「フォード・マスタング」に40台の限定モデル

2013.02.19 自動車ニュース

「フォード・マスタング」に走りを楽しむ40台の限定モデル登場

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年2月19日、「フォード・マスタング」の特別仕様車「V8 GTパフォーマンスパッケージ」を、同年3月16日から40台限定で販売すると発表した。

今回の限定モデルは、「マスタングV8 GTクーペ プレミアム」をベースに、スポーティーな走りを楽しむための専用装備を多数採用したものである。

エンジンはベース車と同じ5リッターV8DOHCで、426psの最高出力と53.9kgmの最大トルクを発生。マニュアルモード付きの6段AT仕様と、ファイナルギアレシオを3.73にローギアード化した、専用の6段MT仕様が用意されている。

また専用チューニングのスプリングやストラット、リアコントロールアームなどでサスペンションを強化。足まわりは専用デザインの19インチアルミホイールと255/40R19サイズのタイヤの組み合わせで、フロントブレーキにはブレンボ製の大径ローター&キャリパーが装備される。

さらに、ESC(横滑り防止装置)のプログラムもよりスポーティーな走行に対応した内容に変更され、シートも専用のレカロ社製スポーツレザーシートとなっている。

ボディーカラーは、標準車にも設定のある「スターリンググレー」のほか、専用の「GHIグリーン」をMT仕様のみに設定。価格はMT仕様、AT仕様ともに540万円で、前者が25台、後者が15台の台数限定で販売される。

(webCG)

「フォード・マスタングV8 GTパフォーマンスパッケージ」
「フォード・マスタングV8 GTパフォーマンスパッケージ」 拡大

「フォード・マスタング」に40台の限定モデルの画像 拡大

「フォード・マスタング」に40台の限定モデルの画像 拡大

関連キーワード:
マスタング, フォード, 自動車ニュース

フォード マスタング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
ホームへ戻る