第2回「フェラーリF12ベルリネッタ」

2013.06.14 水野和敏的視点

これはすごいクルマだ!

いやあ、ビックリしました。これはいいクルマだ。乗った瞬間に、そう思いました。最近のフェラーリにはあまり乗ったことがなかったのですが、僕が知っている昔のフェラーリはボディー剛性が不足していて、前後の動きにズレがあったりしたものです。でも、この「F12ベルリネッタ」は違います。あの頃のフェラーリと比べたら、まったくの別物です。

まず、ボディー剛性が本当にしっかりしています。おそらくプロペラシャフトが通っているセンタートンネル部が、かなり頑丈にできているんでしょうね。センタートンネルの前の方が箱断面形状になっていて、ガチッと作られているんじゃないでしょうか。

このボディー剛性のおかげで、コーナリング中も前後の荷重がぴたりと合っています。しかも、ステアリングを切り込んでいった時、リアがまったく遅れることなくついてきます。これはサスペンションのスプリングを硬くして得た特性ではなく、しっかりしたボディー剛性によって実現したものでしょう。むしろ、リアのダンパーはもう少し減衰力を上げても構わないと思えるくらいです。特にリバウンド(伸び)側はもう少し上げたほうが、しっかりした印象が強まるかもしれませんね。

いずれにしても、前後がしっかり接地していて、バランスがいいから、全長4.6m、全幅1.9mの大きなクーペに乗っているという実感がまるでありません。むしろ、もっとずっと小さいクルマに乗っているような感じがするくらいです。それと、前後の荷重バランスがいいから、今日みたいにウエットコンディションの時にワインディングロードを走っても、全然怖くありませんね。これはすごいクルマだと思いました。


第2回「フェラーリF12ベルリネッタ」の画像 拡大

第2回「フェラーリF12ベルリネッタ」の画像 拡大
フェラーリF12ベルリネッタ ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4618×1942×1273mm/ホイールベース:2720mm/車重:1525kg/駆動方式:FR/エンジン:6.3リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:740ps/8250rpm/最大トルク:70.3kgm/6000rpm/タイヤ:(前)255/35ZR20(後)315/35ZR20/価格:3590万円
フェラーリF12ベルリネッタ ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4618×1942×1273mm/ホイールベース:2720mm/車重:1525kg/駆動方式:FR/エンジン:6.3リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:740ps/8250rpm/最大トルク:70.3kgm/6000rpm/タイヤ:(前)255/35ZR20(後)315/35ZR20/価格:3590万円 拡大

関連キーワード:
F12ベルリネッタ, フェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2020.3.28 試乗記 「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。ルーフを開け放って5.2リッターV12ツインターボのサウンドに包まれれば、アストンとイタリアンハイパーカーとの、目指すところの違いが見えてくるだろう。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
ホームへ戻る