「オートモビル カウンシル2016」の会場から(メーカー編 ボルボ)

2016.08.06 画像・写真

ボルボ・カー・ジャパンは2016年8月5日、千葉・幕張メッセで開催されている自動車イベント「オートモビル カウンシル2016」で新型「S60/V60ポールスター」を発表。同日、販売を開始した。日本において、3度目のリリースとなるS60/V60ポールスターは、S60ポールスターが35台、V60ポールスターが65台、計100台限定での導入となる。価格はS60ポールスターが839万円、V60ポールスターが859万円。(関連ニュース)

このほか同社のブースには、「P1800」や「850T-5R」といったスポーツモデルや、最新の「XC90」も展示された。(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.3 試乗記 高い動力性能を備えながら、それを過度に主張しない上品かつ控えめなキャラクターによって独特の存在感を放つ「ボルボS60」。プラグインハイブリッドシステムを搭載した「T6 Twin Engine」に試乗し、ライバルとは一線を画すプレミアムセダンの魅力に触れた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボが多くのモデルの希望小売価格を改定 2020年1月1日より新価格を適用 2019.12.2 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年12月2日、取り扱い車種の希望小売価格を改定すると発表した。対象となるのは「XC40」と「S60」を除く全モデルで、2020年1月1日より値上げされた新価格が適用される。
  • テスラ・モデル3パフォーマンス(4WD)【試乗記】 2019.11.22 試乗記 EV専業メーカーのテスラが開発した、新たな4ドアセダン「モデル3」。ほかのテスラ車に比べて手の届きやすい価格設定だが、その走りや使い勝手はどうか? パワーとスタミナが自慢の最上級グレードで確かめた。
ホームへ戻る