第290:元祖「トゥイジー」? ここにあり! イタリア式 HOTする高齢者向けモビリティー

2013.04.05 マッキナ あらモーダ!

第290:元祖「トゥイジー」? ここにあり!イタリア式 HOTする高齢者向けモビリティー

農業に、商店に、そして放課後の若者に!?

前回は街乗りEV「ルノー・トゥイジー」が、一部のイタリア都市でジワジワと受け始めている話を記した。しかし、町のモビリティーといえば、イタリアにはこんな“元祖”も存在する、というのが今回のお話である。

「ベスパ」スクーターと同じピアッジョ社が造る三輪トラック「アペ50」である。本欄では走行動画を含めて何度か紹介してきたので簡単に繰り返すと、空冷2サイクル50ccガソリンエンジンを搭載した、トラック/バンである。イタリアでは、前回記したルノー・トゥイジーのアーバン45仕様同様に原付き自転車扱いだ。
最新のカタログをみると、最高速度は38km/h、一回の給油での航続距離は300kmである。標準型トラックタイプの最大積載量は205kgとなっている。

ちなみにこのアペ、ボクがイタリアにやってきた17年前は、路上を走る大半がまだキャタライザー付きでなかった。そのためボクは、排出ガスの臭さで、たびたび頭が痛くなったものだ。その後は、排ガス対策済み車両が徐々に普及したことで、状況はかなり改善された。まあ、ボクがイタリア旧市街のよどんだ空気に慣れたというのもあるが。

古くなったアペの第二の人生というのもイタリアにはある。遊び用だ。14歳から筆記試験だけの免許で乗れるため、一刻も早く路上デビューを果たしたくてウズウズしていた農村地域の若者たちが、原付き免許取得と同時にバイクショップ(アペは二輪と一緒に売られている)で中古を購入し、チューンやステッカーチューンを施しては放課後に近所を走り回るのである。

シエナのバイク用駐車場にたたずむ「アペ50」。参考までに、現在イタリアでの価格は4873ユーロ(58万円)から。
シエナのバイク用駐車場にたたずむ「アペ50」。参考までに、現在イタリアでの価格は4873ユーロ(58万円)から。 拡大
ちょっとした隙間に潜り込めるのも「アペ50」の得意技。ただしこの場合、粗大ゴミと間違われないか心配である。
ちょっとした隙間に潜り込めるのも「アペ50」の得意技。ただしこの場合、粗大ゴミと間違われないか心配である。 拡大
家の外で昼を楽しむ知人トメア(写真右)と夫人のマリア。1999年夏撮影。
家の外で昼を楽しむ知人トメア(写真右)と夫人のマリア。1999年夏撮影。 拡大
トメアの最初の「アペ」である「キャタライズド」。(2006年5月)
トメアの最初の「アペ」である「キャタライズド」。(2006年5月) 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事