日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015は……

2014.10.13 自動車ニュース
「マツダ・デミオ」
「マツダ・デミオ」
    拡大

「マツダ・デミオ」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015」を受賞

“その年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015」の最終選考会が2014年10月13日に東京都内で開かれ、「マツダ・デミオ」が今年のイヤーカーに選ばれた。

「メルセデス・ベンツCクラス セダン」
「メルセデス・ベンツCクラス セダン」
    拡大
「BMW i3」
「BMW i3」
    拡大
「ホンダN-WGNカスタム」(写真左)と「N-WGN」
「ホンダN-WGNカスタム」(写真左)と「N-WGN」
    拡大
トヨタが開発を進める燃料電池車。写真は、2014年6月の概要説明会で披露されたプロトタイプモデル。
トヨタが開発を進める燃料電池車。写真は、2014年6月の概要説明会で披露されたプロトタイプモデル。
    拡大

昨年は初めて輸入車が選ばれた、日本カー・オブ・ザ・イヤー。今年はマツダ・デミオがその栄冠を手にし、国産車の返り咲きとなった。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015は、デミオに次ぐ点数を得た「メルセデス・ベンツCクラス セダン」。
その他各賞は、イノベーション部門賞が「BMW i3」に、スモールモビリティ部門賞が「ホンダN-WGN/N-WGNカスタム」に、特別賞が「トヨタの燃料電池自動車への取り組み」に贈られた。エモーショナル部門賞は「今年は該当車なし」とされた。

なお、第1次選考対象車「10ベストカー」と、最終選考での順位および得票点数は以下の通り。

1位:マツダ・デミオ(423点)
2位:メルセデス・ベンツCクラス セダン(404点)
3位:BMW i3(340点)
4位:スバル・レヴォーグ(124点)
5位:スズキ・ハスラー(65点)
6位:日産スカイライン(41点)
6位:プジョー308(41点)
8位:ジープ・チェロキー(15点)
9位:ホンダN-WGN/N-WGNカスタム(13点)
10位:トヨタ・ヴォクシー/ノア(9点)

(webCG)

関連キーワード:
デミオ, i3, Cクラス セダン, N-WGN, マツダ, BMW, メルセデス・ベンツ, ホンダ, -->, 自動車ニュース

マツダ デミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
ホームへ戻る