メルセデス・ベンツCLに予防安全システム搭載

2012.02.13 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCL」に最新の予防安全システム搭載

メルセデス・ベンツ日本は2012年2月13日、ラクシャリークーペ「CLクラス」にレーダーを用いた最新の予防安全システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備し、発売した。

この装備は、車両の前後左右に装備されたレーダーを用いて、周囲の車両や障害物を検知し、必要に応じて自動的にブレーキを作動させ衝突の危険性を低減する最新の予防安全システム。
車両前方中央に77GHz帯ミリ波レーダー、前後左右に24GHz帯超広帯域レーダーを配置し、悪天候や夜間など、視界が悪い状況下でもすぐれた検知能力を発揮するという。

「レーダーセーフティパッケージ」には、以下の5つの装備が備わる。

・「BASプラス(ブレーキアシスト・プラス)」
・「PRE-SAFEブレーキ」
前方衝突の危険性を検知すると、ドライバーのブレーキ操作をサポートする。

・「アクティブブラインドスポットアシスト」
車線変更時などに車両の斜め後方の死角エリアをモニタリングし、衝突の危険が迫ると各輪独立の自動ブレーキ介入によりコースを修正する。

・「ディストロニック・プラス」
クルーズコントロール使用時に、レーダーシステムにより前方の車両を監視し、ブレーキやアクセルを自動制御し車間や速度を適切に保持するとともに、先行車が停止した場合や渋滞路では、時速0km/hまで減速する渋滞追従機能を備える。

・「アクティブレーンキーピングアシスト」
カメラによって自車が車線から外れていることを検知すると、ステアリングを微振動させてドライバーに警告するとともに、各輪独立にブレーキを自動制御し車線逸脱を回避する。

価格は以下のとおり。(カッコ内はステアリング位置)

・CL550ブルーエフィシェンシー(左/右):1640万円
・CL600(左):2066万円
・CL63 AMG(左):2285万円
・CL65 AMG(左):3030万円

(webCG ワタナベ)

「CL63 AMG」
「CL63 AMG」 拡大

関連キーワード:
CLクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良 自然な音声操作が可能なMBUXを採用 2020.7.17 自動車ニュース メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良。自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備したほか、グレードに応じて、パノラミックルーフやカーボンファイバールーフもオプション設定した。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
ホームへ戻る