第77回「プジョー208アリュール」(前編)

2014.11.28 水野和敏的視点

サイドシルが立派なワケは……

このところ、「マツダ・デミオ」「フォルクスワーゲン・ポロ」そして「トヨタ・アクア」と、注目の小型ハッチバック車を続けて取り上げてきました。今回は、フレンチハッチの「プジョー208」をテストします。

そもそもハッチバックというものを世に広めたクルマが何か、ご存じでしょうか。古くは1950年代の「シトロエン・トラクシオン アヴァン」にリアゲートを持つ商用車仕様があったようですが、もっと一般的なものに話をしぼれば、1960年代にデビューした「ルノー4」(デビュー年は1961年)や、「ルノー16」(同1965年)などがハッチバックの元祖と言われています。その後、1970年代に入ってから「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が登場して世界的なヒット作となり、この車型をいわばベーシックカーの原型として定義付けました。

いずれにしても、ハッチバックを「発明」したのは合理的精神に満ちたフランス人だと言っていいでしょう。最新のフレンチハッチはどんな志が貫かれているのでしょうか。テストが楽しみです。

その前に、今回試乗する「208アリュール」についてざっと説明しておきましょう。2014年現在、日本での208は、1.2リッター直列3気筒エンジン(82ps、12.0kgm)を積んだ5ドアのモデル群を中心に、その上下をよりパーソナルな3ドアモデルで挟むラインナップになっています。具体的には、1.6リッター直4ターボエンジンを搭載するスポーティーな「GTi」(200ps、28.1kgm)と、スタイリッシュに装った「XY」(156ps、24.5kgm)が上位にあり、一方、1.2リッターを用いた「アリュール」が、ベーシックグレードとして用意されます。

アリュールには、シングルクラッチ式の2ペダル5段MT「ETG」と、コンベンショナルな3ペダル式の5段MTの、2種類のトランスミッションがあります。今回はETGの方をテストします。

さて、208アリュールに乗り込もうとしてまず気付いたのは、意外なまでのサイドシルの太さ。その目的はもちろんボディー剛性の確保にありますが、もうひとつ、将来的に「カブリオレ」を想定しているためでしょう。

関連記事
  • プジョー308シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.9.25 試乗記 ヨーロッパでは「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の強力なライバルを演じる「プジョー308」に試乗。装備内容から機能性、実用性、走り、そして実用燃費までをチェックするwebCG恒例の「ブリーフテスト」を実施し、その実力を探った。
  • プジョー308シエロ(FF/6AT)/308SWシエロ(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.12 試乗記 いよいよ日本に上陸した新型「プジョー308」。1.2リッター直3ターボエンジンを搭載し、ボディーも軽量化が図られた最新モデルのハッチバックとワゴンを試乗した。
  • 3社の新型ミニバンが激突!? 2022年にデビューするニューモデル【国産車編】 2022.1.12 デイリーコラム すでに概要が公表されている「ホンダ・ステップワゴン」や「日産フェアレディZ」だけじゃない! 2022年にデビューが予定されている、国産車のニューモデルをまとめて紹介する。
  • MINIクーパーSコンバーチブル(後編) 2022.1.13 谷口信輝の新車試乗 「MINIクーパーSコンバーチブル」の最新型にレーシングドライバー谷口信輝が試乗。おしゃれでスポーティーな4人乗りオープンカーの走りを、プロはどのように評価する?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/7AT)【試乗記】 2021.12.22 試乗記 8代目となったフォルクスワーゲンの基幹モデル「ゴルフ」に、ファン待望の「GTI」が登場。いまや“ブランド”を確立しつつある伝統のスポーツモデルは、この新型でいかなる進化を遂げたのか? その走りをリポートする。
ホームへ戻る