史上最速の量産アストン・マーティンが登場

2013.11.07 自動車ニュース
アストン・マーティンV12ヴァンテージS
アストン・マーティンV12ヴァンテージS 拡大

史上最速の量産アストン・マーティンが登場

アストンマーティンアジアパシフィックは2013年11月6日、「V12ヴァンテージ」の後継モデルとなる「V12ヴァンテージS」を東京都内で発表した。330km/hの最高速をほこり、量産モデルとしてはアストン・マーティン史上最速とうたわれる。価格は2239万8000円。

5.9リッターV12エンジンは、従来の517psと58.1kgmから、573psと63.2kgmに強化された。これに伴い、動力性能が大幅に向上し、0-100km/hは4.2秒から3.9秒へ、最高速は305km/hから330km/hへそれぞれ引き上げられた。レーシングカーと限定生産のスーパースポーツカー「One-77」を除けば、史上最速のアストン・マーティンとうたわれる。

絶対性能だけでなく、日常的なドライバビリティー(運転のしやすさ)も改善されており、1000rpm時のトルクは44.9kgmから52.0kgmへ強化されている。

トランスミッションも変更され、現行の「V8ヴァンテージS」に搭載されているSportshift II AMT(オートメーテッド・マニュアル・トランスミッション/7段)を進化させたSportshift III AMT(7段)となった。
また、ヴァンテージ・シリーズとしては初めて3ステージ・アダプティブダンピングシステムが採用された。
ハンドル位置は右と左が用意される。

(webCG)

→「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」の詳しい写真はこちら。

→関連ニュースはこちら。

関連キーワード:
V12ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)【試乗記】 2010.5.17 試乗記 アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)
    ……2238万2850円

    アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズに、V12ユニットを搭載する最強モデルが登場! その実力や、いかに?
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
ホームへ戻る