第66回「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」(後編)

2014.09.12 水野和敏的視点

「Sクラス」の技術が降りてきた

前回に続き、今回も「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」を見ていきます。1.6リッター直4ターボエンジン(156ps、25.5kgm)を搭載したC180の豪華版で、車両本体価格は467万円です。

ステアリングホイールを握って走り始める前に、エンジンルームをチェックしましょう。

しっかり、そしてきちんと先行技術を取り入れて作っていますね。先にチェックしたインテリアでは原価低減の部分が散見され、「メルセデスらしくあるためには、AMGパッケージを追加することをお勧めしたい」と言いましたが、エンジンルームの中身やボディー構造は依然として一級品、まさしくメルセデスです。

新型Cクラスの特徴は、スチール製キャビンとその前後をアルミ製とした「アルミニウムハイブリッドボディーシェル」にあります。ボディーシェルにおけるアルミ使用率は50%前後にもなると言われていますが、これはいわば「Sクラス」から降りてきたボディー構造です。

エンジンルームでは、フロントサスペンションのアッパーマウント部の車体構造を、いくつもの鉄板プレスをスポット溶接した構造体でなく、Sクラスのように、アルミの大型ダイキャストの一体構造品にしてきましたね。これは私が「日産GT-R」でやったことと同じです。かなり進化しています。走りや乗り心地が期待できそうです。


第66回「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」(後編)の画像 拡大

第66回「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」(後編)の画像 拡大
メルセデス・ベンツC180アバンギャルド
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1810×1435mm/ホイールベース:2640mm/車重:1510kg/駆動方式:FR/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:156ps/5300rpm/最大トルク:25.5kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)225/50R17 (後)225/50R17/車両本体価格:467万円
メルセデス・ベンツC180アバンギャルド
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1810×1435mm/ホイールベース:2640mm/車重:1510kg/駆動方式:FR/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:156ps/5300rpm/最大トルク:25.5kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)225/50R17 (後)225/50R17/車両本体価格:467万円 拡大

第66回「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」(後編)の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド(本革仕様)(FR/7AT)【試乗記】 2015.6.18 試乗記 上級サルーン「Sクラス」に似たフロントデザインを持つ、「メルセデス・ベンツCクラス」の特別限定車に試乗。果たしてそれは、1台で2種類のドライブフィーリングが得られるという、“ふたつの顔を持つクルマ”だった。
  • ホンダNSXタイプS(MR/6MT)【試乗記】 2021.11.8 試乗記 「ホンダNSX」の最終モデルとして発表された「タイプS」だが、目の前の試乗車は同じNSXタイプSでも先代モデル、17年落ちの2004年式だ。同じ名前でも現行モデルとはまるで違う、電気仕掛けとは無縁のプリミティブな走りを味わってみた。
  • スバルWRX S4【開発者インタビュー】 2021.12.1 試乗記 新開発プラットフォームの採用や排気量アップ、ドライブモードの設定など、トピックが豊富な新型「スバルWRX S4」。そのつくり手は、どんな思いで開発にあたったのだろうか?
  • トヨタ・カローラ クロスS(4WD/CVT)【試乗記】 2021.11.29 試乗記 発売以来セールス好調と伝えられるトヨタのSUV「カローラ クロス」だが、どこがそんなにすごいのだろうか? ハイブリッドの4WD車に乗ってみると、なるほど、このメーカーでなければ成し得ない商品力の高さがみえてきた。
  • 「カローラ クロス」に続け!? 海外で販売中(間近)だけど日本未導入の有望株 2021.12.1 デイリーコラム 今や飛ぶ鳥を落とす勢いの「トヨタ・カローラ クロス」だが、まずはタイで発売され、その後に国内導入されたのはご承知の通り。世界にはまだまだ日本未導入の有望株がたくさんあるはずだ。モータージャーナリストが厳選した6モデルを紹介する。
ホームへ戻る