ホンダが新型「スーパーカブ50」を発売

2012.05.17 自動車ニュース

ホンダが「スーパーカブ50」をフルモデルチェンジ

本田技研工業は、ビジネスからレジャーまで幅広く使用されているベストセラーバイク「スーパーカブ50」をフルモデルチェンジし、2012年5月25日に発売する。

新型「スーパーカブ50」の開発コンセプトは“ニューベーシックカブ”。装備の充実と使い勝手の向上を図ったほか、生産拠点を国内から中国に移し、調達から生産までの効率化を進めるなどして価格を引き下げた。メーカー希望小売価格は、旧型(上級の「カスタム」グレード。4段ミッション、セルフスターター装備車)と比較して4万8300円安い18万7950円。国内では年間1万5000台の販売を目指す。

新型は、低フリクション技術を広く採用した高効率の50cc空冷4ストローク単気筒エンジンを搭載する。低・中速回転域を重視したトルク特性としながら、最高出力は従来の3.4psから3.7psに高められた。燃費は旧型と同等の110.0km/リッター(30km/h定地走行テスト値)を達成している。
加えて、上級モデル「スーパーカブ110」(2012年3月発売)と同様の、発進と変速でそれぞれ独立したクラッチを備える「2段クラッチシステム」が採用され、変速時のショックが軽減されたとうたわれる。

車体は、角断面パイプを用いたバックボーンフレームを新たに採用した。さらに、ホイールベースを延長(前述の「カスタム」と比較して35mmの延長)するなどして、荷物積載時の走行安定性を高めている。

新型のデザインはスーパーカブ110と同じく、伝統的なスタイルをベースとしながら、直線と曲面を融合させて存在感と力強さを表現したという。
車体色は、「スマートブルーメタリック」「バージンベージュ」「パールバリュアブルブルー」「パールハーベストグリーン」「パールプロキオンブラック」の5色が用意される。

(webCG 竹下)

スーパーカブ50(パールハーベストグリーン)
スーパーカブ50(パールハーベストグリーン) 拡大
スーパーカブ50(パールプロキオンブラック)
スーパーカブ50(パールプロキオンブラック) 拡大
スーパーカブ50(パールバリュアブルブルー)
スーパーカブ50(パールバリュアブルブルー) 拡大
スーパーカブ50(スマートブルーメタリック)
スーパーカブ50(スマートブルーメタリック) 拡大
スーパーカブ50(バージンベージュ)
スーパーカブ50(バージンベージュ) 拡大

関連キーワード:
スーパーカブ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
  • ホンダN-ONEプレミアム(CVT)/N-ONE RS(CVT)/N-ONE RS(6MT)【試乗記】 2020.12.15 試乗記 クラシックなスタイリングと上質な走りが自慢の軽乗用車「ホンダN-ONE」が、デビューから8年を経てフルモデルチェンジ。初代から受け継がれた“タイムレス”なデザインと、隔世の進化を遂げた走りを併せ持つ一台の、希有(けう)な魅力をリポートする。
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • 第197回:ホンダeで電費アタック 2021.1.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車フェラーリと半分愛車のランボルギーニでスーパーカー、いや化石燃料車を究めた気分になった今、次に狙うはEVである。一番気になる「ホンダe」は果たして実用車たり得るのか。いざ電費をチェック!
ホームへ戻る