c-hr 【PR】一番売れてるSUV。「トヨタC-HR」がマーケットから圧倒的な支持を受けている理由とは?
【ジュネーブショー2019】ランボルギーニが2台のオープンモデルを発表』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー/アヴェンタドールSVJロードスター 2019.3.6 画像・写真 伊ランボルギーニは2019年3月5日(現地時間)、V10エンジン搭載の「ウラカンEVOスパイダー」とV12エンジン搭載の「アヴェンタドールSVJロードスター」を、ジュネーブモーターショー発表。それぞれを写真で紹介する。
  • ジュネーブショー2019の会場から(フェラーリ) 2019.3.11 画像・写真 ジュネーブモーターショー2019でフェラーリは、V8エンジン搭載モデルの新型車「F8 Tributo(トリブート)」を世界初公開した。「308GTB」をはじめとした初期のV8フェラーリへのオマージュを込めたというその姿を写真で紹介する。
  • 最高出力640psの「ランボルギーニ・ウラカンEVO」日本デビュー 2019.3.8 自動車ニュース ランボルギーニ・ジャパンは2019年3月8日、東京都港区の六本木ヒルズ52階TOKYO CITY VIEWにおいて自然吸気5.2リッターV10エンジンを搭載するミドシップモデル「ウラカン」の進化版となる「ウラカンEVO」を発表した。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
ホームへ戻る