第48回「BMW i3」(前編)

2014.05.09 水野和敏的視点

「スペシャルチーム」が開発した?

私が言い続けてきた真のEVがやっと姿を現しました。所有や購入の仕方までを含めて、今までのクルマの概念を変える――BMW i3は、この新しい世界へのスタートを切ってくれたクルマです。

今回の試乗に先立ち、まずはプレス試乗会でi3に乗ったのですが、その時最初に感じたのは、「既存の組織とは違うスペシャルチームが開発したな」ということでした。つまり、私が「日産GT-R」の開発でやったのと同じことがi3でも行われたのではないかと感じたのです。

かつて私はGT-Rを開発するに当たり、本質に基づいた価値観をきちんと訴求するために、従来のクルマの開発組織から切り離された、独立した「GT-Rチーム」を作り、そのスペシャルチームが既存の概念を捨て、新しい基準や評価方法でクルマを作るという手法を用いました。それと同じにおいを、ドライバーズシートに座って走り始めた瞬間、「ん? これは!」と感じたのです。

オーナーの方には申し訳ないのですが、i3は「日産リーフ」や「三菱i-MiEV」といったEVとは次元がまったく違います。リーフやi-MiEVは、残念ながら今あるクルマの枠組みの中で、EVのパーツをはめ込んだだけ。極論すれば、ベース車からエンジンとガソリンタンクを外して、その代わりにモーターとバッテリーを載せたクルマです。通常のモデルラインナップに、EVというバリエーションを単に加えたにすぎず、「EVとは何なのか?」という本質的な問いには、まだ何も答えていないように思えるのです。

内燃機関を搭載するクルマは、内燃機関が生み出すすさまじい振動や700度前後の熱、あるいはとんでもない排気音から逃れることができません。そういったものの処理、つまりエンジンやトランスミッションを搭載するための空間確保に始まり、排気管とマフラーや遮熱処理、そしてとてつもない量の遮音材などがいらず、パワートレインを人から隔離する必要がなくなった時、「では、クルマはどう人やその生活と一体になれるか?」という問いかけに、真摯(しんし)に応えようとしたのか? i3と既存のEVの間には、その差があるということです。


第48回「BMW i3」(前編)の画像 拡大

第48回「BMW i3」(前編)の画像 拡大
BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4010×1775×1550mm/ホイールベース:2570mm/車重:1390kg/駆動方式:RR/モーター:交流同期モーター/エンジン:0.65リッター直2 DOHC 8バルブ(発電用)/モーター最高出力:170ps(125kW)/モーター最大トルク:25.5kgm(250Nm)/エンジン最高出力:38ps(28kW)/5000rpm/エンジン最大トルク:5.7kgm(56Nm)/4500rpm/タイヤ:(前)155/70R19 84Q (後)175/60R19 86Q/価格:546万円(消費税8%込み) ※写真は試乗車ではありません。
BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4010×1775×1550mm/ホイールベース:2570mm/車重:1390kg/駆動方式:RR/モーター:交流同期モーター/エンジン:0.65リッター直2 DOHC 8バルブ(発電用)/モーター最高出力:170ps(125kW)/モーター最大トルク:25.5kgm(250Nm)/エンジン最高出力:38ps(28kW)/5000rpm/エンジン最大トルク:5.7kgm(56Nm)/4500rpm/タイヤ:(前)155/70R19 84Q (後)175/60R19 86Q/価格:546万円(消費税8%込み) ※写真は試乗車ではありません。 拡大

関連キーワード:
i3, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2014.5.13 試乗記 走り、デザイン、生産技術など、さまざまな分野でこれまでのクルマとは一線を画す「BMW i3」。BMWが提案する未来のクルマの、今日における実用性を試した。
  • 「MINIクロスオーバー」が大幅改良 環境性能を改善するとともに運転環境をデジタル化 2020.5.27 自動車ニュース BMWが「MINIクロスオーバー」に大幅改良を実施。内外装デザインを変更したほか、5インチのデジタルメーターをオプション設定するなど、装備や機能の強化を図った。エンジンにも改良を加えており、欧州で2021年施行予定の排出ガス基準を先取りしてクリアしている。
ホームへ戻る