史上最速の量産アストン・マーティンが登場

2013.11.07 自動車ニュース
アストン・マーティンV12ヴァンテージS
アストン・マーティンV12ヴァンテージS 拡大

史上最速の量産アストン・マーティンが登場

アストンマーティンアジアパシフィックは2013年11月6日、「V12ヴァンテージ」の後継モデルとなる「V12ヴァンテージS」を東京都内で発表した。330km/hの最高速をほこり、量産モデルとしてはアストン・マーティン史上最速とうたわれる。価格は2239万8000円。

5.9リッターV12エンジンは、従来の517psと58.1kgmから、573psと63.2kgmに強化された。これに伴い、動力性能が大幅に向上し、0-100km/hは4.2秒から3.9秒へ、最高速は305km/hから330km/hへそれぞれ引き上げられた。レーシングカーと限定生産のスーパースポーツカー「One-77」を除けば、史上最速のアストン・マーティンとうたわれる。

絶対性能だけでなく、日常的なドライバビリティー(運転のしやすさ)も改善されており、1000rpm時のトルクは44.9kgmから52.0kgmへ強化されている。

トランスミッションも変更され、現行の「V8ヴァンテージS」に搭載されているSportshift II AMT(オートメーテッド・マニュアル・トランスミッション/7段)を進化させたSportshift III AMT(7段)となった。
また、ヴァンテージ・シリーズとしては初めて3ステージ・アダプティブダンピングシステムが採用された。
ハンドル位置は右と左が用意される。

(webCG)

→「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」の詳しい写真はこちら。

→関連ニュースはこちら。

関連キーワード:
V12ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 日産キックスX ツートーンインテリアエディション(FF)【試乗記】 2020.9.30 試乗記 日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」を引っさげて登場した、新型SUV「キックス」。多くのライバルがひしめき合う激戦区で、勝算はあるのか? 市街地からワインディングロードまで走らせた印象をリポートする。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
ホームへ戻る