クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第254回:1週間限定のクルマ好きの桃源郷
カリフォルニアで催されたクラシックカーの祭典をリポート

2014.09.08 エディターから一言

年に一度の「イノチの洗濯」

今ではすっかり、モントレーの週末、ならぬ“モントレーのクルマ週間”になったようだ。8月の半ば、サンフランシスコから南に170kmの位置にあるモントレー半島の街では、ほぼ1週間にわたって、さまざまな自動車趣味イベントが開催されている。

1996年に初めて“モントレー”を体験して以来、お盆の時期は毎年、モントレーで過ごすようになった。自動車ライターである前に、いちクルマ好き(クルマバカ?)を自負する筆者にとって、それは年に一度の“イノチの洗濯”。古今東西の名車たちを“いやっ”というほど見て、音を聞いて、匂いをかいで、英気を養う(?)というわけだ。

今年も友人たち数人と連れ立って、いそいそと出掛けた。本当は週のアタマから繰り出して、クルマ趣味週間をフルに楽しんでみたいところだけれど、あいにく、お盆進行の締め切り週とぴったり重なる。今年も金土日のメインイベントを中心に、「モントレー・オートモービル・ウイークエンド」を楽しむことに。

スケジュールは、こんな具合だ。

木曜日にサンフランシスコ、またはサンノゼまで飛び、そこからレンタカーでモントレーへ。間に合えば、カーメル市内で行われているペブルビーチコンクール参加車両によるラリーランを見物。金曜日はクエイルロッジで「モータースポーツ・ギャザリング」、土曜日はラグナセカの「モータースポーツ・リユニオン」(時間があれば「コンコルソ・イタリアーノ」)、日曜日はペブルビーチのメインイベント「コンクール・デレガンス」、そして毎夜開催されるオークションも随時見物……。悠長にメシなど食ってるヒマもないほど、クルマ漬けの週末になるというわけ。

順を追って、イベント概要をリポートしてみよう。

極上のエンスー空間を目指した「モータースポーツ・ギャザリング」にはプレミアムブランドも多数協賛する。マクラーレンは、“ロードカー1号車”の「マクラーレンM6GT」を展示。製造はトロージャンが手掛けた。
極上のエンスー空間を目指した「モータースポーツ・ギャザリング」にはプレミアムブランドも多数協賛する。マクラーレンは、“ロードカー1号車”の「マクラーレンM6GT」を展示。製造はトロージャンが手掛けた。 拡大
ラグナセカで行われた「モータースポーツ・リユニオン」にて、名物コーナーの“コークスクリュー”を曲がり下りる、日本から参加の「トヨタS800」。それに「C1コルベット」やモーガン、「アルファ・ロメオSZ」が続く。このSZがベラボーに速かった。
ラグナセカで行われた「モータースポーツ・リユニオン」にて、名物コーナーの“コークスクリュー”を曲がり下りる、日本から参加の「トヨタS800」。それに「C1コルベット」やモーガン、「アルファ・ロメオSZ」が続く。このSZがベラボーに速かった。 拡大
ペブルビーチで行われた「コンクール・デレガンス」の様子。午後からは盛大にコンクールの表彰式が行われる。これをじっくり見学するのも楽しいもの。写真は、セレモニーに臨むラクストンたち。
ペブルビーチで行われた「コンクール・デレガンス」の様子。午後からは盛大にコンクールの表彰式が行われる。これをじっくり見学するのも楽しいもの。写真は、セレモニーに臨むラクストンたち。 拡大

450ドルの入場料に見合う価値がある

金曜日に開催されるモータースポーツ・ギャザリングは近年、非常に人気の高まったイベントで、前売りチケットはほぼ瞬殺で売り切れる(購入希望者による抽選で、例年1月に決定)。ひとり当たり450ドルという高額にも関わらず、だ(去年より50ドルも値上がりした!)。イベントの“濃い”ナカミもさることながら、入場者数を3000人に制限しているためである。また、450ドルには場内全てのレストランにおける飲食費も含まれている。つまり、食べ放題飲み放題。そこまで考えると、確かに不当に高いとはいえないのだけれど。

イベント内容をひとことで言うと、「歴史的レーシングカーおよびスポーツカーの集まり」だ。例年、テーマを設けているのは他のイベントと同じで、今年はマセラティの100周年やマスタングのレースカーなどが主題となっていた。もちろんそのほかにも、毎年、最新スーパーカー特集やレアなフェラーリ特集、戦前~戦後のレーシングカー特集など、さまざまな企画が組み込まれている。

クエイルロッジ・ゴルフコースのフェアウェイを使った美しい芝生の会場で、歴史的な名車を見物しながら、飲んで食ってゆったりとした一日を過ごす。モントレーの週末を始めるにぴったりのイベントである。

近くで開催されるボナムスのオークションも必見。今年は有名なサンマリノの“マラネロロッソ・コレクション”から「250GTO」を含む10台の歴史的フェラーリがオークションにかかったため、いつになく盛り上がった。

翌土曜日には、コンコルソ・イタリアーノが開催される。その名のとおり、イタリア車だけの祭典(ちなみに、ドイツ車だけの祭典も金曜日にクエイルロッジ近くで開催されている)。年によってはフェラーリだけで300台以上集まる。毎年欠かさず見ていたのだが、今年から開催日が土曜に変更となったため、やむなく欠席。モータースポーツ・リユニオンの見物にラグナセカへ向かった。

ブガッティも「モータースポーツ・ギャザリング」に毎年力を入れている。今年は「ヴェイロン」の最終章にして、レジェンドシリーズの完結編となる「ヴェイロン・エットーレ・ブガッティ」を、他のレジェンドモデルと共に披露。
ブガッティも「モータースポーツ・ギャザリング」に毎年力を入れている。今年は「ヴェイロン」の最終章にして、レジェンドシリーズの完結編となる「ヴェイロン・エットーレ・ブガッティ」を、他のレジェンドモデルと共に披露。
    拡大
ボナムスのオークション会場。この週末に開催されるオークションの数は5、6を数える。入場料を払えば(なかには無料のオークションも)、会場内に入って自由に出展車両を見ることができるのだ。オークションを巡るのも、博物館級の楽しみ。
ボナムスのオークション会場。この週末に開催されるオークションの数は5、6を数える。入場料を払えば(なかには無料のオークションも)、会場内に入って自由に出展車両を見ることができるのだ。オークションを巡るのも、博物館級の楽しみ。
    拡大

往年の名車がコークスクリューを駆ける

コークスクリューが名物のサーキット、といえば分かるだろうか。世界でも屈指のチャレンジングなレーシングコースで開催されるモータースポーツ・リユニオン。年代や種別によってカテゴライズされた歴史的なレーシングカーが、本気モードでレースする。土曜日と日曜日でレース内容が異なるが、それぞれ7、8レースは開催されるから、お楽しみとしては十分。パドックをぶらつけば、全ての参加車両を見ることができるし、何より、セッティング中のマシンに近寄って、メカニズムを子細にのぞきこんでみたり、エンジンサウンドを生で聞けたりする体験が貴重である。オーナーに話しかけでもしようものなら、わが子を語るがごとく、熱く説明してくれることウケアイ。

今年は、例年おなじみの「日産フェアレディZ」に加えて、「ハコスカ」世代の「日産スカイライン」や「トヨタS800」も走った。日本人として、とても誇らしい気分に。

戦前戦後のレースカーも興味深い(特にブガッティのGPカーが大挙して走る様は壮観だ)が、見ていてレースとして面白いのは、トランザムレースやカンナムレース、グループCカーレース、グループ5レース、そして今年は開催されなかったけれどもオールドF1レースあたり。3リッター以上のスポーツカーレースも注目で、毎年「フェラーリ250GTO」をはじめとするマニア垂涎(すいぜん)のスポーツカーが大挙して出場する。

ジェントルマンレースとはいえ、レースはレース。時にはエキサイティングなバトルが繰り広げられて、しまいにクラッシュということも……。真剣勝負を見るのは、いつだって楽しいものだ。

同じ週末に開催されたオークションにおいて、およそ40億円で落札された「フェラーリ250GTO」と同型の個体も、ラグナセカを全開で駆けぬける。毎年、数台のエントリーがあって、見ている方もヒヤヒヤ。いずれも素晴らしいエキゾーストノートをたなびかせていた。
同じ週末に開催されたオークションにおいて、およそ40億円で落札された「フェラーリ250GTO」と同型の個体も、ラグナセカを全開で駆けぬける。毎年、数台のエントリーがあって、見ている方もヒヤヒヤ。いずれも素晴らしいエキゾーストノートをたなびかせていた。
    拡大
日本のクラシックモデルの人気も上昇中で、おなじみの「日産フェアレディZ」(S30ほか)に加え、“ハコスカ”こと「日産スカイライン」もついにラグナセカ初登場。さらに、日本からは「トヨタS800」も参戦! ポルシェと戦うハコスカの姿は感動ものだ。
日本のクラシックモデルの人気も上昇中で、おなじみの「日産フェアレディZ」(S30ほか)に加え、“ハコスカ”こと「日産スカイライン」もついにラグナセカ初登場。さらに、日本からは「トヨタS800」も参戦! ポルシェと戦うハコスカの姿は感動ものだ。 拡大

また来年も来たくなる

そして、日曜日。早起きしてペブルビーチである。霧が立ちこめ、朝露が芝生をぬらしているような時刻(だいたい7時ごろまで)に、コンクール・デレガンスの会場に入れば、続々入場する参加車両たちの走る姿を間近で見て、音を聞き、排ガスの匂いをかぐことができる。

朝早く行くことには、もうひとついいことがあって、入場料280ドルのハイクラスイベントながら9時過ぎにはもうかなりの人出となり、クルマの撮影はおろか人気モデルには近づくことも難しくなる。その点、正式なオープン前(でも入場できる)ならば、走る姿を見ることができるうえに、霧が太陽を隠してくれるから車両撮影もばっちり、しかも展示車両をゆったり見物できるというわけで、まさに“早起きは三文の得”、なのであった。

コンクールのテーマは、ここでもマセラティの100年と、ラクストン、ロールス・ロイス、デューセンバーグ、「フェラーリ・テスタロッサ」などなど。そのほか、戦前戦後のスポーツカーやレーシングカーが、かの有名なペブルビーチ18番ホールのフェアウェイにずらっと並ぶ。壮観である。

以前は午前中だけペブルビーチで過ごし、午後は再びラグナセカに戻って日曜のレースをどん欲に見物したものだが、最近はペブルビーチで一日をゆっくり過ごすことにしている。一台一台をじっくりと観察したいということもさることながら、午後から繰り広げられる表彰セレモニーが楽しいからだ。

今年も審査員を務めた日産自動車の中村史郎さん、そしてグランツーリズモの山内一典さんと一緒に、審査の裏話を聞きながらセレモニーを最後まで見学。セレモニーは午後2時頃に始まって、5時前に今年の“ベスト・オブ・ショー”が発表された。集まったみんなでショーの行方を予想しあいながら、シャンパン片手にセレモニーを見守っていれば、「今年もここに来られてよかった、来年もまた来られるように頑張ろう」という気持ちになってくる。それが、いい。

クルマ好きなのだ。クルマをモチベーションにするのがスジというものだ。

最後は、会場の裏道に繰り出して、全車が退場するシーンを見物。これが実は、一番面白かったりする。今年などは「フェラーリ250テスタロッサ」の大渋滞が起こってしまい、坂道発進で爆音をとどろかせていた。コンクールを終えて、緊張の解けたエントラントたちが、笑顔で愛車をドライブしながら、帰っていく。手を振って、手を振りかえす。同じクルマ好き同士、心地よい連帯感を味わいつつ、“また来年!”を誓う、のだった。

来年のメインテーマは、おそらく……。10年ぶりの、跳ね馬だというウワサ。ホテルと飛行機の予約を、お早めに。

(文=西川 淳/写真=林 剛直)

→「モントレー・オートモービル・ウイークエンド」の写真はこちら

280ドルと安くない入場料にも関わらず、午前9時ごろにはもうこの人出。午後になると、撮影はおろか、クルマに近づくことさえ容易ではなくなる。特別展示以外は柵もなく、見る方がびびってしまう。もちろん、不用意に触るような人はいない。
280ドルと安くない入場料にも関わらず、午前9時ごろにはもうこの人出。午後になると、撮影はおろか、クルマに近づくことさえ容易ではなくなる。特別展示以外は柵もなく、見る方がびびってしまう。もちろん、不用意に触るような人はいない。 拡大
近年、ノーレストアの個体が、ピカピカにレストアされた個体と同じか、場合によってはそれ以上の評価を得るようになってきた。写真手前は54年式「フェラーリ212インテル ヴィニャーレ ベルリネッタ」。奥は54年式「アルファ・ロメオ1900 SZザガート クーペ」で、40年間、ローマのガレージに眠っていた個体。
近年、ノーレストアの個体が、ピカピカにレストアされた個体と同じか、場合によってはそれ以上の評価を得るようになってきた。写真手前は54年式「フェラーリ212インテル ヴィニャーレ ベルリネッタ」。奥は54年式「アルファ・ロメオ1900 SZザガート クーペ」で、40年間、ローマのガレージに眠っていた個体。 拡大
コンクールの審査員たち(有名なカーデザイナーも多数。日本からは日産の中村史郎さんや、『グランツーリズモ』シリーズを手掛けるポリフォニー・デジタルの山内一典さんが長年にわたり審査を務めている)を追いかけて、クルマ巡りをするのも楽しいもの。エンジン音やオーナーの解説を生で聞くことができるからだ。審査されているのは、1952年式ジャガー「XK120」で、非常に興味深いパースペックス製バブルキャノピーが装備されている。
コンクールの審査員たち(有名なカーデザイナーも多数。日本からは日産の中村史郎さんや、『グランツーリズモ』シリーズを手掛けるポリフォニー・デジタルの山内一典さんが長年にわたり審査を務めている)を追いかけて、クルマ巡りをするのも楽しいもの。エンジン音やオーナーの解説を生で聞くことができるからだ。審査されているのは、1952年式ジャガー「XK120」で、非常に興味深いパースペックス製バブルキャノピーが装備されている。
    拡大
今年の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」の「Best of Show」に選ばれたのは、写真の1954年式「フェラーリ375MMスカリエッティ クーペ」だった。
今年の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」の「Best of Show」に選ばれたのは、写真の1954年式「フェラーリ375MMスカリエッティ クーペ」だった。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。