。

2モデルとも、3リッターと3.6リッターのV6エンジン搭載車については、エコカー補助金(10万円)の対象予定車となった。

(webCG 竹下)

「キャデラックCTS」北米仕様車
「キャデラックCTS」北米仕様車 拡大
「キャデラックSRXクロスオーバー」北米仕様車
「キャデラックSRXクロスオーバー」北米仕様車 拡大

関連キーワード:
CTSセダン, SRXクロスオーバー, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック CTSセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.14 試乗記 キャデラックの新しいフラッグシップセダンにして、新世代製品群の第1弾である「CT6」。新開発のプラットフォームと高出力のV6エンジン、後輪操舵をはじめとした姿勢制御システムがかなえる、他のフルサイズセダンとは一味違う走りをリポートする。
  • キャデラックATS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.13 試乗記 470psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載するコンパクトキャデラック、「ATS-V」に試乗。キャディとてSUVが人気のこの時代、ど真ん中のセダンで勝負するこのコンパクトモンスターは、とびきり男前な一台といえるかもしれない。
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
ホームへ戻る