ルノー・ラグナII、発表される

2000.09.18 自動車ニュース

ルノー・ラグナII、発表される(9/18)

■セダンとステーションワゴン
ルノーのミドルセダン、ラグナの新型が発表された。
「X74」と呼ばれるプロジェクトから生まれたのは、フランス車らしいハッチをもつセダンと、ステーションワゴンの2車種。フランスはパリ郊外に設立された「ルノー・テクノセンター」で開発される初のモデルとなったラグナIIは、可能な限りプロジェクトメンバーと施設を集約することで、先代より17カ月短い、41カ月で開発を終えることができたという。生産は、ノルマンディーに位置するサンドゥヴィル工場で行われる。

■豊富なドライブトレイン
ニューラグナのスタイリングは、先代のイメージを引き継ぎながら、よりシャープに、斬新なデザインとなった。全長がわずかに延びて4.58mとなった5ドアセダンは、言われなければ気づかないほど、みごとにハッチゲイトをリアビューにとけ込ませた。

「グラフィックなリアスタイルが特徴」と謳われるニューワゴンは、ボテッとした先代に較べ、ずっとスタイリッシュだ。環境と軽量化のため、ニューラグナのフロントフェンダーはノリルプラスチック、ボンネットはアルミ製となった。

エンジンは、1.6(110ps)、1.8(120ps)リッターの直4と、3リッターV6(210ps)、そしてコモンレール式1.9リッターディーゼル(105ps/ターボ=120ps)。さらに2001年上半期には2リッター「ガソリン直噴」ユニット(140ps)、同年中頃には2.2リッターディーゼル(135ps)が加わる予定だ。

組み合わされるトランスミッションも豊富で、5MTと学習機能付き4ATをメインに、V6モデルには5ATが、1.9リッターディーゼルターボには6MTが用意される。さぞやスポーティなディーゼル車となることでしょう。

足まわりも刷新。フロントのマクファーソンストラットは10kg軽減され、リアはトレーリングアームからトーションビームになった。

■忘れると出かけられない
安全装備に関しては、膨張率を変化させるエアバッグ、衝撃に細かく対応するプリテンショナー付きシートベルトなどがそれ。衝突時にブレーキペダルの軸を破壊、脚部へのダメージを少なくする「ブレーキペダル・フロアリングシステム」も新しい。アンチスピンデバイスESPやブレーキアシストシステムも採り入れられた。各タイヤにはミシュラン特許の空気圧センサーが装着され、リーク、スローパンクチャーを監視する。

ラグナIIオーナーの気持ちをくすぐるのが、「ルノーカード」とよばれるクレジットカート大の特殊なキー。リモコンボタンでドアなどを開閉できるのはもとより、センターコンソールの挿入口に差し込んでセキュリティを解除、発進を可能にする機能をもつ。また、シートポジション、ミラー、ラジオなどの設定位置ほか、ガソリン残量、オイルレベル、空気圧まで記憶する。ハイグレード版では、カードを持ったオーナーが近づくとセンサーが検知、ドアノブに触れるだけで鍵が開き、クルマから降りると自動的にロックされるという。出かけるときは忘れずに。

ラグナIIの、日本への導入は未定である。

(web CG アオキ)

 
ルノー・ラグナII、発表されるの画像

関連キーワード:
ラグナ, ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ラグナ5ドアV6(5AT) 【試乗記】 2003.1.24 試乗記 ルノー・ラグナ5ドアV6(5AT)
    ……365.0万円

    日本市場において、ドイツ御三家に迫る勢いのフランス車メーカー「プジョー」を横目に、販売台数が伸び悩むかつての国営メーカー「ルノー」。ラインナップを拡充し、ライバルを追う。前衛的なミニバン「アヴァンタイム」に続いて、ハンサムなミドルサルーン「ラグナ」が投入された!


  • ルノー・ラグナ2.0 dCi 150(FF/6AT)【海外試乗記】 2007.12.28 試乗記 ルノー・ラグナ2.0 dCi 150(FF/6AT)

    ルノーのミドル級モデル「ラグナ」が3代目にバトンタッチ。日本未導入の新型を、さっそくフランス本国で試した。
  • もてなし上手の「ルノーラグナ」に乗る 1998.12.11 自動車ニュース ルノーのミドルクラスセダン「ラグナ」の1999年モデルが発売された。フェイスまわりのデザイン変更や、学習機能つきAT搭載を特徴とする。299.0万円だ。マイナーチェンジされた「ルノーラグナ」がフランスモーターズの手でさっそく日本に輸入開始された。2670ミリのホイールベースに4500ミリの4ドアボディを載せたモデルで、2リッター4気筒SOHCエンジンを搭載する前輪駆動である。日本で売られているフランス車でいうとシトロエンエグザンティアやプジョー406と同じセグメントに属するクルマだ。今回のマイナーチェンジの特徴としては、デュアルエアバッグに加えて前席サイドエアバッグの採用、ヘッドランプを中心としたフロントマスクの意匠変更、学習機能つき4段ATの搭載、右ハンドルモデル導入などがあげられる。余裕のある室内空間に、使い勝手のいいテールゲートつきのボディ、さらに上品にまとめられたスタイリングと、「ラグナ」はなかなかよく出来たクルマなのだが、日本の市場ではいまひとつ認知度が上がらないモデルである。じつは僕は個人的に以前から「ラグナ」のこういう点を好ましく思っていたので、新しいモデルが導入されたのを待って、すぐに試乗させてもらった。マイナーチェンジをうけて「ラグナ」がよくなった点は、学習機能つき4段オートマチックギアボックスを得て使い勝手が向上したことだ。115psのエンジンは2000から3000rpmでトルクがやや落ち込むことでATとのマッチングが完璧といいがたかった。しかし新しいギアボックスは、スポーティなドライビングをしているときは、積極的に低いギアで高めの回転を保つというセッティングとなっている。これで非力さはあるていどカバーされるようになった。同時にサスペンションセッティングがドイツ車(オペルかな)を思わせるスポーティなものとなって、コーナリングの楽しさは増している。スポーティ志向のサスペンションを与えられたいっぽうで「ラグナ」が失っているものもある。乗り心地だ。フランス車といえばかつては雲に乗るようなソフトな乗り心地を特徴としたものだが、「ラグナ」は路面からの突き上げを伝えるうえにうねりによるピッチングをかなり感じさせる。ルノーのクルマづくり思想の変化によるものかと思ったが、しかし新型ルーテシアはすばらしいセッティングなので、「ラグナ」に固有のもののようだ。欧州のカンパニーカー市場で、ドイツをはじめとする各国のクルマと競合しなくてはいけない「ラグナ」にとって、これが一種の「国際化」なのだろうか。風切り音もけっこう大きかった。「ラグナ」に健在なのは、居心地のいい室内空間だ。コクピットの造形、シートの素材やかけ心地、装備など、もろもろの要素がからみあっていい雰囲気を生んでいる。この点はエグザンティアをはじめ、406や、ベクトラといったライバルがかなわない点で、僕はこれゆえに「ラグナ」がいつも気になる。乗員を「もてなす」感覚だ。トヨタの主査で同クラスのクルマを担当していたひとが、「ルノーのインテリアはいいですよねえ」と言っていたこともある。残念なのは、よいデザインだったフィリップス製オーディオとステアリングコラムにマウントされていたオーディオコントローラーがオプションでも選べなくなってしまったことだ。理由は価格を下げるためと、(日本での)配線がめんどくさい、ということらしい。ちょっとコマる理由である。たとえばエンジンが走っているようなクルマをアルファロメオが作り続けているようにイタリアのクルマには強固な独自性がある。フランスでは、ルノーがその製品づくりにおいて最右翼だと僕は思っている。トゥインゴとV6ミドシップクリオを同時にラインナップにもっているのは、ほかでは得難い個性である。「ラグナ」にもそのキャラクターがより濃く反映されるといいなあ、というのがないものねだりに近い願いであります。(Web CG オガワ)
  • ダイハツが「タフト」の先行予約受け付けを開始 クロスオーバータイプの新型軽乗用車 2020.4.1 自動車ニュース ダイハツが新型車「タフト」の先行予約受け付けを開始。デイリーユースにもレジャーユースにも好適なクロスオーバータイプの軽乗用車で、2020年の東京オートサロンでコンセプトカーがお披露目された。発売は2020年6月の予定となっている。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
ホームへ戻る