第68回「シボレー・コルベット コンバーチブルZ51」

2014.09.26 水野和敏的視点

グランドツアラーとして優れた面を持つ

今回は「C7」こと、7代目になった「シボレー・コルベット」に試乗します。2013年1月のデトロイトショーで登場したアメリカンスポーツで、先代型の「C6」から受け継いだ部品は2つしかないとうたわれる、GMの力作です。高性能版「Z51」の、コンバーチブルモデルに試乗しました。

まずはボディーサイズですが、ホイールベースは先代モデルの2685mmから2710mmに延長され、全長も4455mmから4510mmになっています。エンジンは引き続き6.2リッターのV8を搭載していますが、直噴化され、気筒休止システムが備わるなど、時代に即した改良を受けています。バルブ駆動システムが伝統のプッシュロッドタイプであることは、いうまでもありません。

実際に乗ってみると、ホイールベースが長くなり、ボディーの空力処理も施されたおかげで、全体としてドライブフィールは落ち着いています。もっとも、そもそもコルベットというクルマは、とても乗り心地のいいクルマでした。グランドツアラーとしても優れた面を持っており、アメリカ大陸を延々とドライブしてもあまり疲れない、そんなクルマです。

ちなみに、同じアメリカのスポーティーカーでも、「シボレー・カマロ」や「フォード・マスタング」とは、まるでジャンルが違います。カマロやマスタングは、いうなれば「スポーツフィーリングカー」であって、スポーツ走行を楽しむというより、スポーティーなフィーリングを楽しむクルマ。いわば、北米独特のカテゴリーです。

話がちょっとコルベットから脱線しますが、たとえメカニズムに新しさがなく、シャシーに時代遅れの感があろうと、こういったスポーツフィーリングカーには、理屈や比較などではない「気軽な仲間」というような雰囲気があります。誤解を恐れずにいうなら、決して素晴らしくも、新しくもありません。でも、私は個人的にマスタングのようなクルマが大好きです。アメリカに行くと、レンタカーはいつもご指名! 眉間に皺(しわ)を寄せることなく、お気楽にスポーツ感だけをエンジョイする。そんなクルマとの付き合い方も、大いに「あり」だと思っています。


第68回「シボレー・コルベット コンバーチブルZ51」の画像 拡大

第68回「シボレー・コルベット コンバーチブルZ51」の画像 拡大

第68回「シボレー・コルベット コンバーチブルZ51」の画像 拡大
シボレー・コルベット コンバーチブルZ51
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4510×1880×1230mm/ホイールベース:2710mm/車重:1590kg/駆動方式:FR/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ/トランスミッション:6AT/最高出力:466ps/6000rpm/最大トルク:64.2kgm/4600rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)285/30ZR20/車両本体価格:1159万円
シボレー・コルベット コンバーチブルZ51
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4510×1880×1230mm/ホイールベース:2710mm/車重:1590kg/駆動方式:FR/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ/トランスミッション:6AT/最高出力:466ps/6000rpm/最大トルク:64.2kgm/4600rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)285/30ZR20/車両本体価格:1159万円
    拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の導入を発表 価格は1550万円 2020.8.27 自動車ニュース GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の日本導入を発表した。コルベット初のリトラクタブルハードトップを採用したオープントップモデルで、ルーフの開閉に要する時間は16秒。車速が48km/hまでであれば走行中でも操作が可能となっている。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • マセラティが新型スーパースポーツカー「MC20」を世界初公開 2020.9.10 自動車ニュース 伊マセラティは2020年9月9日(現地時間)、新型のハイパースポーツカー「MC20」を世界初公開した。同ブランドの新時代到来を告げるモデルとうたわれており、自社開発の3リッターV6ツインターボエンジンをリアミドに搭載している。
  • マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス」日本上陸 2020.9.10 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス/Eクラス ステーションワゴン/Eクラス オールテレイン」が上陸。2020年9月10日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年9月から順次行われる。
ホームへ戻る