第11回「ボルボV40 T4」vs「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン」(前編)

2013.08.16 水野和敏的視点
 

第11回「ボルボV40 T4」vs「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン」(前編)の画像 拡大
ボルボV40 T4
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1785×1440mm/ホイールベース:2645mm/車重:1430kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:180ps/5700rpm/最大トルク:24.5kgm/1600-5000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:16.2km/リッター(JC08モード)/価格:269万円
ボルボV40 T4
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1785×1440mm/ホイールベース:2645mm/車重:1430kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:180ps/5700rpm/最大トルク:24.5kgm/1600-5000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:16.2km/リッター(JC08モード)/価格:269万円 拡大
フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:21.0km/リッター(JC08モード)/価格:269万円
フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:21.0km/リッター(JC08モード)/価格:269万円 拡大

たかが、されどのエンジンマウント

今回は、250~300万円級の欧州ハッチバック対決です。一台は、このクラスのベンチマークとして、2度目の登場となる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。グレードは1.2リッターターボを積むTSIコンフォートライン、対するは、ボルボが満を持して投入した、プレミアムスポーツコンパクトをうたう「V40」。最もベーシックな「T4」で、エンジンは1.6リッターターボ。価格は、どちらも同じ269万円です。

まずは、ボルボV40から見ていきましょう。ステアリングを切るタイミングとエンジンの揺れ具合によってトルクステアが出ますね。ゴルフにもその傾向はありますが、V40はより顕著。頻繁にトルクステアが顔を出します。その原因は、ちょっと独特なエンジンマウントにあると思います。V40のエンジンマウントは、通常のクルマと異なり、前後方向に硬く、上下に柔らかい仕様を採っています。おそらく、一定速度で走ったときの、振動低減と乗り心地の良さを重視したのでしょう。上下に柔らかいゴムの方が、普通に走っている分には、振動の吸収性が高いし、エンジンノイズも伝えにくい。ドライブフィールのがさつな感じを消しやすい。いわゆる「オトシンがいい」というやつです。

ところが、この方式だと、エンジンが揺れやすいんですね。そのうえV40のトルクはゴルフより4割近く太い。アクセルのオン、オフがあると、エンジンの傾斜角が変わってしまう。すると、ドライブシャフトの折れ角が変化するので、トルクステアが発生する。同時に、エンジンマウントのブラケット部分が共振して、雑な音をたてる。実質的に初めてCセグメントの本格派ハッチをつくった自動車メーカーが陥った罠(わな)、と言ったら言い過ぎでしょうか。

一方、エンジンそのものはいいですね。トルクがあって、乗りやすい。特に高速道路での車線合流なんか、すごく楽でしょう。あの力強さは魅力です。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:どこが変わった? 2015の「T4 SE」 2014.12.29 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) 2013年のデビュー以来、好調なセールスが伝えられる「ボルボV40」。最新2015年モデルには、さらなる商品力強化のためのリファインが施されたという。その変化のほどを、仕様変更前の「V40 T4」オーナーである自動車評論家 国沢光宏がチェックした。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第4回:「V40」で伊勢・志摩を訪ねる 2014.9.18 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボのプレミアム・スポーツコンパクト「V40」で、1000km超のロングドライブへ。観光スポットとして名高い伊勢・志摩を巡る“こだわり旅”を紹介する。
ホームへ戻る